テンションをあげて、すもとハーフマラソンに参加

第7回すもとマラソンに出場

メイン会場:兵庫県洲本市五色町周辺
平成30年2月11日(日) ハーフマラソンコース AM10:00スタート
参加人数:1721人(全種目合計)、内ハーフ走者791人
ゲストランナー:高橋千恵美さん(チームミズノアスレチィック所属)

日本列島全体が何年ぶりかの大寒波に覆われる中、淡路島まで行ってまいりました。
雪こそ降らなかったものの、前日は冷た~い雨。
車を出していただいた日向さんとテンションの下がりようは隠せませんでした。

IMG_6590.jpg
前日よりの淡路入りで明石大橋を渡ります。

しかし、次の日のマラソン大会は朝から晴れてくれました。
有り難い事です。この寒さに雨では棄権も考えましたので本当に良かったです。
朝、大会前に洲本市中心街を軽くアップジョッグして戦闘態勢を整えました。

赤レンガの建物が立ち並ぶ洲本市の近代産業遺産の中をジョギングしてましたら・・。

IMG_4722.jpg冬咲きチューリップが咲く中、発見しました!

「ドラゴンクエストミュージアム」が開催され展示会場となった建物・旧アルファビアミュージアムです。

こちら洲本市はドラゴンクエストの生みの親・堀井雄二さんの故郷。
庭園内に「ロトの剣」と「ロトの盾」にスライムが寄り添った銅像があります。(メタルスライム?)
こちらは大人気RPG「ドラゴンクエスト」の誕生30周年記念碑でもあります。

なんだかスーパーハイテンションまで高まかった気になりました。
(ゲーム中では「ためる」コマンドで4段階まであげる必要があります)

IMG_4734.jpg

さて、会場に到着しました。
配車していただいた日向さん、自分が走っている時間は自由時間です。
この後、徳島県に渡り、徳島城に行かれたようです。(いいな・・。)

IMG_4765.jpg
勢揃いした洲本のゆるキャラ軍団。壮観でした。

お天気には恵まれましたが、やはり風が寒い!
受付を済ませて身体を冷やさないように注意しました。
開会式ではしっかり体操して準備運動を行いました。

corse_height_harf_201802132112029b9.gif
マラソンコースは結構なアップダウンになっています。
それほどな標高差ではありませんが前半の大きな峠と後半の波状攻撃。
そして、今回一番の敵は風速10kmの西風!(かつて経験したことナシ!)

さぁ、どうしましょう・・、はやスタートです。

<序盤・前半>(スタート~6km)

下りスタートとなっているので飛ばさずとも自然といいラップタイムになってしまいます。
下りで2km走ったら、今度は登りで2km走って、またスタート地点に戻ってくる、
・・こういったコースははじめてですね。(珍しい)

当然ながらこのスタート地点を再通過する時の声援が一番多かったです。
たくさんの応援をいただいて力みなぎるものがありました。
しかし、ここからはひたすらの上り坂!

先の見えない頂上目指して我慢、我慢・・。

<中盤>(7km~14km)

鮎原地区まで下ってくるとそこからは川沿いの走りやすいコースに・・。
・・なるはずでした。
ここから吹きつられた谷間の強風が強烈!。(体がもってかれる感じ)

ふと周囲を見渡すと同じペースで走るランナーさんと抜きつ抜かれつです。
強風の中敢えて、後続となり風よけになっていただきました。
わかりますよ、後につかれるのっていやですよね。(当然、真後ろは避け距離をおきます)

スミマセン、これも定石の戦略なので・・。

<終盤>(15km~20km)

船瀬漁港がちらほらと見える最高のビューポイントを走ります。
沿道から応援してくださった方々の差し入れなんかもいただきながら走ります。
輝く海面が本当にきれいなコースでした。いいところです。

ゴールに向けてペースを上げていきたいところですが・・。
そう思うほどに斜度がキツくなっていく登り坂。
逆に現行ペースを維持するので精一杯!

ここでもやはり我慢、我慢、なのでした。

<ラスト・スパート>(ラスト1.1km)

IMG_6562.jpg
最後の最後に長い坂道です。

この坂道で加速装置に点火するのはリミッターがかかって、とても無理(笑)。
減速せずに走り切れるかどうか、が今の実力です。
じっくりと確実に走ってきた喜びが込み上げてきた瞬間、ゴールしました。

記録は1時間35分25秒自己ベスト更新できました!。

アップダウンがあったため自己ベストは狙っていませんでした。
風も強くて気温も低すぎでしたから。
そんなに気負って走り込み練習もしていませんでしたし・・。

それでもいいタイムが出せたのは沿道からの少なくとも暖かい声援。
洲本ののどかで美しい景色。(遠くに見えた白巣城?)
それと「ためる」コマンドでテンションがあがったことでしょうか?

➧今回の大会でレベルがあがった!(テレレレッテッテ~♪)
➧今回の大会で新たなスキルを獲得した!
➧今回の大会で小さなメダルを手に入れた!・・気がします。


IMG_4778.jpg
走った後に振舞われた「五色おでん」と「嘉兵衛ラーメン」も最高に美味しかったです。

それでは後ほどここから洲本城にルーラしたいと思います。

スポンサーサイト

すもとマラソンに向けての準備

すもとハーフマラソンへの準備

2018年、今年最初のハーフマラソンを走ります。
場所は兵庫県の淡路島、洲本市の五色周辺です。
淡路島を自分の足で走るのは初めての事なのでとても楽しみです。

main_img.jpg
すもとマラソンマスコットキャラクター、すもポン(母狸)とらんな(娘)です、かわいいな。

親たぬきのすもポンはお腹を打ち鳴らしてランナーを鼓舞!
子たぬきのらんなちゃんは”他抜き”だけに他より一歩抜きんでることが目標!
・・だそうです(笑)。

なるほど~、よう考えましたねぇ。

access_map_l.gif洲本市の北部を周回します。

もちろん恒例の城めぐりもしっかり予定に入っております。
仕事を終えると、家での担当家事を済ませ、ジョギングに出ます。
食事を済ますと淡路の城の研究とレース展開予想をするのが昨今の楽しみに。
(そういや、このブログの更新もか・・)

大会前だからといって、相変わらず特別な練習はしませんし、長い距離も走りません。
経験からですが、特別な練習をしない方が結果がいいからです。
自分の身体と相談しながら自然に走りたくなる、日々そんな環境を意識してます。

それと、自分は身長176cm、普段の体重は63kg前後なんですが・・。
これが本命レース前となると60kgまで体重が落ちます。
しかし、ご飯は育ちざかりの子息らよりもたくさん、美味しくいただきます。

走った後の楽しみは、ご飯が美味しくいただけることでしょうか。

今回は城めぐりの同行、という形で城友の日向さんもご一緒いただくことになりました。
日向さんは走りませんが、その代わり、淡路の山城でヒィヒィいわせます(笑)。
よくもまぁ、こんな自分に付いてきてくださるものです、・・感謝いたします。

相変わらず、「城とマラソン、どっちがメインなの?」と聞かれても
「どっちも」としか、お答えようがございません。

「やってろ」、って感じですかね・・。

小牧市にて10kmレースに出場しました。

第28回 小牧シティマラソン大会に出場

メイン会場:パークアリーナ小牧及び周辺道路
平成30年1月28日(日) 10kmコース AM9:30スタート

IMG_4651.jpg

やってきました、小牧市です。
今年最初のレースの10kmレース・・。
・・なんですが、とにかく寒い!・・のです・・。

寒い中をジャージを着てトレーニングするのはいつものこと、割と平気です。
それがレース用の薄着で走る、となるとてんでダメなんです。
「寒いのと暑いの、どっちが好き?」と言われると暑い方が全然ウェルカムな久太郎でございます。

IMG_4662.jpg
ご覧の通り。お恥ずかしい。(写真提供:Y吉さん)

IMG_4656.jpg
見上げれば小牧山城が。(やる気アップ)

今回はラン友・Y吉さんからお誘いを頂いてのエントリーです。
山国育ちにとって平野部でのフラットコースは走りやすそう、ということで参戦。
寒さを吹き飛ばすためにも入念なアップをしてレースに臨みました。

IMG_4654.jpg
今にも雪が降ってきそうな空模様です。(・・やっぱ寒い)

それでは、スタートです。(・・しかし寒い)

<序盤>スタート~3km

最初は細い道から団子状態でのスタートになります。
これはY吉さんからあらかじめ教えてもらっていたことですので織り込み済みです。
コースの端の見通しの良いコースでペースを作っていきます。

参加人数も多いのですが、皆さん走力がある方ばかり。
しばらく走っても混みこみの団子状態が続きました。
自分より少しペースが速いな、というランナーさんに付いていきます。

<中盤>3km~6km

この辺りまでくると見覚えある景色が・・。
以前小牧・長久手合戦の陣城めぐりをしたエリアです。
小松寺山砦、久保山砦、岩崎山砦・・、思わずよそ見しながらのラン。

そんな余裕があったのかもしれませんが、km/4分20秒以内で走れています。
とにかくペースを落とさないよう、同レベルの方々に付いていきます。
寒さのせいか、あまり汗がでません、給水はパスしました。

<終盤>6km~9km

さすがにフラットなコースです。アップダウンがないのでちょっと拍子抜けなくらいです。
逆に言えばどこでパワーを使い、どこで抑えるか・・。
そんなラン・モードの選択ができずに困惑。流されるように距離を踏んでいきます。

そのため終始クルージングペースになってしまいました。
後で後悔した点が一つあるとしたら、同じペースで9km地点まで来てしまったこと。
時計は見ていましたが、後半のペースアップができなかったことです。

<ラスト・スパート>ラスト1km

そうです、気が付いたらもうすでにゴールのパークアリーナが目の前!
完全にペースアップを緩めてしまっていました。
加速装置に点火できたのはゴールの200m前、遅すぎました。

それでも最後の1kmはkm/3分58秒、
ゴールしたものの余力が残っているせいでしょうか、息があがっていませんでした。
ラストスパート、ちょっとかけるの遅かったようです。

結果は42分09秒(ネットタイム)でした。

タイム的にはほぼ想定した通りの結果でゴールできました。
ただ課題は後半のペースアップですね。ちょっとサボってしまいました。
・・というか練習量も若干少なかったので仕方ありません。

あと、何を言っても言い訳になりますが、やはり寒かったデス(T_T)。

2週間後には淡路島にて洲本ハーフマラソンに挑戦します。
今回の小牧ではいい刺激と課題をいただきました。
Y吉さんと今年のマラソン展開を計画しながら帰路につきました。

Y吉さんの年間計画にも等しい内容には感服するやら呆れるやら。
走るのが好きなんですね~。
自分も頑張って愉しむぞ!、・・そんな気持ちにさせてくれました。

自己ベスト更新、恒例のたじみ健康マラソン

たじみ健康マラソン2017に出場

メイン会場:多治見市星ヶ台競技場及び周辺道路
平成29年12月3日(日) 10kmコース AM10:30スタート
参加人数:1425人(全種目合計)

絶好の天気の中、毎年恒例の多治見市開催のマラソン大会に出場しました。
自分は今回で9回(9年)連続出場になる、楽しみなマラソン大会です。
何故か、ここでは雨に降られたことがない、という相性の良さもあります・・。

tajimimara2017 (1)雪をかぶった御嶽山がはっきり、クッキリ見えました。

・・3年前はここから噴煙があがっていました。
あれから3年が経過しました。
今はただその美しい山容をいろいろな思いで感じ見るのです。

tajimimara2017 (3) tajimimara2017 (4)

今回はラン友・Y吉さんも、もちろん参加。
先週、大坂マラソンにてフルマラソンをサブ・フォーで完走しての凱旋です。
・・すごいです、着実にアスリートの道を歩んでいます。

tajimimara2017 (2)

自分は前回、自己ベストを更新できて42分32秒でした。
今回の目標はズバリ、41分台に乗る、です。
しかし、特別な練習はしてきておりませんでして・・。

tajimimara2017 (6)
ここを41分台で通過したい・・のです。

ただ去年と違うのは参加してきた大会の多さ。
あと毎月の平均走行距離が延びたこと、ぐらいです。
そしていつも自分を引っ張ってくれているY吉さんの熱い思い。かな?

Y吉さんと握手を交わし、お互いの健闘を祈ります。
めずらしくスタートライン先頭に並びます。
トラックの白線が手招きしているよう・・。

それでは、スタートです。

<序盤>スタート~3km

まずはロケットスタートです(笑)。
飛騨神岡では失敗したスタートでしたが最初の800mのみ、と割り切り、行きます。
そして急坂に入る手前で徐々にいつものペースに戻します。

結果この調節は成功、3:51/kmのラップは後々大きな貯金となりました。
登り坂もできるだけ4:20/kmをキープしながらの燃費走法で流していきます。
少し早いランナーさんに「引っ張られる」意識と相談しながら・・。

<中盤>3km~6km

アップダウンが一番激しい区間です。(みんなここが大・嫌・い)
登りは耐えて力を使い過ぎず、登り切ったところからのリカバリーに集中します。
下りも歩幅で稼ぐより、ピッチ走で巡行速度を安定していくことで取り戻します。

このあたり、力任せに走り切るよりはハイブリット走法が効を奏しました。
いつもよりダメージからの回復が早く感じられます。
我ながら戦略的だな、と、ほくそ笑んでしまいましたが、本当の勝負はこれからです。

<終盤>6km~9km

さて、林道コースへと入っていきます。
この区間はちょっとしたクロカンコース、同じペースで走るより
起伏を味方につけて下りでは引力を、上りは頂上を目指す喜びを、愉しみます。
(その時は決して愉しくなんかなく、余裕も無いのですが・・)

ここでもストライドは抑え、あくまで早いピッチで「前へ出る」意識を常に持ちます。
・・先程の美しい御嶽山が見えてきました!
あと、1km半!自分なりの走りの軌跡が見えてきました!

<ラスト・スパート>ラスト1km

競技場に戻ってきました、「なんだかイケそうな気がする」
そう思った瞬間、自分でも早めのラスト・スパートをもう駆けていました。
加速装置、点火!

今が狂宴の刻、
今が恰好つける刻、
今が己を越える刻、
うねりとなってゴールへ駆け込むべし!


tajimimara2017 (10)
念願の41分台!46秒(しろ)とはまたご愛嬌でした!

Y吉さんもたじみマラソンでは最高記録をたたき出しました。
Y吉さんの練習成果が反映されていく様は、素晴らしい、の一言です。
もちろん、当のご本人が一番嬉しそうで、こちらもその笑顔をみると嬉しいです。

tajimimara2017 (9)
・・という訳で、すみません、ドヤ顔してます。(未熟者め)

年内最後のレースを目標達成で終えられたことはとても満足でした。
ご一緒してきたY吉さんと今年のレースを振り返ってみます。
・・たくさん走ってきましたね。

来年も健康に留意してたくさん走り、駆けましょう!

「30kmの壁」を突き破る!

ぎふ清流レクリエーションフェスティバル・マラソン大会に出場

メイン会場:長良川公園・高橋尚子ロード
平成29年10月15日(日):3時間走 AM9:30スタート
参加人数:556人(全種目合計)、内3時間走者:316人

seiryuu3h (5)高橋尚子さんの金メダルシューズを型取ってあります。

seiryuu3h (4) 憧れの高橋尚子さん、Qちゃんコースを走ります。

天高く、晴れ渡る穏やかな秋空の下・・。
・・といきたかったのですがあいにくの小雨日和でした。
長良川公園にて3時間走にチャレンジしてきました。

seiryuu3h1 (3)

今回は来る島田大井川フルマラソン(静岡県)を見据えてのトレーニングの仕上げです。
いわば、練習の成果を試すテストマッチ、といったところでしょうか。
本番2週間前、という絶妙のタイミングでいい刺激になりそうです。

seiryuu3h (8)金華山の麓での試し合戦になります。

今回も戦友としてご一緒していただけるのは市民ランナーの鑑、Y吉さんです。
Y吉さんも11月に関西地方の都市型フルマラソンに初挑戦する予定になっています。
いわば、二人とも共通の目標を持った同志、ということになります。

練習大会、とはいえ二人とも真剣に取り組む意気込みです。

seiryuu3h (2)

コースはなんの変哲のない、どこにでも見られる河川敷です。
しかし、自分の住む街にはこのような長くて広いランロードはありません。
こんな広い道を岐阜城を見上げながら走れるなんて幸せだな・・と思うのです。

seiryuu3h (3)

seiryuu3h (6)コースは長良川公園の堤防の下。

長良川右岸沿いを往復5kmのコースをひたすら周回します。
仮に時間内に30km走るのが目標ならば6往復する、といった感じです。
さすがに岐阜城のお膝元でも飽きてしまいそうですが、どうなることやら・・。

<序盤>(スタート~10km)ゆっくりな出だし

ウォーミングアップを兼ねてゆっくりめで走りだします。
Y吉さんとおしゃべりしながらのお気楽気分ですがあくまでレースペースを意識。
ペースを設定し、維持することに専念します。km/5分20秒がいいペースかな?

<中盤>(11km~20km)ペース維持に専念

ほぼ同じペースを維持しながらコツコツと距離を踏んでいきます。
Y吉さんもほぼ同じペースで並走。「なんだか安心するなぁ。」
このペースはハーフマラソンペースよりゆっくりなのでまだ余力があります。

<終盤>(21km~30km)まだまだ余力が

25km以上を連続で走るのは未体験ゾーンになります。
同じペースで走っているようでも少しずつタイムが遅れていきます。
水分補給を止まって飲むのも影響してるかもしれません。

<ラスト20分>(31km~34km)

とりあえず、30kmを2時間40分で走れています。一安心です。
ここまで疲労も少なく、気になるトラブルもこれといってありません。
「30kmの壁」といいますが、余力を抑える気持ちが効を奏しています。

seiryuu3h1 (2)

結果:3時間走で約34km(フルマラソン完走距離まであと8km)
平均ペース:km/5分18秒

時間が許せば42.195kmを走ってしまいたい、と思いました。
Y吉さんはランウォッチの調子が悪く、途中でバッテリー切れしたようです。
しかし、凹むこともなく、充実した様子でゴールしてました。

なんとなくフルマラソンの疑似体験をできた貴重な練習大会でした。
もう少しペースを上げていたら或いは終盤オーバーペースになっていたかも・・。
ちょっと遅いかな?くらいがちょうどいいペースだとわかりました。

seiryuu3h (7)
スタッフの皆さん、雨の中、本当にありがとうございました!

seiryuu3h (10)
こういう輩には近づかないようにしたいものです。(写真提供:Y吉さん)

seiryuu3h (1)しまだ大井川マラソンinリバティの案内が届いてきました。

さぁ、これでちょっと自信がもてました。・・楽しみです。
人生初のフルマラソンに挑む準備は整いました。
あとは当日までに筋力を落とさず、疲れを抜きながら万全な調整で挑みたい、と思います。

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、間もなく開設以来、2年を迎えようとしております。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

紀伊への城歩き
お正月のお休みをいただきましたので2日間和歌山県のほうへ城めぐりに行ってまいりました。
ある程度の予習をしての紀伊国入りでして、いろいろな城址を見学してまいりました。
今回で3回目の紀州訪問ですが、西紀州は初めての事です。
紀伊の山城って残念ながらあまり知名度ないんですよね・・。
理由は(想像ですが)恐らく他の国のように強力な有力大名が現れなかったのが一因しているでしょう。
しかし、訪れた城跡の中には「これほどの山城がなぜ名も知れず隠れているのか」という感動もありました。
・・ごくごく簡単ではございますが、記憶が新しいうちに随時更新していきたい、と思っております。
最新登城記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数