FC2ブログ

美濃 今城 🏯コンパクトな里山の丘城

美濃 今城 (岐阜県可児市今・愛宕山(通称:おがたやま))

凄まじかった台風が通り過ぎ、我が家もそこかしこで損傷ありです。
その後の長雨に続いて、北海道の大地震、と自然の猛威になす術ない我々。
被害に遭われた方々、そのご家族の皆さま方の一日も早い復旧を願っております。

我が家でも、自然災害を踏まえて備蓄用品の確保や避難経路などの再確認をいたしました。
山城シーズン到来!、と意気込んでいましたが、どうやらそれどころではありません。
しかし、そうした安全な生活基盤あっての趣味でございます。

備えあれば患い無し、です。
(殷の宰相傳説の言葉)

・・ということで今回は近場の山城も再確認!という、まぁー強引なこじつけでして。
岐阜県可児市の今城を訪問しました。
(春にマラソンの練習で寄った時の一コマになります)

ima (9)山麓の菜花越しに遠望する今城の愛宕山。

この城址は2017年に可児市で開催された「山城フェスタ」で一躍有名になりました。
雨の中、登城された方々も沢山みえるのではないでしょうか?
城郭遺構がしっかり残っている教科書みたいな山城ですね。

春には二の丸や東側に桜も美しく咲き誇ります。
ima (8)

ima (7)新しい今城城址碑と整備途中の遺構が浮かび上がってます。くぅ~、登りたい!

ima (2)
三の丸から見学できるコースが整備されています。

写真の奥には三基の五輪塔が確認できます。
(お写真は控えさせていただきます)
昔から小池氏関連ものとされ大切にされている塔だと伺いました。

ima (1)
非常に状態がよい井戸址です、雨続きになると・・、

ちゃんと水が溜まるようになっています。(スバラし~)
ima (11)

ima (13)
少しわかりずらいですが、本来の大手口は桝形虎口となっています。

ima (12)
香川元太郎氏のイラストレーション付説明版がとってもわかり易いです。

自分にもこんなイラストが描けたなら楽しいだろうな~と思います。
『もしも城鳥瞰イラストピアノが描け弾けたなら』、・・なんて。
頑張って挑戦してみようかなぁ~。(弟子入りしたい久太郎です)

ima (3)三の丸から見上げる本丸切岸。
(・・ちょっと伐採しすぎかな?・・ハハハ(^_^;))

ima (5)
三の丸から二ノ丸へ。(本丸から見下ろしています)

ima (22)二ノ丸から見る眺め。快晴の日には御嶽山もはっきりと拝めますよ。

二ノ丸と本丸との格間には横堀で画されていて・・、
ima (20)

ima (21)
土橋を渡って本丸へと繋がります。

ima (14)本丸には近年に立派な東屋が建てられました。

「今城址を整備する会」の皆様の地道な整備作業で生まれ変わった感じです。
以前に来訪した時は鬱蒼とした森でした。
東屋の柱には城主・小池家継さんからの歓迎メッセージが書かれていますよ!

この本丸に立つと遺構の導線がしっかりと理解できます。

ima (4)上から見下ろすと斜面の鋭さに仰天します!

別位置から・・
ima (6)

ima (16)
本丸から南尾根へ通じる虎口は喰い違い虎口となっています。

ima (18)
両脇にはしっかりとした厚みのある土塁に挟まれており、防御性を高めています。

ima (17)
尾根伝いには土橋付の堀を経て連絡できます。

農園にいらっしゃった現地の古老の方にお話しを伺ったところ・・。
この堀、昔はもっと深さもあり、幅も広く、本丸東側にまで連なっていたそうです。
農業用の耕作道整備でかなり埋められてしまったらしいです。

東側の横堀はほんの僅かながらその姿をとどめているようです。
これより下部・尾根伝い周辺はは大部分が果樹園となっています。
それでもきっと、昔から「殿様の城」に手を加えることをなるべく控えてきたのでしょうね。

ima (19)現地で古地図と見比べてみるのも面白いですよ。

全ての施設が本丸から目の行き届く範囲に収まることが最大の特長です。
小城の強み、本丸からの指示を直接差配・反映させることができるでしょう。
コンパクトにまとまり、なかなかどうして技巧的な縄張りです。
(この表現はなかなかどうして最近使いませんが・・)

今城は天文年間(1532~1555)に小池刑部家継によって築かれたといわれています。
小池氏についての詳らかな伝承はあまり伝わっていません。
兼山城主であった森長可の退去命令に従って城を退去し帰農したと伝えられます。

・・でました、横取りジャイアン鬼武蔵、森長可!
オマエのモノは俺のモノ、俺のモノも俺のモノ
電光石火の東濃平定の裏にはこんな脅迫作戦もあったのですね。(怖・・)

したがいまして、現在の遺構は小池氏時代の姿にプラス、
森氏摂取以降の手を加えられた姿かもしれませんね。
尾張口と美濃口を繋ぐ重要な位置にあるが故の手直し、だったのでしょう。

ima (23)現在でも周辺には小池氏のご子孫の方々がたくさんお住まいです。
(今城の西に位置する八幡神社から撮影)

遺構が見やすかったので縄張り図も描かせていただきました
imazu.jpg

城跡への見学は今公民館の駐車場から徒歩で目指すと雰囲気があると思います。
ima (10)

今城に足を運んでいただけるとわかると思いますが、
今も昔も地元の方々に大切にされているのがとても伝わってきます。
現在、「今もふるさとの城である、今城」、でした。



Ⓢの今公民館に駐車させていただきました。城跡までの案内図があります。
Ⓖに辿り着きます。今城城址碑と案内図をみて見学できます。


スポンサーサイト

美濃 兼山城 🏯森一族に手向けられたような散りゆく千本桜

美濃 兼山城(金山城) (岐阜県可児市兼山町古城・古城山) <国指定史跡>
≪続日本100名城≫

東西南北、春のお花見城めぐり・ラスト第4弾の北は美濃・兼山城を訪ねます。
(もう、世間はG.Wというのに・・、遅くなってしまったようです)

もう語るに尽くせない東美濃の要衝・兼山城。
この際は小牧山城同様、あれやこれやというお口にチャックです。
(本当は喋りたくて仕方ないのですが・・)

kaneyama (11)桜に囲まれた兼山城を南方面から見ます。

兼山城の南面中腹にはもう、それは見事な千本桜が咲き誇ります。
毎年、「森蘭丸の里・美濃金山城 桜まつり」が開催され、家族で花見に出かけます。
自分的には手軽に行ける、ちょっと自慢の秘密花見スポット。

kaneyama (21)山肌を埋める千本桜も「卍解(ばんかい)状態」(※)でした。

この桜をほぼ毎年散り始めに見に来ることが多いです。
時々吹く強風にあおられて散り舞い上がる桜吹雪の美しさといったらありません。
散りゆく桜に古城址見学、実に風情があります。

※「卍解(ばんかい)」とは漫画『 BLEACH 』に登場する戦闘技術用語です。
千本桜景厳「せんぼんざくらかげよし」は朽木白哉(くちきびゃくや)の斬魄刀(ざんばくとう)、「千本桜」の卍解形態。
わかりやすく言えば、究極奥義みたいなもので・・。・・こういう話はどうでもよろしいか・・。

kaneyama (1) kaneyamamonn.jpg 
麓近くには、城攻めさながらの遊具もあり、お子様たちも(大の大人も・・)喜ぶこと請け合い!

kaneyama (19)南方面・兼山小学校の向こうに広がる可児市の平野部。

kaneyama (13)駐車場となっている出丸の石垣を見上げます。

kaneyama (18)
kaneyama (15)主郭から遠く西に張り出した独立郭の出丸です。

ここの石垣は一部組み直されていますが、破壊された主郭部よりもよく残っています。
兼山城内でもとても迫力のある石垣遺構の一つ、といえます。

ここまで車で登ってこれますので案外、楽ちんな山城かもしれません。
ここから歩いて主郭部に登って行きます。

三の丸、二ノ丸を経て、大手桝形門へと進みます。

kaneyama (22)三の丸から二ノ丸に入ると切岸が高くなります。

kaneyama (23)方形の大手桝形門跡に到達します。

この桝形門跡、広角レンズを装着しても全体が収まらないほどの立派な規模です。

kaneyama (26)南に大きく張り出した南腰曲輪。随分整備されています。

この南腰曲輪の東側法面には30メートルにも及ぶ腰巻石垣が残り素晴しいです。
そしていよいよ本丸に登って行きます。
・・とその前に東の腰曲輪進むのが本来の攻城ルートでしょうか。

kaneyama (50)

kaneyama (48)廃城感あふれる東腰曲輪から見る石垣群。

崩れた石垣がそのままの状態で残っているようです。
なんかこう、古城感を誘う、石垣フェチご用達のような空間です。
しかし、奥の手が、まだまだありますから・・。(やはり喋りたくて仕方ありません)

kaneyama (28)小天守に設けられていたとみられる穴蔵出口の遺構。

この構造が犬山城の天守に似ている、という一因にもなり
かつての金山城天守が犬山城に移築されたとの説もありました。
しかし、そのような痕跡はないことが近年の調査でわかってしまいました・・。

この説は結構皆さんも知ってみえるのではないでしょうか?
解体された兼山城天守相当建築が木曽川で流し送られ、犬山城天守の骨組みとなった・・。
なんて夢がある話か!と思っていたんですが・・。真実は真実ですから受け止めないとね・・。
がっくり・・(´・_・`)。

kaneyama (27)本丸に到着しましたが・・、うん?なんか以前と違う・・。

kaneyama (46) kaneyama (10)
以前は写真のように天守台に鳥竜神社の本殿があったはずなんですが・・。

ここでは本殿で手を合わせ、子供たちとお菓子をもって遊びに来たものです。
多分、・・恐らくは建て替えられるんじゃないのかな、と思いますが。

kaneyama (29)本丸より、北の八百津方面を直下に、飛騨街道方面を遠望します。

kaneyama (31)こちら、美濃加茂方面、可児方面を遠望します。

兼山城が東濃地区方面の要として飛騨・木曽からのルート上に位置していることが解ります。
また木曽川を直下に抑えていることで河川交通の要所も兼ねています。

kaneyama (30)木洩れ日にたたずむ金山城石碑。

この城址碑の台座といい、このあたり周辺の地面に生える苔が石碑にとマッチしてます。

kaneyama (34)本丸北西部の角部下にある石垣。

一気に積み上げず、犬走を都合3段に挟んで積まれています。
破壊されているとはいえ、見応えのある主郭石垣遺構だといえますね。
近世への総石垣の発達段階過程を垣間見れる遺構だと思いました。

kaneyama (38)隠れた見所、左近屋敷郭の石垣です。

現在、主郭部から左近屋敷への散策ルートはできていません。
よって、ここまで足を延ばす見学者はよほどの城好きの方かと思われます。
城の東口を守る重要な郭であることは東端部の大堀切が物語っています。

kaneyama (39)幅15メートル高さ8メートルにも及ぶ大堀切。

堀底には城山林道が通され、旧状はわかりません。
ただ、地形的には大きな鞍部となり、城域を区切るような大堀切がありました。
恐らく、南北に竪堀となり、落とされていたと思われます。

kanezu.png

突然、ここで全く私事なのですが、自分は地元びいきもありますが
兼山城といえば、城主の森可成以下、森可隆、森長可、乱丸らが大好きであります。
皆、短い命を戦場で散らしてしまいますが、その散ざまに惹かれてしまうのかもしれません。

特に森武蔵守長可、時に苛烈な仕打ちをもって鬼武蔵、と呼ばれていました。
戦場で名馬「百段」に騎乗し、自ら十文字槍「人間無骨」を振り回して敵陣に突入する姿に加え、
反抗する勢力には、人質さえも処断し、自領の与力部将たちにさえ容赦をしませんでした。

誇り高い父を失い、憧れた勇気ある兄を失い、頼りとした弟たちを3人も失います。
「鬼」にならなければ、一族・郎党を守ることはおろか、自身が戦場にて生き延びることすら叶わないことを彼は身に染みて感じていたはずです。

本能寺の変後、信濃の北部から兼山城まで帰還するだけでも奇跡だったのに
その勢いで東美濃全域を瞬く間に再平定をします、これは見逃せない手腕です。
民政にも心を配り、川湊の兼山城城下町を発展させたのも彼の功績の一つです。

kaneyama (42)古城山を木曽川方面より見上げます。雄大な山容です。

小牧にて三河奇襲の別働隊として出陣する前の逸話です。
「自分の娘は医者に嫁がせよ。決して武家には嫁がせるな」という遺言を残しています。
本来は心根の優しい人物だったのかもしれませんね。

過酷な戦国の世を渡った森一族に手向けられたような千本桜。
その光輝くような咲き振りと吹雪のように舞う花びらに彼らを投影してしまいます。
春のお花見城めぐり、今年はこれまでにしとうございます。



プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数