大津呂ダム 天端中央での折れがカッコいいっす

大津呂ダム (福井県大飯郡おおい町本郷) <佐分利川水系大津呂川>
形式:重力式コンクリートダム

若狭にて城三昧と思いきや、ダムもしっかり見学です。
若狭国にてダムカードを配布している唯一のダム、大津呂ダムへ行ってきました。
若狭は海岸線と山脈との間が狭いため、ダムが少ない地域です。

ooturodum (1)
よくありがちなゲートの開閉はセルフにて。

一瞬、「しまった!今日は休みか?」といった感じです。
・・たぶん訪れる人、少ないいんだろうな・・。

ooturodum (6)
平成24年竣工、とあるように、まだ新しいダムです。

ooturodum (3)ダム軸が中央で折れている独特の堤体が特徴です。

当初の設計ではダム軸が直線でしたが、左岸側で上流側に折り曲げることに。
これにより、堤体積と掘削量の大幅な低減を図ることに成功しました。
造成アバットメント工法、というそうです。

ooturodum (2)確かに中央で折れが入り、横矢掛けが・・、ちょっとカッコいいです。

ooturodum (7)
減勢工を見下ろします。

ooturodum (4)

ゲートレスですが、吐水口が大きくないのも安定した貯水量が見込まれるからでしょう。
まだ真新しい中に最新の中型ダム技術が活かされていました。

ooturodumk.jpg
カードを頂いてにんまり顔になるのでした(∩^Д^∩)。

スポンサーサイト

広野ダム・桝谷ダム見学

広野ダム(福井県南条郡南越前町広野)<九頭竜川水系日野川>

マラソン大会出場のため滋賀県より南越前町に入ります。
国道365号線を北上していくのですがほとんどの車は北陸自動車道を利用するのでしょう。
土曜日なのに往来の車はほとんどありません。ちょっと寂しいですがマイペースで走れるのでよし!

hirono (3)柴田勝家によって街道として改修された栃の木峠を経由します。

勝家公もこの北国街道を北ノ庄からの最短道として往来したのか・・と思うとしみじみしてきます。

さてまずはせっかく福井県まで来たのでダム見学に寄っていきます。
日野川はとても美しい渓流です。両岸に広がる田に順調に育った稲穂が風に洗われています。

hirono (21) 今年も豊作になるといいですね。

hirono (5) hirono (7)
広野ダムへ到着しました。誰もいないようです・・。

hirono (1) hirono (9)
管理所でまずはダムカードを記念にいただきまして、見学開始、ゲートがすぐそこに見えます。

hirono (8)広野ダム。吹き抜ける風がとても涼しく盛夏であることを忘れます。

hirono (10) 山の向こうは岐阜県揖斐川町。近くて遠い感じです。

桝谷ダム(福井県南条郡南越前町宇津尾)<九頭竜川水系桝谷川>

広野ダムのすぐ北にあるのが桝谷ダムです。
広野ダムとは上流の二ツ屋分水工から水路によりつながっており、導水ができるようになっています。
今回は時間の都合で分水工の見学はしてません。・・が・・見ておけばよかったとちょっぴり後悔・・。

hirono (2)トンネルを抜けるといきなり現れるロックフィルダムに心躍る!((∩^Д^∩))

hirono (14) hirono (13)
2005年完成だけあって新しい感じをうけるダムです。案内板で概要を確認。

hirono (12) hirono (16)
この時期のダム湖の水量はやや少ない感じ。

hirono (15) hirono (17)
それにしてもすごい”石垣”です。こころなしか天端の凹凸デザインが中国の長城をイメージさせます。

hirono (11)hirono (18)hirono (20)
巨大な取水口ですが水があったらな・・。結構ダイナミックなんでしょうな・・。

hirono02.jpg ダムカードをゲットして次なるは城めぐりへシフト!

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、間もなく開設以来、2年を迎えようとしております。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

紀伊への城歩き
お正月のお休みをいただきましたので2日間和歌山県のほうへ城めぐりに行ってまいりました。
ある程度の予習をしての紀伊国入りでして、いろいろな城址を見学してまいりました。
今回で3回目の紀州訪問ですが、西紀州は初めての事です。
紀伊の山城って残念ながらあまり知名度ないんですよね・・。
理由は(想像ですが)恐らく他の国のように強力な有力大名が現れなかったのが一因しているでしょう。
しかし、訪れた城跡の中には「これほどの山城がなぜ名も知れず隠れているのか」という感動もありました。
・・ごくごく簡単ではございますが、記憶が新しいうちに随時更新していきたい、と思っております。
最新登城記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数