二津野ダム見学と谷瀬の吊り橋

二津野ダム(奈良県吉野郡十津川村)<新宮川水系熊野川>

今回の旅行で「高野山」と「熊野本宮大社」参拝という2大目的を果せることができて
ひとまず満足。帰路につきますが帰りがてら寄れる観光地も寄っていこうと思いました。

まずは二津野ダムに寄ってみました。

IMG_8781.jpg IMG_8796.jpg
風屋ダムと二津野ダム双方のダムカードがいただけます。「二津野(ふたつの)」だけに二つのカードが貰えます(#^.^#)。

IMG_8787.jpg IMG_8784.jpg
アーチ式ダム特有の天端ですが、こちら左右対称、同心円で形成されています。

IMG_8783.jpgゲートからの放水中に行き会えると嬉しいですね\(^o^)/。結構迫力あります。

風屋ダム・二津野ダム建設によって国道168号が整備され、陸の孤島であった十津川村は
交通アクセスが大きく改善されています。

走っていて気が付いたことは確かにダム周辺の国道には新設されたトンネルも多く
付け替えされた新しい道や架橋も進んでいます。

現在も更なる改良工事があちらこちらで進められていますね。
ダムは人の流れも変えていくようです。

谷瀬の大橋(奈良県吉野郡十津川村谷瀬)

昨日、宿探しに追われて行けなかった谷瀬の大橋にも寄っていきました。
十津川村をはじめ周辺の村々には集落をつなげる移動手段として吊り橋が所々に普通にあります。
ここが特別有名な吊り橋です。

IMG_1402.jpg IMG_1384.jpg
あいにくの雨で風もありますので結構揺れて怖いです・・。どんどん進んでいく母、大丈夫か?

床板も所々でパカパカ浮きます(もちろん大丈夫なんでしょうが・・)。
結局真ん中付近まで行って引き返してきました。

P1000960.jpg高い所は苦手でなないけど・・平気でもいられません(;_;)・・。

スポンサーサイト

猿谷ダムと風屋ダム見学

猿谷ダム(奈良県五條市大塔町辻堂・猿谷)<新宮川水系熊野川>

このダムは高野山から十津川へ向かう県道53号線(高野天川線)の狭い道を降り終え、国道158号線
に合流した十津川街道沿いにあります。
・・街道といっても周りは山・山・そのまた山・・。
ひたすらに川沿いの道とトンネルを進むのみ。

IMG_8768.jpg IMG_8767.jpg
猿谷ダムの概要説明版(写真:左) 猿谷だけに猿?のベンチが可愛らしい(写真:右)

慢性的な水不足で悩まされていた平野部への灌漑用水補給のため建設されたとのことです。
戦後間もない建設事業でしたので岐阜県の丸山ダム同様、老朽感があります。

IMG_8756.jpg IMG_8759.jpg
当日はコンジットゲートからの放水が少しありました。

国土交通省直轄のダムでは珍しい洪水調節機能を持たない利水専用ダム(猿谷ダム以外では北海道の芦別ダムがあるのみ)。
近年の土砂崩れや落石のため山上のダム公園には立ち入りができず残念でした。

IMG_8762.jpg重量式コンクリートダム。しまった、広角レンズ忘れた・・(ノ_<)。

IMG_8764.jpg IMG_8765.jpg
ダム湖は猿谷貯水池(写真:左) 周囲の山々(写真:右)

IMG_8757.jpg IMG_8792.jpg
天端にも時代を感じる(写真:左) ダムカードとパンフを頂きました。(写真:右)

風屋ダム(奈良県吉野郡十津川村)<新宮川水系熊野川>

猿谷ダムから南に走ること50分程で風屋ダムに到着しました。
こちらのダムは管理事務所が無人のためダムカードは下流の十津川第一発電所(小原地区)か
もしくはもう一つ南下流の二津野ダムでいただくことになります。
自分は現地に着くまでそのことを知りませんでした(冷や汗)。あとで二津野ダムで頂くことに・・。

IMG_8771.jpg重力式コンクリートダム。下流の橋からよく見えました。

ほとんど通過しただけなので写真はこれだけ。ダムカードは二津野ダムにていただきました!

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、開設以来、3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

24時間戦えますよ
今年のゴールデンウィークはなんとか2日のお休みが取れました!
一日は久しぶりに家族全員にて本格アスレチックとテニスで汗を流しました。
もう一日は弟クンと丹波地方へ城めぐりに行けました。
渋滞を避けるため前日の夜から出発し、現地では早朝から山城を立て続けで攻め登ります。
4つの山城と2つの平城の見学をして帰宅したのは深夜12時。
次の日はいたる所が2日分の筋肉痛・・。
24時間戦えますか?と聞かれたら・・。
城のためなら(なんとか)戦える久太郎でありました。
最新登城記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数