FC2ブログ

美濃 鷺山城 🏯道三隠居後ゆかりの城

美濃 鷺山城 (岐阜県岐阜市鷺山)

2020年今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」毎週楽しみに観ています。
(いまどき)録画機がない我が家ではリアルタイムにしか観ることができません(汗)。
・・よって日曜日の20時には家族全員がテレビの前に集まります(昭和か!)。

「絶対に見逃せない」、という気迫の生活がそこにあります。

「気迫」と言えば劇中の斎藤道三(利政)役の本木雅弘さんです。
存在感が大きすぎて登場するだけで背中ゾクゾクしませんか?
底知れぬ不気味さと狡猾さの一方で親としての姿もチラつかせる場面も。

でも・・「操り人形に毒は盛りませぬ・・」・・あのセリフは怖すぎます(゚△゚;)。

minosagi (21)

さてそんな楽しみな大河ドラマのキーキャスト、斎藤道三土岐頼芸ら。
彼らに関する城や史跡にも足を伸ばしたいものです。
今回は彼らゆかりの城、鷺山城に登ってみました。

minosagi (5)平野部にあってポツンとある鷺山城。山とも丘とも表現できます。

登山口は主に3つあります。比高は50メートルの山です。
どのコースからでもお手軽ですので往路と復路を変えての散策がおススメです。
もちろん全コース制覇もいいと思います。

北東は、鷺山小学校向かいからの登り口。
南より、北野神社からの登り口。
西より、心洞寺からの登り口。

minosagi (6)
こちらは鷺山小学校向かいのコース入口。北曲輪に直結します。

minosagi (16)
こちらは心洞寺さんからの登山コース。堀切直結ならこちらから。

今回は南の北野神社参拝コースで行きます。

minosagi (18)境内の前には斎藤道三慰霊の碑が建立されました。

minosagi (19)
採土造成の際に山の南中腹付近から出土したという礎石らしき大石もあります。

minosagi (17)
鷺山公園経由で登って行きます。(これは当然石垣ではございませんので)

minosagi (8)
どのコースからも散策コースが整備され5分程度で登れます。

minosagi (12)
主郭南側の曲輪には東屋があり、岐阜方面の眺望が楽しめます。

minosagi (10)
遠くに金華山の岐阜城も小っちゃくはっきり見えるのが感動。

minosagi (11)
濃尾平野も見渡せてなかなかの戦略要地と認識できます。写真手前は採土された区域。

この鷺山の南側は戦後の高度経済成長期に土砂が採取されました。
実に山の南約3分の1くらいは削り取られています。
また派生している尾根の先端部も道路造成などによる採土の跡がみられます。

当時、開発が急ピッチに進む世の中、市中にて土材が確保できるのです。
鷺山の採土ペースはそれに拍車をかけました。
あまりの乱削に住民たちによる史跡意識がそれをストップさせたのです。

このことは頭に入れながら散策するといいと思います。

minosagi (9)鷺山城の説明版は詳しいです。背後に引かれた山のラインが意味不明ですけど。

minosagi (15)
鷺山の頂部はよく整地され本丸と思われます。

minosagi (14)鷺山城址の石碑。近づかないと読めない所が石碑ファンの心をくすぐる。

minosagi (1)
主郭部本丸を下から見上げます。切岸というほどのあとはありませんが・・↙。

minosagi (2)ここにある鞍部を利用した堀切には唸るものがあります。

写真では右側が本丸、左側が太子殿のある北曲輪になります。
積極的に堀り切ったというよりも元からあった鞍部に手を加えたという感じです。
しかし両曲輪間は20メートルにも及ぶ大きな遮断施設ということになります。

ここから主郭側の西斜面に入って行きます。

minosagi (3)
西側には大きな竪堀が畝状となって並んでいるのがわかります。

minosagi (4)4~5条ほどの畝竪堀の様子です。

本丸直下の西側のみに集中しており不思議と東側には確認できません。
またこの竪堀群は北曲輪の西側にも確認できます。なぜ西側だけ??
西側に対する異様なまでの周到意識とは何なのでしょうか、と考えさせられます。

まるで金華山の稲葉山城からみれば西の出城のような雰囲気です。

sagizu.jpg自作縄張り図です。採土区域と崩落区も確認してみました。

山の採土がここまでで収まったことはある意味幸運だったと思いたいです。
「鷺山城には特に遺構がみられない」とされますが、そんなことはありません。
主郭直下の畝竪堀群は当時からの遺構だと思われます。

後年になって竪堀麓付近は手が加わっている箇所もあると思われます。
その部分を見極め、遺構の連動性の目から見てみたいものです。
あと・・竪堀の型は大桑城に見られる竪堀遺構と酷似していることも注目できます。

稲葉山城と大桑城、その間の鷺山城。
位置的な関係と歴史的な関係の中に共通点が見られて面白いものです。
守護土岐氏との居城の変革と合わせての考察も新しい発見があると思います。

minosagi (24)鷺山城の東麓には居館址の土塁一部が残っています。

大部分が宅地化された中で部分的にせよ残っていること自体キセキですね。
NTT鷺山社宅北棟(現在閉鎖されています)の山側に残っています。
地籍図によると一辺が約120メートル四方の方形館だったと推測されています。

・・ま、普通に探したら探せないし、土塁なんて言われても普通わかりません。
山側の高みから見るとL字型になった角部であると想定されます。
鷺山に向かって土塁の延長部が山中にも少し残っていました。

天文17年(1548)斎藤道三が家督を息子の斎藤義龍に譲ると鷺山城に隠居したことは有名です。
また道三と正室・小見の方明智光継の娘)との間に濃姫が生またのもこの鷺山です。
濃姫は天文18年(1549)ここから尾張国の織田信長に嫁いだので「鷺山殿」と呼ばれていました。

しかし義龍は弘治元年(1555)道三を鷺山城から追放し翌年道三を攻め滅ぼしました。
この時、道三は鷺山城から北の大桑城に逃げていた、という記録もあり有力な説です。
俗にいう「長良川の戦い」ですが、この時鷺山城はどんな運命を辿ったのでしょうか。

minosagi (13)
稲葉山に向かって咲く水仙に春の訪れと時の(土岐の)流れを感じました。


㋹は鷺山城の主郭部です。
登山道は記事中に示した通り3つのルートがあります。
付近に駐車場はありませんが北野神社さんには一台は停められそうです。

スポンサーサイト



美濃 川手城 🏯繁栄を誇った美濃守護、土岐氏の居城

🏯 美濃 川手城 (岐阜県岐阜市正法寺町)

昨日の試合を勝ち進んだ三男の所属バスケチーム、
2日目は準決勝からの一戦で始まります。
親が緊張してどーすんの?という感じなんですが・・。やっぱり緊張してしまいます。

akanabe (1) OKBぎふ清流アリーナにて開催。

それにしても立派な体育館です。
このような施設で競技をできること、観戦できることをを有り難く思います。
チーム一丸で頑張って欲しいな、とワクワクしてきます。

恒例の空き時間を利用した城めぐりでちょっとリラックス・・。
そこで、近くの川手城に寄ってみようかと思います。
加納城もすぐ近くなのですが、さすがに両方は時間と奥方が許しません。(汗)

kawade (3)済美高校の校内に石碑のある公園スペースがあります。

kawade (1) kawade (5)
説明版と石碑が立つのみで、遺構はないようです。あっ、遊具が多少((笑)。

ある程度の予想はしていましたが、わずかに土地が高い、ことぐらいでしょうか。
折角来たのに、奥方などは車から降りて見学さえしない、という有り様です。
何もないので仕方ありませんがね・・。(諦め)

案内板を熟読いたしますと、当時の姿を知ることができました。
現地での案内は感状移入しやすいせいか理解が深まるものですね。
川手城は美濃源氏・土岐氏の第3代守護職、土岐頼康より第11代土岐頼芸までの本拠地となりました。

kawade (4)土岐氏の居館変位や川手文化ともいうべき繁栄の址を窺います。

1467年(応仁元年)、応仁の乱で都から逃げ延びた公家らが、土岐氏を頼り、川手に移住したことで
川手の地は都文化が広まり、当時の繁栄はかなりのものであったようです。
西国・大内氏の山口に対して東国・土岐氏の川手とまで言われていました。

土岐氏を追放した斎藤道三も城下町である川手を保護し、かなりの繁栄したようです
しかし、織田信長の時代には川手の町は殆ど岐阜に移り衰退し、
その上、徳川家康より加納城の築城が開始されると、遺構もほぼ消滅していきました。

土岐政房の墓

体育館への帰り道、第9代守護の土岐政房のお墓にも寄ってきました。

kawade (6) kawade (9)
 
kawade (8)政房は舞の名手だったようです。やはり文化系ですね。

東濃地方から勢力を拡大させてきた名族・土岐氏に思いをはせます。
美濃の戦国時代は土岐氏から、斎藤道三、織田信長へと引き継がれます。
奥方には案内板を斜め読みでもして欲しいものなのですが・・。まぁ、いいわ。(諦め)

ちなみに東濃地方から這い上がってきた息子所属のバスケチーム、
接戦の末、準決勝戦に勝利し、堂々の決勝戦へと進みます。
親同士も2階席から素晴らしいナイス・プレーに声援を送ります。

惜しくも、決勝戦では負けてしまいましたが、この経験を糧にまた励んで欲しいな、と思いました。

美濃 茜部城 🏯名人・堀久太郎秀政の誕生した城

🏯 美濃 茜部城 (岐阜県岐阜市茜部本郷二丁目)

今回は三男が所属するバスケのチームの試合があり、奥方と応援とお手伝いに出陣です。
前年末の地区大会で見事優勝、県大会への切符を手に入れての、大会一日目。
強豪相手にどう戦うか楽しみです。

・・さて、その前に。恒例の近場の城址めぐりです(´∀`*;)ゞえへへ・・。
えっと・・、晴れの舞台に相応しい城址は・・、あります、あります。
自分の習性を熟知している奥方、見学時間も予定の内に入れてくれていました。

・・感謝!(泣)

それが今回の訪城、茜部城(あかなべじょう、別名:上茜部城)です。
しかも、自分のニックネームとしてあやかった堀久太郎秀政の出生城ときたものです。
心して参上させていただきたく思うのであります。

akanabe (2)国道157号線沿いに案内板と石碑があります。見つけやすいです(*≧∪≦)。

遺構は無いのでこれが茜部城の存在を示す唯一の標物となります。
地元の方の想いが伝わってくる案内文がいいです。
手入れされた花壇もとても気持ちがよく冬に咲く花がとても健気でした。

akanabe (3)

堀秀政は信長の代表的近習で、仕事ぶりが素晴らしいですね。
信長の取次、文書副状の発給、伝令使者、外交使者、各種奉行の政務全般をこなしつつ、
戦場での活躍も目覚ましいものがあります。何事もそつなくこなせるエリート将校ですね。

文武両道、まさに「名人」の異名に相応しい武将といえましょう。

自分も久太郎秀政のように万事物事をスマートに恰好よくこなしたい・・、
そう憧れてはいるのですが・・。
・・しょせん、「迷人」は「名人」とほど遠いようです。とほほ。

さて、肝心の息子たちチームもやってくれました!
2日目の準決勝戦へと駒を進めるのです。
明日もさらに気合いをいれて城めぐ・・、じゃない、応援しにいくのです。

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数