大井ダム ダム湖の遊覧船めぐりも楽しめる偉大なダム

大井ダム (岐阜県恵那市大井町奥戸) <木曽川水系木曽川>
形式:重力式コンクリートダム

前回、坂折の棚田と中野方ダムを見学した続きの記事になります。
午後からは恵那峡遊覧船で周遊して大井ダムへ寄ってきました。

実は奥方、懸賞応募当選で恵那峡遊覧船無料券を密かにゲットしていたのです!
当てた本人も「忘れてた」らしく、危うく紙切れになるところを有効利用という訳です。
・・ですので、「ランチはパパご馳走してね」って・・

なんでしょう、このヤラレタ感は・・。(ま、いっか・・)

ooidum (8)日本では帝釈川ダムに次ぐ、堤高50メートル超級のダムです。

ダム下流にかかる橋からみると、堤体真正面と相対できます。
横一列整然と居並ぶラジアルゲートの様相が超カッコいいです。
航空母艦の側面を見ているようなアーミーな印象も受けます。

ooidum (10)
真横から見るとこんな感じで迫力あります。

ooidum (11) ooidum (12)
天端は狭いのですが、歩くのには非常に風情があります。

ooidum (9)大井ダムは大正13年に完成したわが国最初の発電用ダムです.。

ooidum (16)
・・悔しいです!「あと3年生まれるのが早ければ」、なんて戦国武将いましたっけ。

大正時代に造られた歴史的建造物でもある堤体です。
ダムの至る所に古きよき時代のレトロチックな雰囲気が発見できて楽しい。
ここ木曽川に目をつけたのは、後に「日本の電力王」と渾名された福澤桃介です。

ooidum (2)21のラジアルゲートを数えながら歩いてみました。

慶應義塾大学創設者・福澤諭吉の養子であった桃介は、木曽川のダムによる水力発電を計画します。
建設は度重なる洪水による資材流出など困難を極めましたが苦難の末、完成。
この偉業は、当時世界のビッグ・プロジェクトの一つに数えられたそうです。

ooidum (13)ダムから大井発電所を見下ろします。

ダムに付設する大井発電所はダム式発電所としては日本で初めての例であるそうです。

ooidum (14)曲線と立体幾何学とのコラボが色んな色を織り交ぜ美しいのです。

ダム堤体下の岩場を固めた結果の芸術作品となっています。
鉄分を含んだ水や腐食を含んだ水の流れのあともうまくマッチしています。
最近は目新しいダムばかりを見てきているので、逆に新鮮な気分で見学できました。

ooidum (15)
笠置ダム、丸山ダムへと続く木曽川下流方面。

さて、大井ダムによって誕生した人造湖による名勝・・。
それが遊覧船でのクルーズが愉しめる恵那峡めぐりです。
下流の丸山ダムによって出来た丸山蘇水湖と共に、飛騨木曽川国定公園に指定されています。

ooidum (3)
遊覧船で1時間程度のクルーズが楽しめます。

ooidum (6)
かつては深い峡谷だった恵那峡の静かな湖面です。

ooidum (1)1
運転席のすぐ後ろに座りましたが・・。

ちょっとしくじりました。お薦めは後部座席です(笑)。
前の座席は湖面を切って走る爽快感を味わえますが、船のフレームがやや邪魔です。
カメラで景色を狙うのならゆっくりフレーミングできる後部座席が断然有利です。
(カメラショットが少ない理由・・)

ooidum (4)
奇岩・絶壁が湖の両岸にそびえ、春の桜や秋の紅葉の時期は特に絶景です。

両岸には屏風岩、蛙岩など数々の奇岩がそびえ立ち、自然の造形美が楽しめました。
三男はいたく感動したしようで、自分からカメラを奪って、パシャパシャ撮ってました。
ご興味のある方がいらしたら実際乗ってみて頂きたい、と思います。

ooidum (5)
湖岸の散策も楽しめましたよ。

また何度でも来てみたい近くの名所、大井ダムと恵那峡めぐりでした。
ダムカード終了は心残りでしたが・・。

スポンサーサイト

中野方ダム 一周1.1kmのダムジョギングはいかが?

中野方ダム (岐阜県恵那市中野方町笹葉) <木曽川水系中野方川>
形式:重力式コンクリートダム

抜けるような青空の中、家族とプチドライブにでかけました。
気持ちが塞ぎがちな自分を「気晴らしに」、と誘ってくれたのは奥方と三男でした。
母を喪って後事に追われている自分を息抜きに、と気遣ってくれたようです。

ありがたいことです。
いつもなら迷わず「○○城へ!」といきまくところですが・・
今回は少し控えてのんびりと落ち着ける景色でも見に行こうと思いまして。

・・ということでこんなときはダムですね。(笑)(控えてねぇじゃん・・)
・・そしてダムカードですね。(結局全開じゃん・・)

岐阜県内でも取りこぼしがちな位置にある中野方ダムを目指します。
途中にある恵那市の坂折地区によって棚田を見学していきました。

nakanodum (1)日本の棚田百選と岐阜の棚田21選に選ばれていいます。

「日本の棚田100選スタンプ帳」、とか「棚田カード」(笑)とかあったらな・・。
後世に残していくべき貴重な遺産なのであってもよさそうです。
自分だったら全国の名棚田を回ってみたいものです。

nakanodum (2)

nakanodum (4)
なんだか心が癒されます。

nakanodum (9)
この先のはるか遠くに・・。

nakanodum (3)
今回のお目当ての中野方ダムが見えています。

・・なんとなく中国の城関を思わせるようにも見えます。
見えると余計と行きたくなりなりますね。
行ってみましょう!

nakanodum (5)
到着して駐車場、石碑がまずはお出迎えです。

nakanodum (26) nakanodum (27)
ダムは周囲が1周1.1kmの(中途半端!)のジョギングコースになっています。

nakanodum (12)
早速各々自分のペースで走ってみることに・・って・・。

ほとんど歩いているペースの奥方と三男。
ま、たまにはのんびりと歩いてみるのもダムの楽しみ方ですから・・。
奥に見える山は笠置山です。山々の姿を見ながら歩くのも気持ちいいい。

nakanodum (13)
ダム湖は小さいですが、波もなく、美しく、静かでした。

nakanodum (10)
2005年度に完成したまだ新しいダムで、コンクリートの白さが残っています。

nakanodum (11)
はるか遠くに先程までいた坂折の棚田が見えるはず・・(わかりませんが)

nakanodum (14)
前回の福井県大津呂ダム同様ダム軸に折れがみられます。

ダムの左岸の地質が脆い(もろい)ため、途中で”く”の字に曲げてあります。
地盤が強い場所に左岸側をつけることで強度を保っているわけです。
大津呂ダムとは別の理由のようです。

nakanodum (8)
1周のウォーキングをしたら事務所でダムカードをいただきました。
(別に歩かなくても貰えますからね)

nakanodum (17)帰りにダムの真下まで行けたので接近撮影してきました。

三男曰く、「・・なんかこのダム、ヒトがゲロしてるみたいだ・・。」(#゚Д゚#)
・・中学生らしい発言です、が、その感性は確かに真髄をついています。
ま、吐水口、というくらいですから。

nakanodum (18)それからはどう見てもヒトの顔に見えてしまうのでした(/ω\)。

引き笑いをしながらダムをあとにする親子でした。

nakanodum (15) 秋の日差しに淡くくすんだススキかな。

棚田に癒され、ダムを愉しみ、家族に感謝のプチドライブでした。

大津呂ダム 天端中央での折れがカッコいいっす

大津呂ダム (福井県大飯郡おおい町本郷) <佐分利川水系大津呂川>
形式:重力式コンクリートダム

若狭にて城三昧と思いきや、ダムもしっかり見学です。
若狭国にてダムカードを配布している唯一のダム、大津呂ダムへ行ってきました。
若狭は海岸線と山脈との間が狭いため、ダムが少ない地域です。

ooturodum (1)
よくありがちなゲートの開閉はセルフにて。

一瞬、「しまった!今日は休みか?」といった感じです。
・・たぶん訪れる人、少ないいんだろうな・・。

ooturodum (6)
平成24年竣工、とあるように、まだ新しいダムです。

ooturodum (3)ダム軸が中央で折れている独特の堤体が特徴です。

当初の設計ではダム軸が直線でしたが、左岸側で上流側に折り曲げることに。
これにより、堤体積と掘削量の大幅な低減を図ることに成功しました。
造成アバットメント工法、というそうです。

ooturodum (2)確かに中央で折れが入り、横矢掛けが・・、ちょっとカッコいいです。

ooturodum (7)
減勢工を見下ろします。

ooturodum (4)

ゲートレスですが、吐水口が大きくないのも安定した貯水量が見込まれるからでしょう。
まだ真新しい中に最新の中型ダム技術が活かされていました。

ooturodumk.jpg
カードを頂いてにんまり顔になるのでした(∩^Д^∩)。

グッドデザイン賞の美しい丹生川ダム

丹生川ダム (岐阜県高山市丹生川町折敷地) <神通川水系荒城川>

飛騨市神岡町にてマラソン大会を終えた足で丹生川ダムへと向かいます。
会場からは最短距離といっても1時間、途中所々ダート道もありました・・。
Y吉さんと大会内容を振り返りながらコーナーを攻めていきます。

谷川に沿ったカーブの連続、民家も数件しかありません。
さすがに疲れも出てくる時間帯ですが、おっ!、キラキラした湖面が見えてきました。
そして次の瞬間、疲れも吹き飛ぶ景色が飛び込んできました。

nyuukawadum (1)
どうやら到着したようです、この瞬間を待ってたぜぃ!o(^▽^)o

湖面をなでる、そよ風がキラキラと眩い光となって翠明感をだしています。
早くダム堤体も見てみたいのですが、しばしこの景色を味わいます。
ダムの底となった五味原集落もきっと美しい村だったに違いありません。

nyuukawadum (8) 湖は「五味原湖」、と名付けられました。

nyuukawadum (7)
湖面からのダム堤体を眺めます。

nyuukawadum (2)
石碑です。(自分の大好きな)

nyuukawadum (10)
サイドエッジ部からの正面堤体。まだ真新しい感じが伝わってきます。

丹生川ダムは、平成24年に運用を開始した新しいダムです。
自分がダムカードを集め始めた頃にはまだ完成しておりませんでした。
故に、今回はなんとしてでも見学したい垂涎のダムでもあったのです。

nyuukawadum (6)
美しい写真のダムカードにうっとり&感激っす!

カードの左上の表示があるようにグッドデザイン賞の受賞しているダムです。
Y吉さんともびっくり!ダムにもグッドデザイン賞ってあるんですね~。
それではどんな所が選考基準となったのでしょうか、見て参ります。

nyuukawadum (9)
膨らみを持たせた中央部は厚みがあります。

写真では判りづらいですが、直線ラインの中に緩やかな曲線をもたせています。
確かに、他ではない特徴的な形に見えますね。

nyuukawadum (12)
天端は車両通行ができ、路肩からの景色も楽しめます。

nyuukawadum (11)
遠くの集落と下流部を眺めます。

nyuukawadum9.jpg
減勢工にはものすごい勢いで、河川維持用水が放流されていました。

轟音とともに斜めに放たれている側面砲のような放水。
その迫力にY吉さんと絶叫してしまいました。

nyuukawadum (4)
三枚の導流壁が下部にいくほど絞り込まれたお洒落な形状です。

Yシャツにスーツ、コートを重ね着し、細めのネクタイをビシィ、と決めたようなフォルム?。
全体としてかっこいい表情を呈しております。
さすが、グッドデザイン賞でございます。

カッコいい現代建築デザインの中に湖水を包み込む優しい雰囲気があります。
周辺の山々や湖の景観が清々しい丹生川ダムでした。


♨荒城温泉 恵比寿之湯

さて、ここ丹生川ダムの直下の下流沿いには隠れた名湯もございます。
♨荒城温泉・恵比寿之湯です。
ここはマラソンの疲れをとるにも、もってこいです。

nyuukawadum (3)

日本でも数少ない二酸化炭素値:1158pmの遊離炭酸温泉(だそうです)。
先ず、驚いたのが浴槽の周囲が温泉の成分で棚田のような段々模様になってます!
そしてお湯に浸かると肌が若干ピリピリしてきます。

おぉっ!、効いてる、効いてる、・・最高です・・。

このお湯に入るため遠く県外の方からもファンがお見えになるようです。
木造平屋のトタン葺き簡易施設ですが、お湯で勝負、という感じです。
自分としても超おススメの温泉でございました。

細長い余水吐がいかにも木曽谷らしいダム

奈良井ダム (長野県塩尻市奈良井表塩水) <信濃川水系奈良井川

初夏の安曇野へ向かう道中、奈良井ダムに寄ってみました。
奈良井ダムは奈良井宿から約4km南と割と気軽に立ち寄れるダムです。

naraidam (8)新緑の草で覆われている堤体。

茂った草のせいで、一見アースダムに見えますが、実はロックフィルダムなんです。
いいアングルがないかと探していたところ山菜を採りにみえたおじさんからの入れ知恵です。
そのせいか緑のまぶしい自然派イメージのダムですね。

naraidam (6) naraidam (4)

naraidam (5)

naraidam (3)引き込まれるような曲線ラインが美しいです。

naraidam (2)
長い滑り台のような余水吐道が見所です。

上から見ると急斜面に感じますが、下から見ると緩い傾斜をもった長い余水吐だとわかります。
その長さ実に約300m程もあります。
「アムロ、いきま~~す!」とカタパルトテイクオフしたい気分に。(ならんわ)

naraidam (7) 長~~い余水吐道を下流から見ます。

naraidam (10)
ダムカードをいただくのでありました( ^ω^ )

奈良井ダムの湖は「ならい湖」と呼ばれ、狭隘な木曽谷らしい細長い湖でした。
周辺の治水・利水に貢献し、管理用発電を目的とした多目的ダムとして活躍しています。
ダムが好きな方は是非ともどうぞ。

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、間もなく開設以来、2年を迎えようとしております。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

紀伊への城歩き
お正月のお休みをいただきましたので2日間和歌山県のほうへ城めぐりに行ってまいりました。
ある程度の予習をしての紀伊国入りでして、いろいろな城址を見学してまいりました。
今回で3回目の紀州訪問ですが、西紀州は初めての事です。
紀伊の山城って残念ながらあまり知名度ないんですよね・・。
理由は(想像ですが)恐らく他の国のように強力な有力大名が現れなかったのが一因しているでしょう。
しかし、訪れた城跡の中には「これほどの山城がなぜ名も知れず隠れているのか」という感動もありました。
・・ごくごく簡単ではございますが、記憶が新しいうちに随時更新していきたい、と思っております。
最新登城記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数