FC2ブログ

海部川風流マラソン走ってきました!

徳島・海陽究極の清流 海部川風流マラソンに出場

メイン会場:まぜのおかオートキャンプ場
令和2年2月16日(日) フルマラソン:AM9:00スタート


2月春一番のフルマラソンは徳島県の海陽町での海部川風流マラソン。
徳島県、といっても室戸岬、高知県に近い太平洋沿いの街です。
本州から淡路島経由で鳴門大橋を渡るルートで行きました。

kaifufm (1)
毎回この橋を渡る時は期待に心躍ります。

kaifufm (6)

しかしながら当日は小雨模様。
走っている時間帯は降水確率100%の予報で気分が上がりません。
いい時ばかりではないな・・。イメージ通りにはいかないものです。

kaifufm (5)
フルマラソンだけに「降るマラソン」という自虐ギャグが哀しい。

気持ちを切り替えよう、とアップジョグをします。
・・と途端に降りつける雨、雨・・。
そんな塞ぎ込みそうな気持を明るくしてくれたのがゆるキャラの「ふるるん」でした。

fururun.jpg シューズの色が一緒だね!

海陽町を流れる清流海部川の妖精「ふるるん」です。
頭の山からぐるっと一周して流れる川がチャームポイント。
特技は大きなお腹をふるふる揺らすこと、だそうです(笑)。

kaifufmb.jpg大会パンフとスケジュール・コース表です。

海部川沿いがメインのコースですが2つの折り返し地点があります。
この折り返し地点間のアップダウンは結構キツカッタ!です。
その代わり30kn地点からは緩やかな下りとなっています。

また制限時間6時間というのも割と厳しい・・。
時間的には特に問題ありませんがツワモノ揃いといったランナー対象ですね。

<序盤>
10km地点までは海部川沿いを快走できました。
相変わらず降る雨ですが時折みせる晴れ間もあり。
海部川に虹が架かる幻想的なシーンもありました。

<中盤>
アップダウンが始まりペースが乱れます。
上り坂で削られていき、じわりじわりとペースが落ちていきました。
下りになっても上げることができなかった、というか奮い立たせること能わず。

<後盤>
30km過ぎからはもういつものジョグのペースに落ち着きます。
開き直ってエイドでパンやバナナをかじりながらの御賞味ランに。
時折打ち付ける強い雨で目が開けていられなかったのもありです。

<終盤>
それでも4時間切りのペースメーカーさんを捕捉!
必死に付いていきます。ここまで励ましの声も沢山いただきました。
そして雨の中にも関わらず声援をくれる地元の方々に奮起します。

そう、辛い時こそ笑顔、だったな。

<ラストスパート>
「もう少し!、まだまだやれる!」自分を励まして走ります。
どこからでしょう、ずっと一緒に並走してるランナーさんと笑顔で会話を交わします。
今更ですが自己ベストにははるかに及びません。

でもこれまで頑張ってきた自分の姿が自分の先を走っています。
前身グショグショで格好悪い自分の後ろ姿です。
その後ろ姿に付いていき、気付けば食らいつようにゴールしていました。

kaifufm (7)
記録は3時間57分03秒。う~ん、4時間切れれば良しとしましょう!

雨の中、厳しいコースでしたが「風流」という通り、素晴らしいコースでした。
スタッフの皆さん、沿道の応援の方々、海陽町の自然溢れるコースに感謝!です。
雨、海、港、街、川、山、里、そして虹。どの場面も心に深く残った大会となりました。

kaifiud (1)

kaifiud (2)
走った後のおうどん、伊勢エビの赤だし、贅沢過ぎて美味しすぎて、感激しちゃいました。

ジョグでつないで少し休んだらまた練習再始動したいと思います。
次回のマラソンは5月の群馬県、「昭和村・河岸段丘ハーフマラソン」です。
「弱さ」は「強さ」に変えたい、また練習して頑張ります!!

また出走前に激励を頂きましたお友達の皆さん、とても力になりました。
この場をお借りして厚く御礼申し上げます!
ありがとうございました!!

スポンサーサイト



ドキドキワクワクいよいよ近づいてきました

いよいよ近づいてきました😅

海部川風流マラソンまであと1週間を切りました。
ここにきて寒さが身にしみる冬でございます。
しかし日差しや日中の暖かさに少しずつ新春の足音を感じます。

harurun (3)
春はもうそこまで来ています。蝋梅ともそろそろサヨナラです。

フルマラソンまでいよいよあと1週間。
やるだけの練習はやったつもりです。(1月月間走行距離は300km超え!)
あとはジョグと短いスピード練習で調整していきます。

しかしなんでしょう・・。
いつものことなんですが不安も付きまといます・・。
うまく快走できるかな・・、歩いちゃうかな・・、雨降らないかな・・。(うじうじ)

ま、あれこれ考えても仕方ないです。いつも通りなんですけどね(^_^;)。
この時期は疲労を抜きながら適度な刺激を与えてやるトレーニング期間になります。
マラソン直前の調整法は一人一人違います。

いろいろ試して自分に合った調整法を試していき本番に臨みます。
反省点を次のレースで改善してまたプランを練ります。
この繰り返しの自己管理から効果と実感を得ていきます。

harurun (1)
レース前になるといつも走るコースにもお礼したくなります。ありがとう!

やるだけやってきた!
・・でも途中どうしてもきつくなったら・・。
その時は笑顔!で乗り切ります!o(≧ω≦)o

がんばっちゃうぞ!阿波の城!、じゃない、海部風流マラソン!!
待ってろよ!阿波の城!、じゃない、海部風流マラソン!!
こんなフリ毎回恥ずかしいわ・・。

でも阿波の城でおススメしたい城があったら後々お知らせしたいと思います。
今回はあくまでもマラソンが主ですからね、と自己暗示。・・そして。
いつもマラソン(城)に理解を示してくれる素振りの家族に感謝!

気を付けて行ってまいります!

令和初のフルマラソンに向けて練習中

令和初のフルマラソンに向けて練習中

2020年2月16日、フルマラソンに出場します。
徳島県最南端で開催される「海部川風流(ふる)マラソン」です。
令和初、久し振りのフルマラソンにドキドキワクワクの胸中でございます。

この大会は全国ランニング大会100撰に毎年選出される人気のマラソン大会です。
ランネットなど市民ランナーの口コミによる全国マラソンランキングでも毎年1位に輝きます。
「何がそこまでいいんだろう?、これは走ってみたいな・・」

そんな興味関心がきっかけでした。

・・実を言うと・・。
阿波には行ってみたい中世山城も幾つかありましてね・・。(そっちもかい)
ちょっと遠いけど一度走りに行ってみたい!

ということで、善は急げ、エントリー決定です!(´∀`*)

さて・・。

フルマラソンに出場するのですから練習内容もそれに見合ったメニューになります。
・・といっても相変わらずそんなに特別な事はしていません。
日頃の練習内容を基調にして距離を踏むようになります。

練習ポイントは日頃のジョグやビルドアップ走にミドル走・ロング走を組み込みます。
自分の中ではハーフ~25km走程度がミドル走、35kmぐらいがロング走かな?
これは以前ラン友・Y吉さんからのアドバイスによるものです。

kasen1.jpg

平日にはとても走れないので休日のまとまった空き時間に走ります。
普段走り慣れているコースを飛び出し、普段なら車で行くような所まで走ります。
何かとても新鮮で見慣れた景色が違って見えたりもします。

気合も要りますがスペシャルなランが楽しめます。

でも調子に乗って怪我をしないようにしないといけません。
本番4週間前に25km走、3週間前に35kmを走ります。
練習することで自信もつきそうです、頑張ろっと!

毎年恒例、たじみ健康マラソン2019に出場

たじみ健康マラソン2019に出場

メイン会場:多治見市星ヶ台競技場及び周辺道路
令和元年12月1日(日) 10kmコース AM10:30スタート


2019tjmmsn (2)
毎年見事な晴天に恵まれるたじみ健康マラソン。

令和初の!・・、こういう枕詞もそろそろもういいか・・これからは・・。
消費税率値上げ後初の!・・、これも気分的にどうなの?ということでヤメとこ。
そう!東京オリンピック2020に向かって初の!、これにしましょう!

・・とかどうでもいいのかもしれません。

2019tjmmsn (4)
聖火ランナーがこの街にもやってきます!

毎年恒例の(結局コレ)たじみ健康マラソン10kmを走ってきました。
自分に走ることの大切さ、愉しさ、素晴らしさを教えてくれたきっかけの大会です。
以来今年で11年連続出場ということになります。

この時期いろいろなマラソン大会が全国で開催されますが、ここだけは外せません。
毎年この大会が一年間の集大成であり、また新たなスタートの場となっています。
そして自分の走力を再確認するステージでもあります。

2019tjmmsn (6)アップダウンの激しい難コースです。

・・とかいいながら10月11月は山城登りばかりしていて平日の雨も多く練習不足。
その上大会前日であるにも関わらず山城を4つも登ってしまっている不始末・・。
「調整」ということを全く学んでいない、と同時に「自分らしいや」という開き直り・・。

この相変わらずさ、レースにどう影響してくるのやら・・。

今回もラン友のショーちゃんと同じ区間を走ります。(Y吉師匠は今回お休み)
ショーちゃん曰く「これは(この大会は)自分との闘いだ・・」
う~ん・・、か・・カッコいい・・・。

<序盤>スタート~3km

まずは気持ちを強くするためのロケットスタート!。
最初の1kmは4分切りで先頭集団の仲間入り。
ここで変な勘違いを起こさなければ序盤の組み立てはまずまず成功・・。

しかしやはり上り坂で失速、明らかに昨日の山城登りのダメージが残っています。
やっぱしまったか・・、後悔しても始まらず。
そこで重たい太もも筋肉に向かって言い聞かします。

「城だと思って駆けあがれ!」 
(でもそんな簡単に応えてくれる訳はなく(ノ_<)・・。悪かったよ・・。)

<中盤>3km~6km

2018tajimisou (1)
今年もここにさしかかる、心臓破りの上り坂。

ここでいつも声援をくれる友人むらっちクンの激励あり!
応援の力は効果絶大!パワーエナジーを引き出していただきました。
いつもありがとう!この場を借りて感謝!感謝!

「来年は一緒に走ろうゼ!!」
(しかし返事はない・・(笑))

<終盤>6km~9km

さて、林道コースへと入っていきます。
ここで自分の余力を再確認、疲労度・ペース配分・ピッチ数を相談。
しかしもう半分がむしゃらなのでそんな冷静な分析は無用なのかもしれない。

ここでムチを当てれるかどうかでゴールタイムは確実に変わってくる。
でも今回はやはり圧が下がってしまっている、滝沢先生、現状維持が精一杯です!
「ここで諦めて悔しくないのかァ!!(*`ェ´*)」
(イヤ、悔しくないです)

2019tjmmsn (5)
悔しくない・・。と言えばウソになるが・・。

<ラスト・スパート>

競技場に戻ってきました、スタンドから応援してくれる弟クン。
今回は3kmマラソンで頑張ってました。
ラスト・スパートの駆け時を知らされます。

それではいきましょう!頃合いよし!
加速装置、点火!

今が己との闘いの刻、
一心不乱、乾坤一擲、ゴールに向かってロックオン!!

(昨年の表現を若干変えただけ、この表現以外ない)

2019tjmmsn (3)

そしてコースに向かって一礼!
今年も無事完走できたことに感謝、そして来年もまた来ることを約束。
みんなで健走を讃え合います。

2019tjmmsn (10)
結果は42分48秒、自己ベス更新は程遠し。

しかしながら練習不足の割にはまずまずのキープレコードで良しとしましょう。
前日の言い訳はせず、ここは素直に実力を認めるべしです。
走力がキープできているという確認もできました。

2019tjmmsn (11)
奥方からの頑張った賞?

帰宅すると奥方からのちょっと早いクリスマスプレゼントが。
前から欲しかったナチュラル安眠まくらでした。疲れた体にこれは反則でありまして。
嗚呼、いつも気遣ってくれる感謝すべき存在はこんな身近に・・(涙)。

日々のジョギングに勤しめるのも奥方のお蔭様でございます。
健康管理の食事も有難い気持ちでいただいております。
・・ん?何やら点数稼ぎみたいな文面になってきたぞ・・。

奥方:「私へのクリスマスお返しもよろしくね」

自分:「おおっ!、任せとけ、倍返しだ!!」
(・・くっやられた、つい言ってしまった・・)

灼熱のフル・マラソンになってしまいました・・。

第36回カーター記念黒部名水マラソン

メイン会場:黒部市総合公園発着
平成30年5月27日(日) フルマラソン(42.195km)コース AM9:00スタート

kurobem (1)

昨年、初フルマラソンを気持ちよく達成できたこの大会。
今年もあの感動が忘れられなくてエントリーしました。
正直申しますと、岐阜県の美濃地方からはかなり遠いので迷いますけれど・・。

そんな迷いを吹き飛ばすかのような素晴らしい大会です。
仕事の段取りも調整に調整を重ねて、2日前から現地付近入りをしました。
・・ん?・・、何のために2日も前から?

まぁ、その、あれですよ、城めぐりも兼ねてっていうヤツで(汗)。
(文字は大きいが声は小さいのです)

マラソン大会も素晴らしいのですが、付近の城も実に素晴らしいからです。
今回は新潟方面からのアプローチを試みました。
箕冠城、鮫ヶ尾城、高田城、そして謙信公の春日山城、他にも・・。

城の話はいいとして、今回の黒部名水マラソン、まさかこんな展開になるとは・・。

数日前からニュースで「酷暑になる」というのを聞いていましたが、ここまで暑くなるなんて。
大会当日、現地では、「不調と感じたら勇気ある棄権を」と呼びかけるアナウンスも・・。
練習不足もあって、かなり尻込みしてしまいましたが、逆に気が楽になりました。

よし、やっぱり今回はゆっくり走ろう!、と。

kurobem (27) kurobem (35)
現地でラン友・Y吉さんと合流、黒部の名水で朝からの渇きを潤します。

kurobem (37)
続々とスタート地点に向かうランナーさんたち。こちらも緊張してきます。

こうしてスタートを待つ間にも気温はグングン上昇していきます。
とても5月とは思えないほどの陽気ですが、湿度がないのがまだ救い。
しかし、これは相当厳しいマラソンになりそうです、覚悟してかからねば・・。

kurobem (40)色とりどりのランナーさんたちと壮観なスタートです。
(もうすでに背中が無茶苦茶暑いんですけど・・)

<序盤>

ゆっくりといつもの軽いjジョッグ程度のスタートです。
この陽気です、自分の実力では完走できればよし、といったところです。
「ファンラン」したいところですが、後半はそれどころじゃなくなることも予感しながら・・。

kurobem (47) kurobem (77)

のっけから名水を飲みまくり、頭から名水を被りまくり、シャワーを浴びまくりです。
「体力温存」、とかいいながら、時間をかければかけるほど体力は削ぎ取られます。
一度落ちかけると、建て直しできないのが、夏マラソンの怖い所。

kurobem (75) kurobem (55)

電鉄黒部駅地点のシンボルの大木も今回は仰ぎ見るのに精一杯。
全然余裕がありません・・、まだ10km地点ですよ・・。
気温もドンドン上昇しています。言いようのない不安が芽生えた序盤でした。

<中盤>

kurobem (51)

なんとか辿り着いた中間点・・。「え?これでまだ中間なの?」、という絶望感。
気が遠くなり、ここでトイレに急行することになってしまいました。
かいている汗と補給している水分のバランスがあっていないのでしょうか?。

kurobem (63)

用意されたエイドステーションは全て利用させていただきました。
有難い事、この上ありません、まるで砂漠の中のオアシスに感じるのです。
できればここにずっといて、給食を食べていたい・・。気弱になります。

kurobem (56)

水やスポーツドリンクは勿論、飴玉、オレンジ、ミニトマト、バナナ、梅干しにお寿司!
パンやお菓子、大福餠、どれもこれも全部美味しかったです!
この充実したエイドとスタッフさんたちの声援のお蔭です、

また走る気力が湧いてくるではありませんか!
(次のエイドまで頑張ろう!って・・)

<終盤>

kurobem (59)

終盤といいながらまだまだ30km地点です。
雄大な黒部川沿いを走るシーンになります。
もうすでに歩いているランナーさんたちもちらほら目にするようになりました。

kurobem (60) kurobem (64)
つ・・、ついに35℃かよ!

日陰もなく、背中をジリジリ照りつけるお日様。
こまめに襲いかかる堤防特有の小刻みなアップダウン・・。
もうダメだ。。、何度も諦めかけました。

そんなポキリと折れそうな心を支えてくれたのはボランティアの方のおもてなしでした。
そして「頑張れ!」、「頑張って!」という応援・声援でした。
どの励ましも響きました。沢山の応援をいただきました。

kurobem (68)
ソフトアイスを座って味わいます。傍らには冷やし米粉ラーメンも(笑)。

<ラストスパート>、・・って今回はしません。
(・・っていうかできません!、カラータイマー点滅しっぱなしなんス)

kurobem (70)
ラスト2km地点の生地台場址に辿り着きました!

kurobem (71)

ここで一旦、まさかの城めぐりモードです。写真を撮り、説明版を熟読している・・。
この余裕、いや諦めの潔さ、もう完全に愉しんでいる自分がいました。(3分のロスタイム・・)
特に、生地海岸沿いの地下水は「黒部川扇状地湧水群」として名水百選に選ばれています。

こちらでいただいた「生地の清水」はゴールに近いだけあって格別に美味しかった!

kurobem (80)
そしていよいよゴールが近づきます。

長かった・・。辛かった・・。そして暑かった・・!!

なんとかゴールに辿り着きました。
人間の体ってスゴイです、応援の力ってスゴイです。
タイムは昨年より1時間近くも遅れてしまいましたが、いいんです!

この灼熱の暑さの中を走り抜いた、それだけで充分!
エイドと名水に助けられ、スタッフの方々・応援の方々からも沢山助けて頂きました。
もう、感無量でした。

IMG_0477.jpg IMG_0474.jpg

ゴールした後に完走メダルとフィニッシュタオルをいただきました。
ます寿司やカニ汁、名水だんごも頂きました。
Y吉さんと共に食べるご褒美はとても美味しかったです!
(Y吉さんはこの暑さの中でもキッチリ成果を出した走りで凄かった)

帰りのシャトルバスもとてもスムーズでとても気配りを感じました。
大変暑い中、大会関係者、ボランティアの皆様、市民の皆様大変お世話になりました!
来年はちゃんと練習をして、暑さ対策もしつつ、チャレンジしたいと思います。
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数