FC2ブログ

美濃 上村城(前田砦) 🏯重機なしでここまでの土木事業とは・・。

美濃 上村城(前田砦)(岐阜県恵那市上矢作町本郷・城山)

・・たまにふと考えることがあります。
【城】と【砦】の違いってなんか基準はあるんだろうか??・・と。
あと【塞】、とか【塁】、とか言い出したら・・。

「わからないことはググれ!」、という次男の口癖。(はいはい)
時代は変わりました。まずひも解くものが辞書ではなくなったのです。
しかしウェブだろうと広辞林だろうと、「調べる」という率先的な行動は持ち続けたいものです。

・・さて、辞典とかには「本城の外の要所に築く小規模な城。規模の小さな出城」とあります。
当然、この程度の説明では城郭ファンを頷かせること、できようはずもありません。
何故ならこの表現では当てはまらない事例が多すぎるからです。

今回訪れた上村城「前田砦(ぜんだとりで)」と呼ばれるほうが親しまれているようです。
しかし、現地に立つと「砦」という呼称が全く不似合いであることを感じます。
先程の説明での「砦」どころか「大城郭」と呼ぶに相応しいからです。見ていきたいと思います。

zenda (9)かなり離れないと山の全容がつかめないのも大城郭の証です。

前田砦は上村川と飯田洞川が合流する地点の東山上尾根にあり、東へ伸びています。
縄張り図を作図をした限りでは主郭部だけで東西200メートル、南北150メートルの山城です。

zenda (10)
城山の尾根先端部からの登山道があります。

城山の西麓に公民館があるので、車はそこに停めさせていただきました。
共同精米機が設置されてあるので邪魔にならないように駐車します。
この山道は大船寺への参道としても利用されていますね。

zenda (11)
これから登ろう!、という時にこう言い切られては・・。

zenda (12)
ということで今回は熊除け鈴をこれでもか!、とダブルで装着。
(うるさいのですが安全にはかえられません)

zenda (14)
登っていくと道が2つに分かれます。

右は城内に向かう近道で、左は城山稲荷への近道。
どちらを進んでも脇から主郭部へは辿り着きます。
城山の奥には城山稲荷が祭られています。

zenda (13)
気を付けなければならないことが多いのが山城探索だが、頭上まではちょっとね・・。

zenda (3)最奥(東)の大堀切から度肝を抜かれていきます。

傾斜もあり、堀底も見事な薬研ぶりです。
一部登山道で分断されていますが両側面部には大きな竪堀につながっていきます。
この様子では当時の堀底、容易に歩けなかったことでしょう。

zenda (4)
堀底を辿ると気付くのですが主郭部を囲うようにコの字型(弓型)になっています。

zenda (2)
この堀切から登った曲輪には大土塁(櫓台?)まで備えられています。

zenda (16)土塁上に置かれた石塔。何を語っているのか。
(え、何?城址碑?のワケないです・・)

zenda (15)あまりにも美しいので逆方向からも見とれます。二度おいしい。

zenda (17)
最高所の曲輪の北側側面には石積も見られます。土留め用ですね。

zenda (1)
東より2条目の堀切。どれもメイン級の堀切で意識高すぎ・・。

zenda (6)
適度な林業伐採が入り、遺構同士の見通しもよいです。

zenda (5)
東より3条目の堀切。堀底は窪地となっており、むしろ曲輪を兼ねているよう。

zenda (7)城中最大規模の東より4条目の大堀切。

箱堀、というより堀底に居住空間ができるほどの余裕の広さがあります。
いずれも両側面は竪堀へと続く、という一貫性も見られます。
東美濃ではここでしかお目にかかれない超ド級の土木普請量、間違いありません。

ホントとに重機とか、使ってませんよね?(思わず疑いたくなるほど)

zenda (18)
この高切岸も頂部手前は登攀困難でした。

さて、この前田砦ですが。
『恵那郡史』では元亀3年(1572)上村合戦で遠山景行の家臣、門野(かどの)兄弟が千騎で籠もり、武田氏の武将・秋山虎繁軍を待ち受け対峙したそうです。

文面から察するに門野氏はこの地をあくまで陣地として利用したようです。
山上一帯に砦を構え、伊那から侵入する武田軍を待ち受けたのでしょう。
前田砦、という呼称はこの時の陣城を指すものと思われます。

また『丹羽氏聞書』では原弾正を城主としています。
原氏はおそらく武田氏から派遣された人物かと思われます。
伊那と岩村を結ぶ重要地点として前田砦を上村城と称した大城郭へと改修したのでしょう。

あくまでも個人的な感想ですが・・
曲輪配置や堀切の規模、舌状台地を利用した縄張り、どっかで見たことがあります・・。
そう、信濃の飯田・駒ヶ根地区の城郭と類似してるな・・という感じです(飯田城・赤須城等)。

縄張りには秋山虎繁麾下の春近衆が関与しているのかもしれません(あくまで楽しい想像)。

zenda (8)
城山から望む飯田洞方面、岩村城への糧道。

上村城から岩村城までは同時に武田氏による糧道も整備されたそうです。
水晶山を通過して岩村城の搦手に直通する、最短かつ安全な道でした。
こういった城と軍事道路をセットで普請するのも武田氏の得意とするところですね。

主郭部の北に位置する城山稲荷も行ってみました。
zenninari (2) zenninari (1)

おそらくここ一帯も当時は城郭の一部であったことでしょう。
広い平場が大きな横堀で守られています。この横堀遺構がこれまた巨大です。
飯田洞川と主郭部と巨大横堀に守られた隠れ曲輪のように感じます。

武田氏と東濃遠山氏、そしてその後の織田氏との戦いの後先を語る前田砦こと上村城。
山の形を変えてしまう程の土木普請量、岩村城では感じ得ない別の意思を感じます。
この地に立てば武田氏の東濃計略裏方としての意気込みが伝わってくるようです。


Ⓢはお借りした公民館の駐車場です。
Ⓖは主郭部の頂部。


スポンサーサイト

今年も参加!10年連続出場、たじみ健康マラソン!

たじみ健康マラソン2018に出場

メイン会場:多治見市星ヶ台競技場及び周辺道路
平成29年12月3日(日) 10kmコース AM10:30スタート
参加人数:1436人(全種目合計)
種別部門:10kmレース男子35歳以上50歳未満(126人)

今年も毎年恒例のたじみ健康マラソンを走りました。
この大会を走ることで今年の冬が始まり、年内予定マラソンレースが全て終わります。
そしてこの大会を走ることで年を越せることができ、歳を経ることができます。

言ってみれば、自分にとっての区切りのようなマラソン大会です。

2018tajimisou (13)多治見市の中心部を流れる土岐川。穏やかで美しい川です。

unagappast.jpg
すっかりお馴染みのキャラ、うながっぱ、かわいいですね。

毎年陣取る場所も同じで、今年も熱いラン友・Y吉さんと走りました。
今年は加えて弟クンが初参加、それに以前からのラン友・ショーちゃんも一家で出場。
なんだかみんなと走れるってやっぱ、いいものです♪。

tajimikaijyou.jpg
見慣れた会場の景色。

2018tajimisou (7)
相変わらずレース前の柔軟に余念のないY吉さん。

Y吉さんは先週に福知山にてフルマラソンを走ったばかり、中1週間での出場。
今月はまだ奈良マラソンも予定し、来年はウルトラマラソンも予定しており・・。
ドンだけチャレンジャー??(時に感服し、時に唖然とします・・)

でも、その圧倒的な意気込みや情熱に支えられている自分もいたりするのです。(感謝)

2018tajimisou (5)
カメラアングルにも徹底的こだわる、妥協のないY吉さん。

Y吉さんのこの姿、決して体調がおかしい訳ではありません。
最近ローアングルからのフレーミングに目覚めたようです。
マラソンはいろいろな眠った才能を開花させるスポーツでもあるようです・・。

この姿、城址での自分の姿を見るようです。・・断言します、変態です(笑)。

それではレースが始まります。

<序盤>スタート~3km

まずは気持ちを強くするためのロケットスタート!。
先頭集団の後方でアスリート気分に浸ります。
そして急坂に入る手前で徐々にいつものペースに戻します。

この気合いは成功か、3:52/kmのラップは気持ち的にも落ち着きます。
登り坂もできるだけ4:15/kmをキープしながらのリズム走法で安定させます。
少し早いランナーさんを基準にしつつ、あくまで自分のペース作りをしていきます。

<中盤>3km~6km

2018tajimisou (1)
今年もここにさしかかる、その最たる上り坂。

さて、アップダウンが一番激しい区間です。
登りは忍耐と根性、かといって全力を注ぎ込むポイントでもありません。
先を見通した展開を立てる走りができれば、むしろ成功につながるポイントです。

肝心なのはダメージからの早い回復に努めること。
前回のトレランレースでの教訓が少し活かされた場面でした。
まぁ、言うほどのテクニックでもないのですが・・。

<終盤>6km~9km

さて、林道コースへと入っていきます。
ここで自分の余力を棚卸し、再確認します。疲労度、ペース配分、ピッチ数、と相談。
ここからの3kmをいかにして走り抜くか。

今回は8、9、10kmとビルドアップしていく作戦を立てました。
自分に厳しくムチを当てる感じになります。
その先に待つ栄光のために頑張ることにします(毎年こんな感じなんですけどね・・。)

<ラスト・スパート>ラスト1km

競技場に戻ってきました、後から迫るスパーター達!
ラスト・スパートの駆け時を知らされます。
頃合いよし! 加速装置、点火!

今が狂宴の刻、今が恰好つける刻、今が己を越える刻、
一心不乱、乾坤一擲、うねりとなってゴールへ駆け込むべし!

(昨年とほぼ同じ表現で申し訳ありません、この表現以外にないのです)

2018tajimisou (17)去年のタイムを26秒縮めて41分20秒の自己ベストでした。

10年連続出場にて「たじみ健康マラソン」での自己ベスト更新は嬉しいものがあります。
26秒の前身でしたが、次は40分台も狙える位置に立ったともいえます。
口で言うほど簡単な事ではありませんが、次の目標が明確になった結果でもありました。

tajimisour.jpg
着用した苗木城Tシャツにも底力をいただきました。
(城友・日向さんからのおススメ!)

Y吉さんも、もちろん自己ベスト更新!。
Y吉さんの努力が実っていく姿はなんだか応援したくなります。
(最近のレースにて、フル、ハーフ、10km、全てPB更新!の三冠王は見事!)
ショーちゃんはダントツ速いので足元にも及びませんが、「刻む走り」は勉強にしたいです。

2018tajimisou (8)
Y吉さんの新ブロー、順光ローアングルからの青空バックにて。

まだまだ課題はあるのですが今年はここでひとまず休憩。
走ったレースを振り返り、来年の計画も立てようかと思います。
「たじみ健康マラソン」は自分にとっていつも次を見据える大切な大会です。

美濃 漆原城 🏯武田氏特有の築城術に魅せられて

美濃 漆原城 (岐阜県恵那市上矢作町漆原越沢・城山)

「よし、今度の休みは山城に行こう!」、固い決意と期待。
仕事を段取りよくこなし、クレーム処理もスマートに解決。準備万端なり。
すると気合を入れすぎたのか、当日は無情の雨・・。なんてよくあることです。

しかしここのところの天気はとても安定しています。
雨が降っても明け方には快晴へと向かいます。
絶好の行楽日和、家族を尻目に今日はどこ(何城)へ行きましょうか?

ということで最近のお気に入りエリア、恵那市の南部まで足を延ばします。
恵那市には五平餅の美味しいお店がたくさんあるのも魅力でして・・。
今回は旧上矢作町の漆原城山城を訪ねてみました。

urusihara (1)漆原大橋から眺める漆原城山城。

城山は上村川に向かって突き出た山です。
山の真下に城山トンネルが通り、国道257線が岩村と稲武を結んでいます。
城山の麓にはコテージが並び、キャンプや研修などに利用されています。

siroyamatonnneru.jpg

城山へはトンネル脇からの道が東と西の両口からあります。
今回は車を近くの三作集会場に停めさせていただき、西口から登城しました。
案内板等はありませんが、なだらかな登山道を10分程で頂上まで行けます。

urusihara (14)
まずは頂上まで。土壇の上に城山稲荷があります。

登城途中には集落の墓地が何段か見られます。
しかし不便なためでしょうか、訪城するごとに墓じまいされているようです。
残された平地は曲輪ではないので注意が必要です。

urusihara (13)
全体的に残存状況がよく見学しやすいです。写真は本丸の様子。

ここを起点に周囲を探索すると遺構同士の連動が確認できます。
こちらには何回も来ていますが、手入れされた山林は見通しが良く、ありがたいです。
伐採された木々が堀底に捨ててある、なんてこともありません。

urusihara (15)本丸より土橋で馬出し曲輪と連絡しています。

本丸に至るルート上に馬出し曲輪を設けて要としたような印象を受けます。
この馬出し曲輪周囲には虎口、腰曲輪、堀切、竪堀・竪土塁を設けています。
無駄がなく各遺構がうまく連動している様子が見所です。

urusihara (3)
馬出し曲輪の南側竪堀は畝状竪堀になっています。

urusihara (5)
主郭と馬出し曲輪を画する竪堀は引き込まれるような鋭さが。

urusihara (9)
南側を取り巻く長い腰曲輪と主郭部の切岸。

urusihara (10)本丸から北西方面に延びる尾根には深い二重堀切で遮断します。

主郭側で5m、土塁側で3mほどの遮断意識ありありの堀切。
端部は竪堀となっていきます。
堀切が間隔を置かず連続で配置されている姿は見応えがあります。

urusihara (11)

urusihara (12)
南側の腰曲輪で主郭部をカバーしています。

漆原城は上村合戦時には苗木城の遠山友忠が城番を務めた、とされています。(詳細は不明)
(上村合戦は遠山氏・東濃衆連合軍vs武田秋山氏・春近衆連合軍との間で繰り広げられました)
しかし、現在見る姿は明らかに武田氏による縄張り特徴がみられます。

岩村城を落とした武田氏は三河方面との連絡路を確保するためにこの城山を重要視したのでしょう。
遺構は上村川側ではなく、三作からの峠越え方面に展開しています。
増水等に影響されない峠越えルートを補給路として、監視も兼ねたようです。

漆原城は東濃地方における岩村と三河方面をつなげる武田氏系城郭として注目されます。
城址碑も説明案内版もありませんが、史跡指定をうけることもないままに眠っています。
願わくは、この状態で末永く遺構を楽しめることを望みたいものです。


Ⓢは駐車場に三作集会場をお借りしました。
Ⓖが主郭部、城山トンネルの上を通り、峠頂部の鞍部を西の山手へと登っていきます。


丹波 岩尾城 🏯黒井城に負けず劣らじの山上石垣②

丹波 岩尾城 (兵庫県丹波市山南町和田・蛇山)

【黒井城トレランレース後に登城した険峻山城覚書・後半その②】

壮大な石垣遺構を目の当たりにしてに立ち尽くし、やがて歩き出します。
一歩づつ歩くごとに違う景色になってしまうのが実に惜しまれます。
この西の丸から二の丸に向かっていく間の石垣は本当に見事です。

iwaoj2 (7)なかなかダイナミックな野面積。

iwaoj2 (8)
草の茂みがいい感じで古城感をかもしだしているのです。

iwaoj2 (22)二の丸にある岩尾色の説明文と縄張り図。

図面を見たら解るように、この岩尾城、主郭部中央の大土塁を境に構造が全く違います。
土塁の北側は中世以来の「土造りの城」の姿をとどめています。
対して土塁の南側は、明らかなる織豊期の「総石垣の城」の姿を見せています。

iwaoj2 (4)二の丸から見る天守台方面。

iwaoj2 (23)
高石垣ではないですが、二段に積み上げられた石垣は古風で健気な印象があります。

iwaoj2 (9)伝・天守台には小さいながらもシンボル的な建物があったのでしょう。

iwaoj2 (25)
西方面の眺望がよく見えました。

iwaoj2 (24)青いベンチとセットの岩尾城標柱。

iwaoj2 (11)
「古城」とを分かつ大土塁は櫓台にも相当する大きさです。

ここから北は石垣の城から一転、中世の頃の姿が見えてきます。
切岸、土塁、堀切(二重堀切)といった遺構が楽しめます。
そのメリハリを観察するのが、ここ岩尾城でのもうひとつの楽しみ方かもしれません。

iwaoj2 (5)
北に延びる曲輪には周囲に土塁が廻っています。

iwaoj2 (6)
北尾根に備えた土橋と堀切。

iwaoj2 (10)
西尾根に備えた大堀切は二重堀切となっています。


岩尾城は永正13年(1516)、和田斉頼によって築かれたと伝わります。
斉頼は天文13年(1548)病没し、跡目を師李が継ぎ城主となりました。
しかし、天正7年(1579)丹波へ侵攻した織田軍の明智光秀に攻められ落城しました。

天正14年(1586)近江国より佐野栄有が入封すると、岩尾城は総石垣の近世城郭へと改修されました。
しかし、明智勢に摂取された時点で石垣改修されたとする説も有力です。
黒井城や金山城、周山城等、同時期明智方の遺構プランがその説を後押ししているようです。

佐野栄有は近江・木戸出身の豊臣方の武将です。
その人物像は不明な点が多いのですが、秀吉らに発掘された近江派ルーキーだったようです。
しかし、栄有の在城は僅か10年、再び近江国木戸へと移り、後は前田玄以の属城となりました。

栄有さん・・、何があった??気合で新生岩尾城を築城したのに・・。

迫力ある古風な織豊系石垣と中世からの土の城、両方をじっくり楽しめる岩尾城。
しかし、これだけの城郭が毅然として残っていることに驚きました。
岩尾城が注目を浴びるのはまだまだこれからでありましょう。
(個人的にはあまり有名になって欲しくないが・・)

iwaoj2 (27)
前日に入浴した「丹波の湯」、薬草の風呂は癒しのひとときでした。

岩尾城の麓から近い所にあるので合わせて寄ると登城の疲れもとれますかと。


Ⓖは蛇山・岩尾城山頂部。麓の和田小学校から登城しました。
駐車場は和田小学校向かいの交流センター?さんにお借りしました。

丹波 岩尾城 🏯黒井城に負けず劣らじの山上石垣①

丹波 岩尾城 (兵庫県丹波市山南町和田・蛇山)

【黒井城トレランレース後に登城した険峻山城覚書・後半その①】

黒井城トレランを終えた後、三尾城と国領城を訪れてこの日は閉店ガラガラ。
丹波の宿と温泉で体を休めました。疲れ果てた体に用意されたお湯とベッドは格別ですね。
それでも翌朝5時に起きてしまう自分が悲しい・・。

それもこれも丹波の山城が未だに自分を呼ぶからでしょうか。
もうこの合併症を治すことはしばらく無理そうです・・。
ということで、次の日は早朝から丹波・岩尾城に登ってみました。

iwaoj2 (28)牧山川に架かる和田大橋から望む岩尾城の蛇山。
(この時期だから蛇はもういないだろうね・・)

この山の稜線が蛇のようにくねくねしているのが山名の由来なんでしょうか??
それにしても黒井城といい三尾城といい、ここ岩尾城もかなりの比高ある山城なんですが・・。
昨日のレースを体験した後のせいでしょうか、「ああ、こんなもんか」という程度の認識。

標高ある山城を目の前にして、完全に免疫ができてしまいました。(麻痺ともいいます)

iwaoj2 (12)
今回は山麓の和田小学校から登城します。

iwaoj2 (13)
この日は平日。よって早出の学校職員さんに一言声をかけます。
(先生、月曜日のこんな朝っぱらからすみませんでした・・)

iwaoj2 (14)
岩尾城の案内版があるところからセルフゲートで入城していきます。
(上から行っても下から行っても同じ所にでます)

iwaoj2 (15)
本来の大手道は現在の親縁寺からの登城道だったようです。

iwaoj2 (16)
南先端部の南曲輪を通過します。ここは平地のみの出丸ですね。

iwaoj2 (26)
登山道は珍しく美しいシダ道でした。

iwaoj2 (17)
下知丸曲輪に到着。ここから下知(命令)の指示が飛ばされたのでしょうか?

iwaoj2 (18)
さて、いよいよ主郭部に近づいてきたようです。

iwaoj2 (19)
南尾根筋の最初の堀切、底を通って井戸方面へ。

iwaoj2 (1)
こんな高所に井戸の址が、しかも水が張られてあります。

iwaoj2 (2)
その井戸を守るかのように手前には巨大な竪堀も。

iwaoj2 (3)現れだした石垣に心臓がバクバク(;゜0゜)してくるのでした。

iwaoj2 (20)息を飲む西の丸の虎口からの様子です。

自分はここであまりの古城美学に立ち尽くすこと暫くでした。
驚きました・・。失礼ながらここまで素晴らしい遺構があったなんて・・。
これに呼ばれてここまで来たのだ、と納得した瞬間でした。

後半その②に続く・・ (紛らわしくてすみません)

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数