FC2ブログ

京都山城 将軍山城 🏯市街地近くで気軽なトレイル

京都山城 将軍山城 (京都府京都市左京区北白川清沢口町・瓜生山)

将軍山城は京都市中心部の東にある瓜生山(標高301m)に築かれた山城)です。
別名はいろいろあって、

北白川城(きたしらかわじょう)、とか
瓜生山城(うりょうさんじょう)、とか
勝軍地蔵山城(しょうぐんじぞうやまじょう)とか、いろいろあります。

個人的には、足利将軍ゆかりの城、ということでやはり「将軍山城」がピタッ、ときます。
今回は長男が通う大学祭にお呼ばれしましたので、学校見学を兼ねての上洛です。
奥方も楽しみにしてのお出掛けなので、機嫌を損ねないようにしないといけません。

大学祭がAM9:30から、ということでしょうか?、奥方が呟きます・・。
「・・その前に一つだけなら、城に行ってもいいよ。」
おおっ!、まさに、・・神の一言です。

syougun (1)
城への登城口は狸谷山(たぬきだにやま)不動院さんの階段手前からが便利です。

・・大きい声ではいえませんが、京都の寺院では珍しい無料駐車場です!
ま、ここを拠点での観光、というには不向きですのであくまでも城見学に関して。
・・大きい声ではいいませんが・・。(くでー)

syougun (2)
何の由来かは調べてませんが、七福神さんや、

syougun (19)
インスタ映えするような「いいね!」箇所もあります。

syougun (3)
240~250段ある石段をえっちらおっちら、と登って行きますと、

syougun (4)狸谷山不動院に到着します。

交通安全・厄よけ・ガン封じ祈願で有名な修験道の寺です。
宮本武蔵が心の剣を磨いたといわれる武蔵之滝があり、修行場としても信仰されました。
(今回は途中の道が崩落のため見学できませんでした)

syougun (5)
奥の院からの登山道から山頂へと向かいます。

syougun (11) syougun (10)1
京都一周トレイルのコースとしても利用されており、整備されています。
(意外と人に出会うので安心します)

syougun (15)東側の箱空堀から見学。

堀幅がありますが、あまり高低差がないため気付きにくい遺構です。
全体的に高い切岸が見当たらず、はっきりとした遺構が掴みにくい城址ですね。
いつの間にどこから城域に入っていたのやら?という感じです。

syougun (16)中央にスロープ状になった土橋(っぽい)遺構もあります。

各曲輪の間も連絡意識が緩く、戦国期の城、としてはメリハリがみられません。
時代や戦乱ごとにパーツ改変されたせいでしょうか。
城域が広いため、滞在型陣城、としての規模として検討してみる価値もあります。

syougun (18)
頂上の本丸に到着しました。結構広く、東側の山並みを眺望できます。

syougun (7)以前、一度弟クンときたこともあり、懐かしい説明版でした。

syougun (6)説明は黄色枠内にお任せして・・。(ノ´▽`*)b

syougun (8)
本丸跡に建つ幸龍大権現の社、裏に回ると・・、

syougun (17)
元勝軍地蔵の石室があります。

将軍山城は当初、近江より上洛する際の前線基地としての役割をもっていました。
細川高国がこの城に陣を構え、その際戦勝を祈願して将軍地蔵を勧請したのが由来です。
その後、室町将軍足利義晴自身がこの城を大幅に改修します。

六角義賢軍や三好長慶軍との対陣にも利用され、元亀元年(1570年)には、明智光秀がこの城に入って数カ月延暦寺を牽制する等、京支配における存在意義が大きかった城郭であったことが理解できます。

syougun (12)
山中には谷をグラグラする橋で渡ったり・・、

syougun (13)
鎖を手繰ってよじ登っていくコースがあったりで楽しめます。

奥方も軽い一言のおかげでこんな目に遭うとは思いもしてなかったようです。
でも、「いい運動になって、面白かった!」、なんて、
一緒に山城を楽しんでくれましたんで、良かった!と思うのです。

syougun (14)
木々の隙間から見える京都の街並みがとても絶景でした。

この後、長男と大学祭にて合流。
彼は、サークル仲間たちと、たい焼き屋を出店して、頑張ってました。
久しぶりに学生気分に戻って楽しめた一日になりました。

スポンサーサイト

京都山城 伏見桃山城 🏯雅で迫力ある模擬天守群

京都山城 伏見桃山城 (京都府京都市伏見区桃山町大蔵)

春、うらら、入学式にかこつけての城めぐりです。
4月に入っても、桜がまだ咲いてません。
ここ伏見桃山は桜の名所だと聞いてやってきたのですが・・。ちと残念。

現在、本来の伏見城の主要部は明治天皇陵などになっており、立ち入ることはできません。
以前、伏見桃山城キャッスルランドという遊園地があり、ここに模擬天守が建てられています。
あまり人気がないようでしたが、奥方とぐるっとのんびり散策してみました。

fusimi22.jpg耐震基準を満たしていないことから内部は非公開です。(残念)

洛中洛外図に描かれた伏見城を参考にして模擬天守が鉄筋コンクリート構造で造られました。
まだ遊園地が営業しているときに来たかったのですが遊園地自体は閉園となってしまいました。
(2003年1月31日に閉園しました)

fusimimomoyama (3)なかなかの迫力で雅な高級感が感じられます。

よく写真で見かけるカットですが、間近でみると想像以上に迫力があります。
単なるモニュメントにしておくには実に惜しい建築物だと思いました。
奥方も突然目に入った天守群を見て、びっくり!してました。

fusimimomoyama (2)模擬大手門です。さすがに作り物っぽさは否めませんね。

fusimimomoyama (1)石碑です。この場所は伏見城の西側あたりとなります。

文禄元年(1592年)豊臣秀吉によって隠居屋敷として築かれたのが始まりです。
当初は南方の指月山に築かれていましたが、慶長の大地震で倒壊したため、
北方の木幡山に本丸を移して再建されました。

関ヶ原合戦の前哨戦では徳川方の城将・鳥居元忠が奮闘し壮絶な死を遂げました。
関ヶ原合戦後、天守は二条城へ移築、櫓は備後国福山城や江戸城などに移築されました。

fusimimomoyama (5)模擬小天守もそれなりに立派なんです。

fusimimomoyama (13) 4月の訪問ですが今年の桜は遅い・・。

fusimimomoyama (11)模擬天守を下から見上げてみます。

重厚感があって破風のバランスがかっこいいと思いました。
模擬天守の中は資料館となっていて、秀吉築城の聚楽第の復元(推定)模型が展示されていました。
それも開園している時のお話しなのですが、見てみたかったです。

fusimimomoyama (10)今一つの石碑を、植え込みの中に発見。

fusimimomoyama (9) この門から入城してみたいものです。

fusimi2446.jpg空にそびえる大天守。当時の威風を思い起こさせます。

いつかまた最上階に登れる日が来るのか、楽しみです。

 

京都山城 槇島城 🏯京での室町幕府終焉を迎えた城

京都山城 槇島城 (京都府宇治市槇島町薗場・城址碑公園と槇島公園)

将軍家を再興するため足利義昭が雄々しく誕生した、記念すべき城館が矢島御所だとしたら
こちら槇島城は義昭の野望潰え、事実上、室町幕府の終焉の地となった城です。

個人的には義昭ほど信長に対し、腐らず、めげず、諦めず抵抗した人物はいないんじゃないかな。
・・そう思う時があります。
実際、信長包囲網を立案、発布、それを受けた諸大名は次々と起動をしたわけです。
それに室町幕府将軍に供奉した御供衆(おともしゅう)も健在です。

並大抵の外交手腕ではできないことです。
金もカリスマも必要とされます。
そして、なにより不屈の情熱が備わっていたのでしょう。

そんな「貧乏公方」、足利義昭に愛着さえ感じるのです。

槇島城は現在、遺構はすべて消失して、何も残っていません。
しかし、城址碑が語るゾーンが2ヶ所あるので紹介したいと思います。
(記事の末尾に地図を添付いたしました。)

makisima (5) 一つは住宅街の中の公園に立つ城址碑です。

makisima (2)この石碑は公園なのになかなか発見しづらい場所にあります。

makisima (4)説明版を読むとすっかり変貌した様子がわかります。

槇島城は、足利将軍家の家臣・真木島氏が本拠としていた城でした。
回りを川で囲まれた天然の要害にもなっていました。

元亀4年(1573)、信長に追われた義昭は、真木島昭光がいる槇島城に居を移します。
しかし、追ってきた信長軍勢の攻撃をうけ、義昭は昭光等と河内国へ逃亡しました。
これにより、城は開城、室町幕府はこの地で滅びます。この戦を槇島合戦と呼んでいます。


いま一つの城址碑は北の方角の槇島公園の隅にあります。

makisima (13) 槙島公園。

makisima (6)美しい花壇の奥にあります。

makisima (9)槙島城記念碑、という城址碑です。

本当に面影も何もあったものではありませんでした。
室町幕府の滅亡、というのに相応しい姿なのかもしれません。
城址碑を探し当てる、そんな楽しみ方が好きな城郭ファン向けの城、といった所でしょう。

槇島城は何も遺構がありませんが歴史的には重要な城です。
この場所に立つと、義昭公に労いの言葉をかけたくなるのです。
しかし、義昭公のほうからはこんな言葉も聞こえてきそうです。

「めげんなよ。」




京都 草路城 🏯山城国一揆で戦場となった館城

京都山城 草路城 ( 京都府京田辺市草内宮ノ後 )

応仁の乱(1467年) 後に続いた守護・畠山氏の跡目争いを端に発生した「山城国一揆」。
その戦場となったと伝わる草路城跡を訪ねました。

kusaji (12)草路城 (くさじじょう) は、京都府京田辺市に残る平地の居館跡。

kusaji (3)
現在の咋岡神社(くいおかじんじゃ) の境内一帯が城址とされています。

kusaji (4)仲良く並んだ真ん中に城址碑がありました。(^-^)/

kusaji (7)神社周囲を取り囲む水濠はかつての堀の名残っぽい感じ・・。

kusaji (8)境内の中にも土塁や水堀の一部が残っているようです。

kusaji (11)本殿の周囲は一段高くなっていました。

散策時間はしらみつぶしに見ても十分もあれば十分。(わかりにくいダジャレみたいです・・)
近くには飯岡の渡し近くに穴山信君(梅雪)一族の墓があります。
以前、弟くんとこちらに来たときに発見、お参りしてきました。

本能寺の変の日、家康とともに泉州堺にいた梅雪、伊賀越えにて帰城しようとしました。
しかし、草内で一揆に巻き込まれ、ここで落命してしまうのでした。
家康と梅雪、運命を分けたものはなんだったのか?

こちらも歴史のキーポイントになる場所のようです。




京都 船岡山城 🏯応仁の乱にて西軍の拠点となった城

京都山城 船岡山城 (京都府京都市北区紫野北船岡町) <国指定史跡(船岡山)>

今回、市バスでの訪問ですのでやや緊張しました。どこのバス停で降りたらよいのやら・・?
友人Tクンのの勘が頼り。まぁ・・慣れないなりに何とかなるものですが。
大徳寺にて下車します。徒歩ですぐでした。

船岡山が史跡扱いされているのは城としてではなく、山全体が京都市内の貴重な自然林であることと、京都の都の成り立ちからその後の歴史にも密接な関係があり、親しまれてきていることからです。

funaokayama (14) funaokayama (12)

史跡船岡山公園は、「城跡」としての碑はありませんが、同じ山にある織田信長を奉った建勳神社の入り口付近に「船岡山」の石碑と、公園内に「応仁永正戦跡」としての石碑があります。

funaokayama (2)船岡山公園にある石碑。植え込みの中にあるので見つけた時はニンマリ(*'v`*)。

funaokayama (3) 解説板もあります。

1467年(応仁元年)に始まり10年にも渡って京都を中心に起きた「応仁の乱」。
戦国時代は、まさにこの時から始まったと言われております。
船岡山には西軍の山名教之一色義直が立てこもり陣所となったため、「西陣」とも。

船岡山城は東軍の細川勝元軍によって三方から攻められ落城。
その後、東西両軍に利用されることもなく、そのまま廃城へ向かったそうです。
その後、1511年には細川氏同士の争いともなった船岡山合戦でも(細川高国・大内義興と、細川澄元らの争い)この城は戦場と化したそうです。

実際、歩いてみましたが、遺構らしいものが発見できませんでした。
・・これがそうなのかなぁ・・?という堀址らしきものはありましたが判別がつきませんでした。
公園化されてもいるんで、正直よくわかりません。

まぁ、史跡公園ですので、戦国幕開けの城、として歴史背景、雰囲気を楽しめれば十分。
Tクンと散策をしながら船岡山・建勲神社へと足を運びます。

建勲神社

正式には「たけいさおじんじゃ」といいますが、一般には「けんくんじんじゃ」「けんくんさん」として親しまれています。

funaokayama (5)
建勲神社は明治天皇の御下命により創建された織田信長公をお祀りする神社です。

明治8年(1875)に別格官幣社に列せられ、京都の船岡山に社地移します。
明治13年(1880)には新たに社殿を造営し、織田信忠卿を配祀し
明治43年(1910)に山麓から山頂へ社殿を移建し現在に至っています。

funaokayama (7)祝詞舎から参拝。

桶狭間の戦いで今川義元から戦利品として得た信長愛刀「宗三左文字」(重要文化財)も同神社の所有。
近年の刀剣ブームのせいでしょうか、歴女の皆さんのお姿が結構お見えです。
社務所にも行列ができています。・・すごい人気です。

funaokayama (6) funaokayama (10)
信長が好んだ幸若舞「敦盛」の一説が彫られています(写真:左) 手水場にも織田の五つ木瓜(織田木瓜)が(写真:右)

信長、信忠ファンなら一度は足を運んでおきたい聖地ですね。

funaokayama (9)
拝殿には信長の三十六功臣のうち十八功臣の額が飾られています。

永禄11(1568)年上洛を果たし、朝廷より官位を勧められたとき、信長は生死をともにした功臣の賞を第一に願い出たそうです。
信長公のご意思に基づき、神社創建の折、功臣36名を選び、時代考証の元に描写し製額して拝殿に掲げることとなりました。
三十六功臣の一人池田信輝の末裔、旧因州公の家臣、森本後彫氏が筆をとり、三十六雄の精神が爽然と描出されました。

・・実は恥ずかしながら自分、織田三十六功臣なるものを知らず大変感慨深かったのです。
それもゲームや雑誌に取り上げられるお馴染みの武将ばかりではなく、本当に信長と苦労を共にしてきた人物ばかりです。
名前だけ列挙してみたいと思います。
 
三十六功臣

池田信輝(恒興)、稲葉一鉄、猪子兵助、氏家卜全、織田信業、織田信光
蒲生教秀、河尻重能、木下秀吉、斎藤新五、坂井久蔵、坂井政尚
佐久間信盛、佐久間盛政、佐々成政、柴田勝家、菅谷長頼、滝川一益
武井夕庵、道家尾張守、長岡(細川)藤孝、丹羽長秀、原田直政、平手汎秀
平手政秀、福富貞次、不破河内守、堀秀政、前田利家、村井貞勝
毛利秀高、森長定(蘭丸)、森可成、簗田出羽守、山内一豊、湯浅甚助

どの武将も「忠臣」と呼ぶのにふさわしい顔ぶれです。・・渋いです。

秀吉を「木下」としたり、小豆坂七本槍も入れてあります。
西美濃三人衆から安藤さんは外れ、桶狭間、美濃攻め功労者が目につきます。
斎藤新五郎・・「クゥぅー!」・・。美濃の城郭ファンなら泣けてしまいますね。

信長・信忠親子の御霊に参拝できたこと、三十六功臣を教えていただいたこと
なんだかとても晴れやかな気持ちになりました。
歴女さんたちに並び、「天下布武」の御朱印をいただき、下山しました。

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数