FC2ブログ

印食城に寄ってみる

印食城(羽島郡笠松町八剣3丁目)
専光寺一帯が城址だということですが遺構はもちろん、説明版などもありません。
ただ・・昔来たときは確か案内板があったような・・気が・・するなぁ・・。

IMG_7355.jpg印食城址の専光寺

現在山門脇にある案内版は南北朝時代、南朝の護良親王の忠臣村上彦四郎義光
の説明版でした。印食城のことにはまったくふれられていませんでした。‥残念( ノД`)。

スポンサーサイト

残された土塁に感動、伏屋城にて

伏屋城(羽島郡岐南町伏屋)<町指定文化財>
秀吉による土木普請にはやたらと「一夜城」や「太閤城」といった別称がつきますが
この城はどちらの別称もあり、秀吉との縁深い城の一つではないでしょうか。

織田信長による美濃攻略戦において秀吉はこの地に最前線の砦を築いたようです。
墨俣一夜城が有名ですが同じ要領でここ伏屋にも築城したようですね。
おそらくこの時も川並衆とのつながりができていたのでしょう。

IMG_7347.jpg伏屋城説明板

そして再び小牧・長久手の戦い時に秀吉方の拠点の一つとして利用されるわけです。
秀吉もさぞかし感慨深いものがあったことではないでしょうか。
その時は伏屋市兵衛が秀吉に留守居を申しつけられたようです。

IMG_7349.jpg伏屋城の土塁址

現在は竹藪になり一部土塁の址が残っています。
ちょうど角部と思われる高さ2mを越える立派な土塁です。

IMG_7350.jpgL字型の土塁の様子

訪城した際はちょうどタケノコをとってみえる老夫婦がお見えでした。
周囲が住宅地の中でここの一画だけはまるで当時のままの雰囲気が残っていました。

森可成の出身地、田代城を訪ねるが・・

田代城(蓮台城)(羽島郡笠松町田代)
恥ずかしながら・・現地に着くまで「たしろじょう」だと思い込んでいました。
田代交差点案内標識のローマ字 dendai を見るまでは・・。
でもきっと私だけではないはず・・。
城址は白鬚神社一帯だということでまずはこちらを目指します。

IMG_7256.jpg城址といわれる白鬚神社

城主は森氏と伝わり織田信長の家臣、森可成出生の地、と聞いております。
森一族ファンの私としてはちょっとワクワク感での訪問ですが・・。

IMG_7255.jpg  IMG_7257.jpg

元々奈良時代より蓮台寺という寺院があったようです。礎石の半分もみられます。
織田信長と斎藤道三との正徳寺(聖徳寺)での対面後、両者はこの地でそれぞれの居城
へと戻る別れの儀式を行ったようです。

IMG_7254.jpg蓮台寺の礎石と道三・信長両将別れの地の案内板

何故か・・城址に関する案内が盛り込まれていませんね・・(♯`∧´)。
いや、どこかにあるはず、と周辺を歩き回りますが・・ないものはないです。
・・この脱力感はなんでしょう。あぁ、三左さま・・。

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数