FC2ブログ

入鹿池 入鹿六人衆の功績と入鹿切れの苦難を乗り越えて

入鹿池 (愛知県犬山市池野地区) 
形式:アースダム(土堰堤)

2018年奥方と巡る夏休みダムめぐり紀行 その② 

お盆が過ぎ、一時的に涼しくなったのを「残暑」と呼ぶにはあまりにも甘い考えでありまして。
ツイン並走台風、局地的大雨、ぶり返す猛暑・・。未だ酷暑の中の日本列島です。

そんな中でも確実に秋の気配を感じる信号を感じます。
気の早いツクツクボウシ、空高い夕暮れ、静寂に響く虫の音、・・・。
そしてダム湖に揺れるススキの穂先よ・・

ということで奥方と休みを合わせて自宅からほど近い入鹿池へと行ってきました。
今年からダムカードが配布されるようになったと聞き及んだからです。
土・日の配布がない、といことで平日にいかないといけないようです。

iruka (5)農業用の人工ため池としては国内有数の規模を誇る入鹿池。
(で、でも、今日は水、少ないな・・(´・_・`))

この場合、先にダムカードを貰いに行くのが賢きか。
iruka (1)
明治村の一部かと錯覚するほどの近代風建物です。

こちら入鹿用水土地改良区事務所でダムカードがいただけます。
配布時間は平日の午前9時~午後4時(土・日・祝、年末年始は配布していません)
配布時に受付にて簡単な記帳をします。これでOK!

航空写真図柄のカードですo(^▽^)o。
itukalado.jpg

iruka (2)入鹿池の集水区域は北尾張平野広くを潤しています。

寛永5年(1628年)、後に「入鹿六人衆」と称される6人の発起人たちによるアイデアでした。
諸流が流れ込む谷間で1つにまとまり、五条川となって南に流れる「銚子の口」と呼ばれる所に着目。
尾張藩に開発届を出し、認可されました。
(当時の犬山藩主・成瀬正虎は尾張藩の付家老でもありました)

iruka (6)
当地には元々入鹿村がありましたが住民を移住させ着工、寛永10年(1633年)に完成しました。

尾張藩は入鹿村の村民に対し、家長(間口)一間につき金一両を払い、転居を促します。
立ち退き先として、まだ開発されていない荒地や、池の畔が充てられました。

また、尾張藩は新田開発を促すため、「給人自分起新田」という制度を認めました。
給人(支給された土地を耕す人)は、土地を開発すれば、その土地の所有を認めるというもの。
但し、開発願を出した後2年以内に開発の端緒を開かなければ、その土地は没収されます。
そしてその後は二度と許可されない、という厳しい掟でもありました。

堤の上をいろいろ散策してみます。
iruka (7)

「棚築(たなずき)工法」と呼ばれる寛永期の技術が伝えられています。
当時の堤防造り名人、河内国から派遣された甚九郎が用いた工法です。
詳しくはダムカードの裏面を見てのお楽しみです。

百間堤(ひゃっけんづつみ)というそうです。甚九郎の功績を称え「河内屋堤」とも呼ばれます。
iruka (8)
真新しい、かんがい施設遺産記念碑。

完成より235年、それまで一度も大きな災害を起こさなかった入鹿池でしたが、
明治元年(慶応4年、1868年)の大雨で百間堤が決壊します。
入鹿池一杯に貯まった水は濁流となり下流の村々を襲い、多大な被害を出しました。

これが「入鹿切れ」と呼ばれる、悪夢の災害です。
被害については死者は1000人近くで、負傷者も1500人にのぼりました。
建物への被害 は甚大で流失家屋で1000戸、浸水家屋12000戸に及びました。

iruka (4)入鹿池の防災ダム事業計画は1991年(平成3年)工事が完了しました。
(この場所は入鹿用水土地改良区事務所のすぐ北です)

iruka (10)

iruka (12)
自由越流式の洪水吐。水がなければ洪水吐の中を歩いて見学もできます。

iruka (11)
明治時代風のデザインを取り入れたという取水塔がなかなかいいです。

散策後は見晴茶屋さんで五平餅とソフトクリームをご馳走になりました。
iruka (3)

店長のおじいちゃんから、いろいろ入鹿池の昔話を教えていただきました。
若い頃の苦労話から人生論まで(笑)・・。ためになって楽しかったです。
客が奥方と2人しかいなかったので格好の話し相手といったところかな・・。ハハ・・。

iruka (9)

池畔には博物館明治村がありますし、池ではボートでワカサギ釣りも楽しめる観光地です。
ブラックバスは大物が釣れることでも有名で、やってみたくなりましたね~。
少しの秋を感じながら、のんびりとダム池散策。・・いいものです。



Ⓖにダムカード配布場の入鹿用水土地改良区事務所を示しておきます。
スポンサーサイト

矢作ダム見学

矢作第一ダム(愛知県豊田市旭・岐阜県恵那市串原)<矢作川水系矢作川>

ちょっとした空き時間に山間部の「ダムに行く」というほどの時間の余裕はございません。
しかし夏至が近くなってくるとちょっとくらい遠い所へ足をのばしてみても日が長いので
意外と遊べてしまうものです。

そんなノリで今回は県境のダム、矢作ダムに来てしまいました。

yahagidam (1)岐阜県側の県道から見たダム正面。このアングルで相対視できるダムはなかなかないです。

yahagidam (14) yahagidam (13)
国土交通省管轄のダムで様々な使用目的で利用されています。

yahagidam (3)美しい放物線を描いているアーチ式ダムです。

yahagidam (12) yahagidam (11)
奥矢作湖となり、渇水期にも関わらず豊富な水量を確保したので、ちょっとびっくりしました。

yahagidam (10)
選択取水設備です。ここから取水して発電させながら下流に水を流しています。

yahagidam (8) yahagidam (7)
ダム中央にコンジットゲート(常用洪水吐ゲート)を3門、上部にクレストゲート(非常用)を4門設置。

yahagidam (6) yahagidam (20)
管理所にてダムの説明板があり、とてもわかりやすいです。ここではダムカードもゲットできます。

濃いブルーのゲートが曲線に映えてとても美しさを感じるダムでした。
愛知県内ではここ矢作ダムと新豊根ダムがアーチダムとして有名です。
下流には矢作第2ダムもありますので、ちょっと足を延ばして見に行ってみます。

矢作第二ダム(愛知県豊田市時瀬町・岐阜県恵那市串原)
下流に下ること約3キロのところに矢作第二ダムはあります。
第一ダムと比べるとちょっと古さがありますが、その渋さがたまらなく魅力的なダムです。

yahagidam (15)古さは否めないですが、ダムに張り付いた歩廊や階段がたくさん見られなんとも面白いです。

yahagidam (17) yahagidam (18)
まるで戦艦のブリッジを見ているような機能重視に特化した外見。整然とした無骨さがかっこいいです!

自分が好きなアングルを探すのもダムめぐりの楽しいところで、意外な所からまた違った姿を確認
できることがあります。そんな場所探しが自分だけの思い出になることもあります。
中には立ち入り禁止の場所もありますのでマナーを守ることも当たり前ですが・・。

大野頭首工見学

大野頭首工(愛知県新城市大野)<豊川水系宇連川>
まず頭首工(とうしゅこう)とはどういった施設なのか?
聞きなれないどころか読みも自信ない・・。「ダム」とは厳密にどこが違うのか?

IMG_8142.jpg

なんでも河川の水を用水路に引き入れるための施設らしいのであるが
目的が限定されているだけで役目としては「ダム」と呼んで差し障りはなかろうな感じです。

IMG_1119.jpg IMG_1121.jpg

豊川用水の取水のために造られたダムで、ここで取水された水が渥美半島の先まで運ばれています。
豊川用水の完成以来、渥美半島の農業基盤は飛躍的に改善されたとの事です。

IMG_1122.jpg IMG_1125.jpg
豊川用水の起点として流れていきます。豊富な水量で下流域へ。

ダムカードが配布されているとの事で母と管理事務所までもらいに行きます。
駐車場から結構歩きますが、すぐ脇を豊川用水が流れ、はるばる来た感があります。

IMG_8156.jpg大野頭首工ダムカード




宇連ダム見学

宇連ダム(愛知県新城市川合)<豊川水系宇連川>

宇連ダムへ行く前に鳳来寺山に寄ってきました。
お昼をいただいた後だったので丁度よい腹ごなしといった運動です。
さわやかなウォーキングになりました。

IMG_8126.jpg IMG_8125.jpg
新緑がとても鮮やかで風が気持ちいいです。

IMG_1105.jpg IMG_1101.jpg
天まで届くような高い杉が神々しい。階段に気を取られていると気付きませんが・・。

IMG_1097.jpg IMG_1107.jpg
思っていたよりも控えめな東照宮社殿に加え、奥ゆかしい簡素な鳳来寺境内でした。


さぁ、次は宇連ダムへ向かいます。

IMG_8136.jpg IMG_8137.jpg
ダム湖は鳳来湖となっております。「耳かき棒状の先っちょ」状に巻き上げるフォルムとでもいいましょうか。

IMG_8155.jpg宇連ダムと大島ダムのダムカード

近くの大島ダムは無人のため、こちらでは両方のダムカードを戴けます。
なんかとても得した気分ですがダムファンとしては次回ちゃんと大島ダムもいってみようと思います。

IMG_8138.jpg

IMG_8135.jpg中央ラジアルゲートからの吐水が一直線に流れ落ちる。

IMG_8132.jpg
湖の奥に見たこともない魅力的な岩山が。うーん登ってみたい!o(^▽^)o


IMG_1115.jpg湖畔でコーヒータイムしました。

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数