FC2ブログ

近江 大溝城 🏯古城感ある天守台と周囲の雰囲気

近江 大溝城 (滋賀県高島市勝野) <市指定史跡>

朽木谷に向かう途中に高島市の大溝城に寄ってみました。
大溝城は現在、天守台遺構と内堀の一部が残っているだけです。
古城の雰囲気漂うノスタルジックな景観が何度来ても楽しませてくれます。

oomizozenntai.jpg水田となった内堀の中に浮かび上がる天守台の姿はまさに古城址。

oomizoj (2)
大溝城は高島総合病院の東側に本丸が築かれていました。

oomizoj (3)
南に二の丸、病院付近一帯に三の丸があったようです。ここから入っていきます。

oomizoj (9)
周囲は一部、内堀が残っていて野性的な雰囲気が残ります。

oomizoj (4)天守台手前に大溝城の石碑と案内板。

大溝城は天正6年(1578)織田信澄によって築かれました。
織田信澄織田信長の実弟・信勝の子です。津田信澄とも称し、信長の信任厚い甥でありました。
「一段の逸物也」と評され、織田遊撃軍のなかにあって優れた司令官でもあったようです。

謀反を企んだ弟・信勝の遺児であったにも拘わらず、その待遇は格別に厚かったようです。
一門衆の序列は第5位であり、破格の待遇であったことは間違いありません。
(信長の嫡子である信忠、信雄、信孝、弟の信包に次ぐ立場になります)

oomizoj (6)

織田信長浅井長政を滅ぼした後、高島郡に磯野員昌を入部させます。
信澄はこの員昌の養子となりましたが、天正6年(1578)、員昌は信長の勘気を被って突如の放逐。
員昌の所領は信澄が継ぎました。

天正10年(1582)、本能寺の変の際、信澄は四国征伐軍の副将として織田信孝に従い大坂にいました。
しかし、信澄の正妻が明智光秀の娘であったことから内通を疑われます。
そして、疑心暗鬼となった信孝・丹羽長秀に急襲され討たれてしまいました。

oomizoj (12)
苔むした石垣がたまりません。

oomizoj (13)
天守台へと続く石段も遺跡チックです。

oomizoj (8)
東側から見た天守台。

oomizoj (10)荒廃感の中にも圧倒させる迫力がある大溝城・天守台です。

角部には巨石が宛がわれていてその大きさに驚きます。
荒々しい算木積がとても迫力に満ちています。
近江でありながら、穴太積とはまた一味違っているような感を受けます。

oomizoj (5)
天守台に登ってみました。

oomizoj (11)
天守内部は二段になっています。

oomizoj (14)
なかなか無骨っぽくて目が離せません・・。

戦国の天守台、というのにふさわしいこの石積。
個人的には伊勢・神戸城の天守台に似ているな~と感じました。
伊勢・神戸城は同じ一族・織田(神戸)信孝の居城です。
ほぼ同地位の従弟・神戸信孝と同規模城郭の築城が許可されていた、とも考えられますかね?

実際の信澄は信長の厚遇に応えて忠義を尽くしており、有能な武将でした。
謀反に荷担した様子はなく、光秀に助力しようとした素振りも窺えません。
一方、『耶蘇会報』では信澄を「甚だしく勇敢だが惨酷」とも評していました。

信澄はおそらく信長気質に似た人物で、そこを信長自身もかっていたものと思われます。

さて、大溝城の周囲を飛び回っている間、家族のみんなはこちらで散策してました
oomizoj (1)
『万葉集』の歌の中にも「香取の海」として登場する乙女ヶ池です。

変則的な木橋がとても新鮮で面白く、雄大で美しい池でした。
天平宝字8年(794)に勃発した藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱の戦闘場所としても知られます。
大溝城にとっては外郭の堀として利用されたともいわれています。

ご家族で大溝城を訪れる際は、ここを散策コースとして組み込むといいと思います。
開放的な雰囲気の中で清々しい水辺の散歩が楽しめますヨ。
周囲の雰囲気も含めて、てくてく散歩できる長閑な大溝城でした。
スポンサーサイト



近江 西山城 🏯朽木谷を監視する山上の詰め城

近江 西山城 (滋賀県高島市朽木荒川・西山)

令和元号になり、世間はいきなりのゴールデンウィーク10連休です。
自分は仕事上、さすがにそこまでの連休は頂けません。
しかしながら仕事一辺倒、というわけでもありませんでした。

家族と一泊二日で滋賀県へ旅行におでかけすることができました。
登山と温泉、テニスをしたり、朝一市場や観光ドライブを楽しみました。
この日のため、予定を合わせてくれた家族のみんなには本当に感謝です。

さて、宿での目覚め一発目は早朝山城ランニングから始まります。
午前5時、まだ寝ている家族を起こさないようにそぉ~と宿舎を出発。
日の出と共に、お父さんの贅沢タイムは始まります。

ouminisiyama (19)
デジカメだけを持っての山城朝トレランは心躍るものがあります。

今回は宿から近くの朽木城の詰め城、西山城を訪ねます。

ouminisiyama (20)中央のなだらかな山・西山の山頂奥に主郭部をもつ西山城です。

ouminisiyama (5)
南の麓から案内板に沿って登山道をひたすら登ります。

登り口には2,3台の駐車スペースが用意されていました。
適所に城への案内札もあるのですが、整備中断状態と思われる林道が酷かった・・。
行く手を遮る伐採されたまま横たわる倒木の連続・・、

これでは大半の人は途中で登城を諦めざるを得ないでしょう。
事情はわかりませんが、この様な道なら無い方がまだマシだと思います。
敢えて写真は掲載しませんが、何とかして欲しいものです。

ouminisiyama (6)主郭部下の案内説明版はイラスト図面が解りやすいです。

ouminisiyama (7)
先ずは桝形虎口を通過して本郭へと進みます。

ouminisiyama (11)
周囲を土塁に囲まれた広い本郭に到着です。

ouminisiyama (16)
高さはそれほどでもないですが、均等の高さで囲われて、見た目美しいです。

ouminisiyama (8)本郭の北部分は「烽火台」と伝わる遺構が現存しています。

一段高くなって周囲をコの字型の土塁で囲ってあります。
この土塁は意識的に高くしてあり、厚みもあります。
西山城の役目を表す注目すべき遺構といえるでしょう。

ouminisiyama (10)
烽火台の直下は急斜面となり北郭が見おろせます。

ouminisiyama (15)
北郭内部には石で組まれた「溜枡」と呼ばれる遺構がありますが、何でしょう?

虎口の一種でしょうか?すみません、勉強不足です。

ouminisiyama (14)
北郭から烽火台部分を外側から見上げてみます。・・なるほど、烽火台に見えます。

ouminisiyama (12)北郭の北斜面は深い堀切と竪堀として下に延びています。

ouminisiyama (13)堀切は2条を重ねてある二重堀切となっています。

急斜面を利用して作事されているので非常に遮断力の強い堀切です。
掴む木がない状態でしたらまず登れないほどの角度が出ています。
しかも両端は竪堀となっているので回り込むこともできない・・。

ouminisiyama (17)
こちらは南郭の尾根に備えた堀切。同様に斜面+竪堀のセットが効いています。

ouminisiyama (9)西山城の縄張り図。(現地の案内板より転載いたします)

朽木氏は岩神館から朽木陣屋(朽木城)へ根古屋を移し、その背後の西山山頂に詰城を築きました。
西山の山頂付近は比較的緩やかな地形となっており、主郭部の南側と北側にもピークがあります。
それぞれのピークにも削平された出丸の痕跡があります。

朽木谷につながる街道をすべて一括して監視できる好条件の位置にある、といえます。
緩やかな山頂付近の地形を堀切を利用して堅固な城郭に成し得ているのが特徴です。
規模の大きな烽火台は狼煙台としての役目も大きかった事を示しているようでした。

さて、城ランを終え、宿に帰っての朝風呂は最高の気持ち良さ!
家族と身支度を整えて、人一倍の朝食にありつきます。
「朝からなんでそんなに食べれるん?」と怪訝そうな視線も気にしません。

ouminisiyamat.jpg

この日は朽木方面から蛇谷ヶ峰(標高901M)へ家族と一緒に登りました。
頂上から見る琵琶湖の湖面と朽木谷の山々がとても素晴らしい美しさでした。
こうして家族で山登りできることはこの先もう何度もないでしょう・・。

ドンドン先へ先へといってしまう相変わらずの三男。
遅いメンバーを要所要所で待っててくれる次男。
常に奥方のペースに合わせて歩んでくれる長男。

(みんな成長したな・・)
しみじみといろいろな想いを噛み締めながらの山行きでした。
そして素晴らしい山上狼煙城郭の西山城でした。

近江 金ヶ森城 🏯金森長近ゆかりの地に寄りました

近江 金ヶ森城 (滋賀県守山市金森町・城ノ下)

いよいよゴールデン・ウィーク(以下G.W)に突入しました。
(この記事を書いてる頃にはもうとっくに終わっていましょうが、雰囲気だけでも)
G.Wの幕開けは三男の滋賀県遠征試合から始まりました。

kanamori (1)
滋賀県守山市の市民体育館、立派なアリーナでした。

すぐ近くの城址を検索したら「金ヶ森城」がヒット!
さぁ、試合観戦と応援の合間を縫って、奥方と長男を連れての城めぐりタイムです。
・・といっても現地に到着したら車から降りるのは自分だけ。

なんて盛り上がらない連中なんでしょう。・・(#`_´)

kanamori (5)土地勘がなくグルグル車を転がしてようやく発見できました。

金ヶ森城は、金森町地区の中心部にある善立寺一帯に築かれていました。
城の遺構は何も残っていないようですが、用水路に堀の面影は残っているようです。
善立寺南側の小公園内に石碑が建てられていました。

kanamori (4)金森長近が青年期を過ごした寺内町です。

後に飛騨高山城主となる金森長近は美濃の多治見から父と共に移住しました。
18歳ぐらいまでこの地で育ち、父の姓大畑から改名し、金森を名乗るようになります。
(多治見市では知名度が全くなく、出生を示す逸話も残っていません、情けない・・)

kanamori (3)

kanamori (2)どちらの石碑にも金ヶ森城の由来が書かれていました。

kanamori (6)

本願寺法主・蓮如はここ金森にて3カ年の間、教化を続けました。
この地は後,町全体を土塁・堀を巡らし金森城として石山本願寺を攻める織田信長の軍を牽制します。
元亀二年(1571年)に金森の戦いが起こっています。 <現地碑より>

金森御坊の跡には善立寺がありますが、非公開のため入れませんでした。
善立寺に事前にお願いすれば見せて頂くことも出来るそうです。

kanamori (7)すぐ東にある蓮如上人杖堀池跡。

kanamori (8)

kanamori (10)
地下水位低下でもう枯れてしまっているのを復活してあります。

kanamori (9)

蓮如上人が棒で地面を突いたら泉が湧いたという伝説のある池。
蓮如上人の魔法使いのような逸話は人心を掴んだ故に生まれのでしょう。
北国街道沿いにはこのような蓮如上人の話がいたるところにありますね。

それにしても、車内でスマホ三昧の我が家族・・。
・・家族の心さえ掴めない自分ではありますが、精進したいと思うのであります。
まぁ、付き合ってくれるだけでも良しとせねば・・。



近江 佐久良城 🏯厚い土塁で囲まれた主郭に感動

近江 佐久良城 (滋賀県蒲生郡日野町佐久良・下の城山)

日野中野城から比較的近いのがここ佐久良城です。
欲張りをしてもう一城見学していく事になりました。

oumisakura02 (2)八幡神社下の駐車場にある大きな説明版が目印です。

佐久良城の概要、歴史の大方はこの案内板に書かれています。一読してから登るといいです。
佐久良の雄、小倉氏代々の居城の一つです。
鳥瞰図のイラストが適当のわりにわかりやすいです。

oumisakura (14) oumisakura (15)
「ようこそ、佐久良城へ」 近江の山城は登城者への気遣いがあって恐れ入ります。(写真:上)
よくみると石垣があちこちに僅かながら残っています。(写真:下)

oumisakura (4) oumisakura (5)
堀切と大土橋を渡って大手門へと入っていきます。望楼の址の土壇は櫓があったものと想像できます。

oumisakura (6)厚みのある土塁の上を歩いてみます。

尾根道だと思い込んで歩いていた広い道は、なんと土塁の上だったのです!
しかも主郭をぐるっと一周囲んでいるようです。
高さも4メートルほどのかなり大規模な土塁に驚きました。

oumisakura (8) oumisakura (7)
主郭の周囲には高い切岸、竪堀群、土塁などがよく残っていました。

ちょっと濁っていましたが、お馬洗いの池には満々と湧き水が溜まっていました。
城の貯水池として利用されたことでしょう。

oumisakura (9) oumisakura (10)

oumisakura (11) oumisakura (13)
城山古墳と呼ばれる場所には火薬庫に使われたとの伝説もある穴倉がありました。(写真:上)

城山のある場所はさほど比高のない「丘城」といった感じです。
平素は城主が居館として住んでいたのかもしれませんね。

oumisakura02 (1)立派な石碑でした。「石碑はその城を語る」といいますからね・・(/∀\*)。

近江 日野中野城 🏯蒲生氏三代の城、氏郷の出生地

近江 日野中野城 (滋賀県蒲生郡日野町西大路)

水口町を離れ、帰路になる途中、ちょっと寄っていくことになった日野中野城。
蒲生氏郷公の出生地・居城として有名です。
日野川ダムを目指していくとわかりやすいです。

nakanohino (1)ダム湖手前にある中野城址石碑。・・いいですねぇ(o´∀`o)

nakanohino (4) 蒲生氏郷公産湯の井戸址。

中野城址石碑の斜め対面あたりにあるのが氏郷公産湯の井戸です。
・・というか本丸址の井戸が比定されたものと思われます(夢を壊してすみません)。
氏郷の祖父・蒲生定秀が日野の地に本格的に築城したのが始まりです。

永禄11年(1568年)、六角義賢織田信長による観音寺城の戦いで氏郷の父・蒲生賢秀はこの日野城を堅守、賢秀は主君、六角氏の敗北を聞いてもなお1千の兵で城に籠もり、抵抗する様子を見せます。
しかし、賢秀の妹を妻としていた織田家の部将・神戸具盛が単身日野城に乗り込んで説得した結果、賢秀は降伏し、嫡男・鶴千代(後の蒲生氏郷)を人質として差し出して信長の家臣となります。

信長は賢秀・鶴千代父子を気に入り、鶴千代に娘を嫁がせて娘婿に迎えているほどです。

nakanohino (29) nakanohino (5)
日野川ダム湖によって大半の遺構は失われたようですが、残った遺構を見に行きます。

nakanohino (6) 入口にある案内板で確認。

nakanohino02 (2) いい雰囲気の石垣と橋が現れます。

同行の城友さん、この場所を一見するなり、なにかピーンときたようです。
なんでもこの場所、あの有名な映画、『-明治剣客浪漫譚- るろうに剣心 』のロケ地に使われたそうで。
自分にはむしろその記憶力のほうに驚嘆です。

nakanohino (27) よく見ると、ん?蚊に注意?

こんな時期に蚊なんているはすが・・、・・いました。もう11月も終わろうという時期なのに。
そして城友さん、見事に蚊に刺されまさかの負傷。信じられませんが自分の周りにもいるではありませんか!
「血吸い抜刀斎」、なかなかしぶとい連中です。「不殺」(ころさず)を誓い城内をうろついていました。

nakanohino (9) なかなかの雰囲気がでてます。コンクリートの橋はちょっと残念ですが(´・_・`)。

nakanohino (8) nakanohino (11)
土橋の紅葉がきれいでした(写真:左) と 日野城の城史の説明版(写真:右)

nakanohino02 (1)
江戸時代には市橋長政が中野城跡の一部に陣屋を構え仁正寺藩の陣屋として明治維新まで続きました。

nakanohino (14)
城とは直接関わり無いのでしょうが、趣ある土塀倉庫に見入ってしまいました。

nakanohino (22) nakanohino (15)
土橋から見て、片や空堀、片や水堀の面白い掘割です。

nakanohino (17) nakanohino (19)
nakanohino (20)
涼橋神社(写真:上)と稲荷神社(写真:下)の間のコンクリート橋を渡って見学できます。

nakanohino (10)手頃なサイズの石で組み上げられた石垣でも迫力があります。

これらの石垣は神社建設の際に組まれたもの、との見方もあります。
・・が、主郭部には当時からある程度の石垣があったものと思われます。
ここは個人的に夢をこわさないで見ていきたいな、と思いました。

hinoennkei.jpg 中野日野城をダムから眺めます。

本能寺の変の際、安土城二の丸を守備していた蒲生賢秀は、織田信長横死の報がもたらされると嫡男・氏郷を日野城から呼んで安土城から信長の妻子達をいちはやく日野城に避難させます。
明智光秀からは味方に付けば近江半国を遣わすとの破格の条件を提示されますが、賢秀は「信長殿の恩を忘れることはできない」と敢然と拒絶したらしいです。

安土城の留守居役を預かるあたりからも信長の信頼度がうかがわれますね。
さすが信長三十六功臣に挙げられることにも納得です。
賢秀の気骨が氏郷に受け継がれていったのですね。

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来4年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数