FC2ブログ

国境の島・対馬を走りました

第22回国境マラソンIN対馬に出場

メイン会場:三宇田海水浴場
平成30年7月8日(日) AM9:30スタート
参加人数:約1400名(全種目合計)

kokkyoumara (12)

西日本豪雨により被災されたみなさまに心からお見舞い申し上げます。
そして 被災地域の一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。
 


7月8日、長崎県対馬にてハーフマラソンに出場しました。・・と言う前に・・。
7月6日、それは西日本を襲った、かつてない記録的な大豪雨の中の決断でした。
移動手段として予定していた山陽新幹線、及び山陽地方~九州の在来線は一部運行中止・・。

仮に行けたとしても戻ってこられる保証はどこにもありません・・。
次々と報道される悲惨な事態、・・悩みに悩みました・・。本当に悩みました。
行くべきか?止めるべきか?、八割方、「今回は諦めよう」と思いかけた時でした。

背中を押してくれたのは奥方の一言でした。
「飛行機なら行けるんじゃない?」(軽っ!)
普通、妻ならば、家族ならば、外出自体思いとどまるように言うものですが・・。
(奥方には本意も他意もないことを願う・・)

とにかく決心!行きの電車で熱田方面に手を合わせます。
信長公の気持ちが少しはわかるような・・。
自分にとってはこれが「気持ち桶狭間」です。

kokkyoumara (1)
・・という訳で本日旅券を予約、セントレアから福岡まで行ってみます。

kokkyoukeitai (1) 無事に福岡に着陸(´ω`人)、 

飛行機はなんとか就航。でも視界不良で帰還する可能性もあり、・・って・・(´・_・`)。
とかいって、無事に着陸、そして風雨の中、地下鉄と徒歩で博多埠頭まで着きました。
・・さて次のハードルは九州郵船さんが壱岐対馬便を運航してくれるかどうかです。

kokkyoukeitai (3) 果たして出港できるのか?

そして0:04発の博多~対馬厳原港行は通常運航と決定!(´ω`人)
これでなんとか対馬へ行けることはできそうです。
自分にとってはこれが「気持ち遣唐使」です。

kokkyoumara (3)
博多港よ、さようなら、再びその土、踏めるや否や・・。

kokkyoumara (2)
誰もいない二等室・・(冷汗)&(冷笑)。おいらの傘とバックがポツン・・(苦笑)。

デッキに出るのは無謀だと判断し(当たり前)、おとなしく船室で仮眠を取りました。
途中、船は予想通りに揺れましたが、なんとか船酔いは免れました・・。
そして午前7:00、無事に対馬の厳原港にて下船。

kokkyoumara (4)
対馬はあいにくの霧雨が降っていました。

しかしこの後天気は回復!、曇りとなったのは幸いとしかいいようがありません。
予約していたレンタカーを借り、計画通りに観光を開始。
マラソン大会は次の日なので思いっ切りの城と史蹟めぐりを満喫です。

金石城→金石城庭園→清水山城→万松院→宗義智公銅像→桟原城→
金田城(城山)→和多都美神社→烏帽子山展望台→対馬藩お舟江跡→池の屋形・・等々。
また後日に順次アップしていきたいと思います!



・・さて、本題はここからになります。
前置きが長くなって危うく話が横道にそれるところでした。

対馬という島は南北約82km、東西18kmもある、意外と大きい島です。
これは北方領土と沖縄本島を除けば、日本の離島で3番目に大きい島、という事になります。
離島だから、といってコンパクトに観光スポットを回れるわけでもありません。

自分が宿泊した厳原の街からマラソンが開催される比田勝の街に移動するにも
シャトルバスで2時間!以上もかかりました。(無料は大変有難かったですぅ・・)
「国境に行く・・」、という気分が味わえましたよ。

kokkyoumara (13)
AM5:45分に厳原港ターミナルを出発。

miuda.jpg AM8:00会場の三宇田海岸に到着。

到着直後は霧雨と風が強かったのですが、スタート前にこれが収まりました。
これにもなにか神々しいパワーを感じたりしてテンションもあがってきます。
しかし、今回のマラソンはゆっくり走るファン・ランと決めてたので気持ちも幾分リラックス。

それより、会場について驚きました。
約3分の1にあたるランナーさんが韓国からいらした方だったのです。
案内板もアナウンスも日本語と韓国語で、勢いだけなら韓国ムード。元気一杯!という感じ。

自分もちょっとした異国に身を置いているような感じで意気高揚。
元気いただきです!(某カレーのCMではありません)
この特長こそ、、国際交流マラソン、国境マラソンである由縁なんですね。

kokkyoumara (8)
「青い海、蒼い空」、・・ではなかったですが、涼しくて、まずまずの天気です。

『半分、青い。』・・って感じでしょうかね。
(スペシャル時事ネタですみません・・)

さ、それではスタートです!(-_-;)

<スタート>

ファン・ランという事と、韓国からのランナーさん、地元の方優先で後方からのスタートです。
皆さんの背中とその先に続くコースを見据えて号砲を待ちます。
ハングル文字が読めたなら、Tシャツの背に書かれた意味もわかって面白いだろうにな・・。

そして拍手喝采の中、スタートです!
いきなりの上り坂と狭い道でのトコトコスタート、ま、これもいいもんです。
日本なんだけどどこか異国情緒があるコースを走っていきます。

tusimapa (1)
「このコース、かなりきついです」、逆にやる気が湧いてきます。

<序盤から1km~7km>

基本的に集落、港、峠、の繰り返しといったロケーションです。
したがって、集落間の峠での長~い上りと下りが順次めぐってきます。
トップスピードで走ると、すぐにバテる、キツイコースとなっています。

最初に通ったのが泉湾、湾内は穏やかで海がとっても綺麗でした。
沿道では島民あげての大応援を受け、嬉しく、元気を貰えます。
美しい景観に癒されながら、対馬を感じながらの爽快ランです。

tusimapa (2)ここでは峠も愛すべき特徴コースとなっています。

<中盤8~15km>

・・多分、この日は涼しかったからいいようなものの・・
梅雨明けの猛暑日だったら・・、文字通りかなりキツイことでしょう。
この区間では歴史的背景を感じながらのランが楽しめます。

雄大な豐湾、豊砲台跡や韓国展望所の近くを通ります。
秀吉の朝鮮出兵の折、名護屋城の中継地点として築城された結石山城(ゆいしやまじょう)、撃方山城(うちかたやまじょう)の麓も通り、国境最前線の地域性が感じられました。

<終盤~ゴール>

大浦湾から山中を通り、比田勝湾に出てくると、再び港ビューとなります。
漁船の灯火(名前がわかりませんが・・)が様々で面白いです。
韓国から見えたランナーさんたちはここの港から釜山へと連絡します。

isaribi.jpg

ゴールに向かって右手には素晴らしい海上風景を見ながらのラン。
この島だけに流れる時間を感じながら、惜しむかのように走ります。
平均ラップはkm/5分16秒、普段のジョグペースと変りありませんでした。

kokkyoumara (7)ラストの下りは猛ダッシュ!でゴールに吸い込まれます!

kokkyoukeitai (7)
結果は1時間51分27秒、ゆっくり走った割にはいいタイムに・・。

kokkyoukeitai (6)国境マラソンに相応しい朝鮮通信使の絵柄のTシャツがカッコいい!

大会の会場はコンパクトで導線がしっかりしていました。
毎年熱中症によるランナーさんが多いらしく、救護体制もバッチリな様子でした。
ゴールしてからのお食事券や温泉入浴券も嬉しい特典です。(お風呂は激混みでしたが・・。)

kokkyoumara (9)
浜にて焼きたて弁当が味わえるのもサイコーでした!

対馬マラソンでは走りながらいろいろな感動をしました。
給水場でのいたわりの言葉とおもてなし、沿道でのあたたかい応援、スタッフさんがたのお気遣い。
海と山に包まれ、そして古代よりの大陸文化とのクロスロードを走ることで、自分なりの対馬を感じること能いました。

できることならまた来たいな・・。
・・でも、その前に家まで帰れるのかなぁ~・・。
目の前に広がる海原を見つめながら。
スポンサーサイト

名水の里・黒部名水マラソンに出場

第35回カーター記念黒部名水マラソン

メイン会場:黒部市総合公園発着
平成30年5月27日(日) フルマラソン(42.195km)コース AM9:00スタート
参加人数:10591名(全種目合計)

好天日和の中、富山県黒部市で開催された黒部名水マラソンに出場してきました。
今回はお友達のY吉さんからお誘いで、迷うことなく「走ろう!」と思いました。
・・「名水」というキーワードに裏切られたことはありませんので・・。

この大会は1984年、第39代アメリカ合衆国大統領ジミー・カーター閣下が来市、
スタート号砲後、参加者たちと一緒にジョギングしたことが語り継がれています。
当時、中学生だった自分もこのことは当時のニュースとして覚えていたりします。

kurobemara (6)次々とランナーさんを運んでくるシャトルバスと素晴らしい黒部の景色。

前日から富山県入りをして、恒例のお城巡りもしてまいりました。
マラソン前日なのに、まともに山城には登れないので(過去の失敗例もありまして・・)
乗用車で主郭近くまで行ける山城と平城に限っての身体にやさしい行程です。

toyamacsl (1)
まずはやっぱり富山城ですかね~。

kurobemara (4)
大会ゲストとして応援に駆けつけてくださった高橋尚子さんと柏原竜二さん。

Qちゃんとは先月、高橋尚子杯ぎふ清流マラソンでお会いしたばかりです。
それと箱根駅伝での『山の神』、柏原さん、目の前で見られるなんてなかなかないです。
前日受付しにいったご褒美みたいでテンション上がりました~\(^o^)/。

kurobemara (1)

・・さて、実はフルマラソンを走ったのは遠い過去に一度きり。
ちゃんと練習をし、満を持しての出場は実質的に今回が初めて、というこになります。
不思議と怖さとか心配・不安といった気持ちがないのは今までの積み重ねがあるからでしょうか。

Y吉さんと一緒に走る、というのもかなり心強い、心の拠りどころとなっているのも確かです。
そのY吉さんと現地で合流、お互いの戦略なんかを話し合い、気持ちも盛り上がってきます。
お互いの健走を祈り、握手を交わして、それぞれの出走ブロックへと移動します。

高鳴る気持ちを静かに落ち着かせ、他のランナーさんたち共に立てる喜びを感じ・・
スタートです!

<序盤>

アップを兼ねるつもりで気持ち遅いかな?ぐらいのペースでの出だしです。
集団の流れに乗るように徐々にいつものジョグペースへと上げていきました。
まだまだ先は長いのです。ゆっくり、ゆっくり・・。

・・と、「あっ!、Y吉さん、見っけ!」見覚えのある後ろ姿にロック・オン!
Bブロックの後方からスタートしたY吉さんとここで再合流。
お互い出足は好調なようで、一言二言会話を交わしながら並走していきます。

<1km~10km>

先ずは1kmラップを安定させるように調整します。
km5分10秒前後くらいが丁度よさそうです。
・・が、しかし、これはハーフマラソンのペース。

今の自分ではこのペースが最後までもつはずはないのですが・・。
沿道からの声援や周囲のペースに釣られている部分もあるようです・・。
ここは敢えてその「流れ」に乗ってしまおう!という感じで走ります。

<11km~20km>

登り基調の続く前半コースですが、体感できるほどの坂道でもありません。
給水施設やエイドも豊富で、他のランナーさんたちと水の取り合い、なんてこともなし。
さすがに名水、というだけあってお水の美味しい事!

白馬岳をはじめとする山々の姿も雄大で顔をさげていると勿体ない気がしました。
途切れることのない沿道からの声援も有り難く感じながら走ります。
中間地点でのタイムは1時間52分、登り基調としてはまずまずでしょうか。

<21km~30km>

しかしながら、ここから先は徐々に厳しいものになってきました。
下り基調になってきているのにも関わらず落ちていくラップタイム。
ラン・ウオッチの表示を頼りに修正していこうと思うのですが・・。

帳尻を合わせようとしますが、徐々に基本的な走力が落ちていきます。
それまで快調かに思えた走りに重みを感じるようになっていきます。
給水場で桶一杯の水を頭からぶっかけていただき、やや復活しました!

27km地点ではQちゃんがハイタッチしてくれました!
おおっ!天使だ、仏様だ、女神様だ!、ここで俄然、鋭気も復活!・・。
・・束の間でしたけど・・。

<31km~40km>

この区間はもうひたすら我慢、我慢の走りになってきました。
日頃の練習で何となく感じる1kmの長さが倍くらいになったように感じます。
周囲には歩き始めたランナーさんもちらほら・・。

エイドを上手く利用して給水と補給を意識して奮い立たせていきます。
ここはみんが苦しい所なんでしょう、もう精神力で勝負していくところ。
残りはいつも練習している距離を切っているのですから、頑張れ!と言い聞かせます。

「日頃は何とも覚えぬ鎧が今日は重うなったるぞや!」
木曽義仲公が吐いた弱音、痛いほどわかる気がしてくるのです。
でも、今は、前へ前へ前へ、これは「炎のさだめ」なのです!(by装甲騎兵ボトムズ!)

<ラスト>

さぁ!、日本海が見える生地海岸へと入るとあと2kmです。
しかしその2kmはとてつもなく長~い道のり、もうヘトヘトになってきました。
美しいはずの景色を楽しむ余裕などなくて、とにかくゴールだけを目指します。

・・色んな思い出が浮かんできます。
・・色んな人の顔が浮かんできます。
そしてもう一人の自分が向こうから見えてきました(気がしました)。

その時、涙で顔をクシャクシャにしていた自分はどうやらゴールしたようでした。
「やった!(泣)、やった!(涙)、やったよ!(叫)」
誰に言うでもない、もう一人の自分に言っているかのような連呼は達成感に溢れていました。

kurobemara (7)

kurobemara (5)
関係者の皆様に感謝!

medarukrb.jpg
結果は3時間48分24秒(ネットタイム)
・・ふうぅ~なんとかサブフォー達成です!(ノ´▽`*)b
3時間46分15秒、という目標にはあと少しでしたが、とても満足です!

kurobemara (8)

自分って、こんなに頑張れるんだぁ~、ってなんか誇らしげに思いました。
そして、Y吉さんも程なくしてゴールロードに入ってきました。
実に清々しく最後まで疾走、やりきった感に溢れた表情で、カッコいいです!。

筋肉痛よりも日焼けした肌の方が痛い!ヒリヒリ~(>_<)。
走った直後の可動範囲の狭い事といったら我ながら情けなし・・。
共に走り切ったY吉さんに心から感謝とお疲れ様を。ご一緒デキてホントに良かった!

それもこれも、全て心地よき疲れと共に・・(*ノ∪`*)

黒部名水マラソンへの体調調整

黒部名水マラソンへの準備

三寒四温、とはよく言ったものです。
特に朝夕と昼間の寒暖差は厳しいものがあり
そこに雨風が重なると、もうどんな服装をチョイスしていいのやら・・。

「ええい!、車に全部積んでけ!」、というのも慎重屋なのか、めんどくさがり屋なのか・・。

jogks (1)いつものジョギングコース、はや夏模様、私の心も夏模様。

そんな中、いよいよフルマラソンへの出場まで一週間と迫りました。
場所は富山県の黒部市にて、宇奈月を折り返し地点とする42.195kmです。
北陸地方のこの時期は、寒いのか?暑いのか?、皆目見当がつきません・・。

今年は2月と4月、2回のハーフマラソンの内容がまずまずだっとことに加え、
その間も「休養日」と「豪雨の日」以外は練習をサボらず続けてきました。
ですので「不安」はありませんが、かと言って「自信」があるわけでもございません。

きわめて「普通」の状態です。(*^_^*)

今回タイムでの目標は?と聞かれたら・・。
「無事に完走することです」・・ではつまんないです。なので・・。
敢えて「3時間46分15秒!」とお答えしましょう!
(「さー、しろ、いこー!」・・てなもんで・・)

自分としては出せない記録ではないでしょうが、それもこれも体調次第。
フルマラソンは練習も体調管理も誤魔化しがききません。
当日は心身ともにベストコンディションで臨めるように整えていきたいと思います。

今回は走友・Y吉さんとも現地で合流してのレースで、とても心強いです!

え?・・現地で合流??
え?・・ということは??
・・そうです、Q太郎さん、前日は越中にて城巡業です、ハイ。

なんせ、「さー、しろ、いこー!」ですから。
(もちろんほどほどにしておきます)

真夏の陽気!ぎふ清流マラソンにて快走してきました。

第8回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン

メイン会場:岐阜メモリアルセンター発着
平成30年4月22日(日) ハーフマラソンコース 第1ウェーブAM9:00スタート
参加人数:11300人(全種目合計)

gifuseiryu2018 (7)

最高気温が30℃に達しようかとする真夏の陽気、ぎふ清流マラソンを走ってきました。
第8回目となる憧れの本大会に念願叶ってのエントリーでした。
エントリー情報等、お誘いをいただいた走友・Y吉さんのおかげさまです。

大会1ヶ月前はお仕事が多忙な期間でしたが、走る時間だけは確保することに努めました。
「忙しい」=「心が亡くなる」、とはよく表現したものです。
そんな時こそ、自分と見つめ合う走る時間の大切さを感じて練習してきました。

今回もY吉さんとの出場、ということで早朝にお迎えにあがり会場へ向かいます。
Y吉さんはフルマラソンで足の膝を痛めて以来、練習に対して少し消極的になっていたようでした。
今回の大会をきっかけにまたスイッチが入ってくれるといいのですが・・。

さすがに一万人以上が参加する大会です。
会場もコースもランナーさんやスタッフさんたちで埋め尽くされています。
大会長の高橋尚子さん、野口みずきさん、川内優輝さん、招待選手の方々・・。

素晴らしい大会を皆さんと一緒に走れることに気分も高揚してきます。
暑さに弱いY吉さん、どうかな?今回も昇天しちゃうのかな?
とりあえず一緒の出走グループにてスタートしました。

gifuseiryu2018 (4)

<序盤>

混雑して進めないのでは?と予想していましたが案外スムーズに流れていけます。
走力レベルでグループが組まれている効果でしょう、出だし快調です。
驚いたのは沿道の応援者の多い事、ブラスバンドの演奏、すごく励まされました。

そして見渡す限りの前を走るランナーさんたち!

マラソンが個人競技でもあり、団体競技でもある、・・そう感じた一瞬でした。
ラップタイムはほぼkm/4分40秒~50秒で安定してきました。
普段なら車で通る道が今日はラン・コースに・・、なんか変な、どこか贅沢な気分です。

gifueki.jpg
4km折り返し地点、黄金の信長公

<中盤>

長良川の川沿いに戻り、川原町界隈の街並みを見渡しながらのラン。
江戸時代に川湊として栄えた古民家を見ながらの心地良いコースです。
沿道の皆さんの応援やおもてなしが嬉しくて、いろいろ口に頂いちゃいました・・。

沿道からの精一杯の応援がとても嬉しくって元気がでました。

そして清流、と呼ぶにふさわしい美しい長良川と雄大な山々の景色。
岐阜に、美濃に生まれ育ってホントに良かったな~。
そして雄々しい稲葉山の岐阜城、素晴らしいロケーションの中を味わい、走ります。

gifuseiryu2018 (1)

<終盤>

長良川の右岸を走ります。暑さはありますが、とても気持ちがいいです。
ここは以前Y吉さんと3時間走を共に走った、まだ最近ですが思い出のコースです。
この時点での辛さやこれといったトラブルもなく、快調に走れています。

そして、高橋尚子さんがコース中央でランナーたちとハイタッチ!

ここでQちゃんとハイタッチしたランナーさんたち、みんなペースがあがっていきます(笑)。
皆さん、元気を貰ったようですね、残り3km、絶妙なタイミングでの激励です!
自分も余力をラストに向かって放出していく準備を整えます。

gifuseiryu2018 (6)

<ラスト・スパート>

いよいよ金華橋に戻り、メモリアルセンターへと向かいます。
最後の最後まで沿道からの大きな声援、励ましが本当に有難かったです。
徐々にペースを上げて腕を振り、脚の幅幅を広げていきます。

競技場の中を一心不乱にゴール目指して駆け抜ける!

ゴール手前で野口みずきさんがハイタッチをしてくれています。
‥おっと・・、スピードが速すぎて、気付いたら通り過ぎていました(笑)。
そして、そのスピードを維持したまま大手をあげてのゴール。

gifuseiryu2018 (9)

gifuseiryu2018 (5)記録は1時間41分48秒楽しい時間でした!。

平坦でとても走りやすかったですし、沿道の方々のおもてなしと声援は最高でした。
長良川と岐阜城、岐阜の名所、ロケーションも爽やか・・。
・・でも、ちょっと暑かったかな?

gifuseiryu2018 (8)
Y吉さんを待つ間、ちょっとつまみ食い・・。

暑い中でも汗びしょになって猛走しているY吉さんを見つけ応援します。
いつも自分に走りスイッチを入れ続けてくださるY吉さん。
走っている姿は実にカッコいいです。いい男というのはやっぱ汗が似合いますね(´∀`*)。

今回の大会で再びスイッチが入ってくれたようです。
早速、次の、そのまた次の出場レースへの意欲を感じる熱いトーク。
それが自分のことのように嬉しい気持ちになりました。

さぁ、次はいよいよ富山県黒部市にてフルマラソンに挑戦です。
今回の疲れをとったらまたゆっくりと走り始めたいと思います。

大会を盛り上げてくださった沢山のボランティアやスタッフの方々、
励ましてくださった方々、共に走ることができた全てのランナーさんたちに感謝いたします。

ぎふ清流ハーフマラソンを走ります!

高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンへの準備

今年二度目のハーフマラソンは地元の岐阜市を走ります。
今回で第8回目となるこの大会ですが、出場するのは初めて。
エントリー枠も半日で定員に達してしまうという、人気の大会です。

エントリー開始直後に気合で申し込みました。
一度走ってみたかったので無事にエントリーできたときは嬉しかったですね。
それと同時に、しっかり練習しないとな、という引き締まる思いにもなりました。

main2018_170924.jpg高橋尚子杯岐阜清流ハーフマラソン大会公式サイトより画像経由

2014年には国際陸上競技連盟(IAAF)シルバーラベルを取得、
2016年には日本のハーフマラソンで初めてゴールドラベルを獲得しました。

多くの方々に愛される岐阜を代表する大会になりましたね。
岐阜出身で大会長でもある高橋尚子さんが掲げる想いとして、
このレースを通じての社会貢献活動があります。

スポーツを通しての社会貢献、自分も賛同し、微力ながら協力できたらな、と思います。
んでもって、やはり地元の岐阜城を仰ぎ見ながらのランも楽しみです。
今回は記録にはこだわらず、「走る喜び」を抱いてゴールすることが目標です。

2018spr (5)
いつものランニング・コースがだんだん春めいてきました。

2018spr (1)
満開の桜を楽しみながらのジョギングはついつい高揚してしまいます。

2018spr (4)今年もまた会えました、いつもの周回コースが華やいでました。

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

対馬にプチ出国してきました。
7月7・8日と対馬国境マラソンに出場しました。
かつてないほどの災害になろうことを予測しなかったわけではありません。
災害に遭われた方々や関係者様方の気持ちを想えば不愉快な内容になってしまうことばかりかもしれません。
未だ復旧の道筋が見えない中でも、どうか希望を捨てず一日を積み重ねて行っていただきたい、と思い久太郎も復旧ボランティアに参加する意を決心いたしました。
何ができるかわかりませんが、少しでもお力になりたい、と思います。
最新登城記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数