FC2ブログ

尾張 御供所城 🏯「仏の茂助」、堀尾吉晴の出生した屋敷城

尾張 御供所城 (愛知県丹羽郡大口町堀尾跡1丁目) <町指定史跡>

堀尾吉晴の出生地を訪ねてきました。「ごごしょ」と読む地名だそうです。
城名の読み方が難しいだけあって、この名前、今一つ浸透してません。
「堀尾屋敷」と呼ぶのが一般的でしょう。

horiotei (7) 八剣神社を中心とした一帯が屋敷址です。

吉晴は堀尾泰晴の長男として生まれました。
父・泰晴は尾張上四郡の守護代・岩倉織田氏の織田信安に仕えており
山内盛豊山内一豊の父)とともに重職にあったようです。

horiotei (23)吉晴は出雲・隠岐24万石を領し、松江城とその城下町を築きました。

早くから秀吉に従って各地を転戦し、特に永禄10年(1567)の稲葉山城攻めでは
織田軍を稲葉山城に通じる裏道の道案内役を務めたといわれて有名です。
もちろん、それだけではありませんが秀吉に従い、各地に転戦しまくります。

horiotei (8)館の名残りを感じる佇まいが見られます。堀の址でしょうね。
「堀尾」だけに・・(←いりませんね・・)

天正18年(1590)の小田原征伐にも従軍し、秀次の下で山中城攻めに参加します。
ここでは共にに出陣した嫡子・金助が戦死しています。
まだ18歳だったそうです・・。

horiotei (12)地元に伝わる「裁断橋物語」に登場する堀尾金助と母の銅像です。

この金助は吉晴の実子である、とも従兄弟、とも養子、とも言われています。
いずれにせよ、正室の嫡子ではなさそうです。

horiotei (1)こんな力作も発見しました。・・センスが光ってます。

horiotei (3)horiotei (4)

horiotei (5)

吉晴は温和な性格だったようでで「仏の茂助」と称されていたようです。
秀吉の家臣団の中でも早くから仕えていた最古参の重臣でもあるため人望もあったようです。
秀吉の晩年には生駒親正・中村一氏と共に※「三中老」の一人に抜擢されました。

※「三中老」なる役職制度が実際に存在していたかどうかは疑問視もされています。
豊臣政事に参与し、五大老と五奉行との意見を取り持つ仲裁役であった、
という三位一体の連帯組織として取り上げました。

家康と三成の対立を仲介したこともあったというのも
その温厚な性格と一目置かれた立場あってのことでしょう。
しかし秀長、利家亡きあとの、御意見番としては少々力不足感は否めませんね・・。

horiotei (19) 吉晴らの供養塔がある桂林寺にも寄ってみます。

horiotei (21)正面右側が金助とその母の、左側が吉晴の供養塔です。

周辺は堀尾氏ゆかりの地として吉晴公をしのび、歴史に触れられる場所です。
ゆっくり散策ができ公園もきれいですので、お気に入りです。
国宝に指定された松江城天守にもまた行きたいものです。



スポンサーサイト

尾張 小口城 🏯城址公園として整備され憩いの場に

尾張 小口城 (愛知県丹羽郡大口町小口字城屋敷) <町指定史跡>

小牧合戦城砦めぐり、の続きです。
今回は大口町の小口城にやってきました。

「おおぐちちょう」の「おぐちじょう」、
というややこやしい呼び名をいまさらどうと言う人もいないでしょうが
ビッグマウス コンテスト ~大口町の中心で大口を叩く~、という企画もありましたね。

oguti (21) 城址公園の南に駐車場があります。

oguti (24)

城址公園として整備されてから、初めての訪問になります。
この城は以前から堀跡と本丸高台が残り、高台の中央部に城址碑が建っていたのを
はっきり覚えています。

kyuu-oguti.jpg
平成3年の頃の様子の一枚です。

見違えるほどきれいに整備されていてびっくりしました。
昔日の草地面がうそのようです。
物見櫓もあるやないですか。登れるみたいやし。(早速、登りたいo(^▽^)o)

oguti (1)ちょっと近世っぽくみえますが、公園として生まれ変わったのですね。

oguti (5)
なにより嬉しかったのは、あの時と同じ城址碑が今も堂々と迎えてくれていることでした。

oguti (23)
別名、「箭筈城」(やはずじょう)とも呼ばれている小口城。

oguti (8) oguti (11)
土塁や切岸などの当時からの遺構も随所に残してありますね。

oguti (22) oguti (10)
いよいよ物見高櫓に登ってみます。黒色でかっこいいですね。

oguti (12) 登っていきます。

oguti (14)犬山方面と展示資料館を俯瞰します。

oguti (13)小牧山城は・・、あちゃ、鉄塔が被っちゃてます。

小口城は長禄3年(1459)、織田広近によって築城されました。
本曲輪に二重の堀と土塁が廻らされた形状であったとされます。

小口城は木ノ下城や犬山城の支城として残されました。
永禄年間(1558年-1569年)に織田信長の軍勢に攻め落とされて廃城となった後、
小牧・長久手の戦いで羽柴秀吉方の稲葉良通(一鉄)が布陣したそうです。

oguti (17) 小口城資料館より一鉄さんです。

稲葉は南の岩崎山砦も守備しておりこのエリア一帯を秀吉に任されていたようです。
秀吉の信頼度が窺えると同時にこの地域の重要性を理解できます。

oguti (15) oguti (18)

資料館は無料で開放されていますのでじっくり見て回れました。
資料館では戦国初期の尾張上四郡の歴史や守護・守護代の関係も学べます。
小口城は遺構の重要な部分は残しつつ、気軽に城址に親しめるような場所・・。
・・になっていました。



プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

対馬にプチ出国してきました。
7月7・8日と対馬国境マラソンに出場しました。
かつてないほどの災害になろうことを予測しなかったわけではありません。
災害に遭われた方々や関係者様方の気持ちを想えば不愉快な内容になってしまうことばかりかもしれません。
未だ復旧の道筋が見えない中でも、どうか希望を捨てず一日を積み重ねて行っていただきたい、と思い久太郎も復旧ボランティアに参加する意を決心いたしました。
何ができるかわかりませんが、少しでもお力になりたい、と思います。
最新登城記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数