美濃 御嵩小原城 🏯山中に完在する最前線の城の姿

美濃 御嵩小原城 (岐阜県可児郡御嵩町小原・西山)

今記事では前回の公約どおり、御嵩町の小原城を取り上げていきます。
お隣の加茂郡にも小原城(白川町)が存在しましすので御嵩小原城、と表題しました。

「かくも素晴らしい遺構が残っていたのか・・。」
それがこの小原城に抱いた第一印象でした。

前回の御嵩城は可児川沿いの街道筋に備えられた場所に築城されました。
対して、ここ小原城は旧中山道に近い山中に構えられています。
静かな里山といったやや奥まった集落に位置しています。

minoobara1.jpgなだらかな山容は、城の存在雰囲気を感じ取れない山容です。

御嵩町の観光パンフなどには簡単な説明と位置案内はあるものの・・。
現地へ行ってみても案内標識などは一切ありません。
まずは目印となる白山神社からの登頂を試みます。

minoobara (34)
いきなりの石階段(汗)。白山神社参道を登っていきます( ̄^ ̄)ゞ。

minoobara (33) 
どこか懐かしい匂いと風景だったりします。(*´∀`人 ♪

minoobara (31)
白山神社本殿に到着しました。

中南米の遺跡のような石組み様式にも感じられる見事な祭壇です。
神を崇めるそのルーツにはやはり共通点が感じられるものですね。
ちょっとおススメできませんが左脇からかすかな道を辿ってヤブ漕ぎ登っていきます。
(道はなくなる寸前状態・・)

minoobara (19)
尾根を進むと堀切がお出迎えです。

堀切は両端が竪堀となって尾根を分断しています。
城域に入ったな、と感じられるわかりやすい遺構です。
しかし、その奥にはさらに大きな堀切が待ち構えていました。

minoobara (18)どうやら二重堀切となって行く手を遮っているようです。(゚△゚;ノ)ノ

山頂方面側の切岸も鋭く、容易な登攀はできません。
後で歩き回って気付いたのですが、ほぼすべての尾根筋には堀切がありまして。
そして、それに連動するような曲輪、武者走りなどが確認できます。

minoobara (12)
途中で見られる腰曲輪、直下には竪堀もみられます。

さすがに手付かずのガサ山だけに撮った写真も訳わからず(笑)。
比較的わかりやすいかな、と思われる写真だけを掲載したいと思います。
まぁ、それが遺構を今現代まで残し伝えてきた理由ともいえますから。

むしろ感謝したいくらいです。
(正直、山中での竪堀群の写真は特にムズいです・・、自分の目で見るのが一番!)

minoobara (4)
主郭の本丸部と思われるピークに到達。

若干、手入れがされているようです。他所と比べると見通しがききます。
後世のと思われる石柱が2本立ち、ここが本丸部と思われます。

minoobara (27)
神武天皇遥拝所です。

1940年(昭和15年)は神武天皇が即位した皇紀2600年にあたる年でした。
日本国内で様々行事が行われ、11月10日には国をあげての大式典が執り行われました。
全国の神社はそれにあわせて神武天皇の陵墓である橿原神宮に向けて遥拝所を作りました。
これらが現在でも全国の多くの神社に残っていたりします。

・・豆知識でございます。( ^ω^ )

minoobara (24)
こちらの無銘の石碑は何を意味しているのでしょう?

・・城址を示す石標なんでしょうか(でた、危険な思い込み)
いずれにせよ、城山が戦前までは人々の出入りがあったことを示しています。

minoobara (7)
主郭南端部には櫓台と思われる一段高い空間があり・・、

minoobara (8)
さらに幅の広い土塁状の高まりで仕切られています。

この主郭部は見学しやすく、見下ろす形で全体の構造を把握できます。
派生した尾根や連絡する曲輪などをじっくりと調べていきます。
残念ながら眺望は木々で得られません、地形図で想像するしかないか・・。

minoobara (15)主郭部と腰曲輪を分かつ、高くはっきりした切岸の様子です。

minoobara (16)
主郭部と尾根筋の間に備えた大竪堀。

本来、断ち切るべき尾根を掘り切らず、側斜面に竪堀を備えます。
広場を設け、明かに城の尾根筋との連絡を容易にする意図がみられます。
それはこの城が背後からの攻撃を想定していない縄張りである、ともいえます。

図面の方がわかりやすいと思いまして掲載します。

m-obaranbz.jpg

攻撃が想定される南西筋と南東筋には周到なハノ字形竪堀と曲輪の連動配置がみられます。
図面に落とすと実に規格的な配置であるように思えます。
こういった近隣には見られない遺構は外部の勢力による築城を想像させます。

では具体的にはどの勢力なのか?興味深々です。
地元の伝えや近年の研究からは甲斐武田氏系の前線城砦ではないか、とみられています。
岩村や苗木を手中にした武田軍が織田軍の備えに対して仕寄った城、という見方です。

城主には小倉織部の名が伝わっています。

小規模ながら張り巡らされた防御遺構が武田氏系と類似している点。
御嵩城方面には特に周到なのに対し、兵站確保口(木曽川方面)にはそれが見当たらない。
小倉織部なる人物が在地性不詳であること。

こういった理由も武田氏築城説を後押しするものです。

もしそれが事実だとしたなら・・。
武田氏先遣隊は織田氏の部将、森氏の兼山城のすぐ間近にまで迫っていたことになります。
・・となると東美濃は、岩村城方面からとの2方面からの侵攻を受けていた可能性も・・。

なんだか信長公の背中がゾクゾクしていた様子が伝わってきます。
この城が武田軍の東濃侵攻の足取り・作戦目標を明らかににする貴重な遺構なのか?
そう考えると皆さんもゾクゾクしてくるのではないでしょうか。

minoobara (35)小原城を御嵩方面の南西側から見ますと・・。

冒頭の写真、のどかな集落の里山姿とは違います。

最前線の城砦としての重々しい雰囲気をまとった山容に見えてきます。
スポンサーサイト

美濃 御嵩本陣山城 🏯消滅した遺構が惜しまれる・・

美濃 御嵩本陣山城 (岐阜県可児郡御嵩町御嵩南山・本陣山)

前回は御嵩権現山城を取り上げてみました。
今回はもう一つの御嵩城、御嵩本陣山城(以後、本陣山城)のほうを見ていきましょう。
一般的に御嵩城、というと城址碑と展望台のあるこちら、本陣山城の方が知られています。

honnjiyama (16)国道の東からは両城址が重なって見えます。

ただし、現地の説明版にも書かれている通り、両城を合わせた呼称が御嵩城だということです。
本陣山城にはあって権現山城にはない「御嵩城城址碑」の理由はここにあるのか・・。(一人納得)
それならそうと権現山城にもその説明版があってもよろしいのでは?(しつこいか)

honnjiyama (1)

本陣山城に関しては前回の記事、御嵩権現山城にて触れました。
ほぼ同じ歴史を辿った城、だともいえますが、同じ地区に2つの城。
それぞれに意味をもった別々の目的があったことは想像できます。

honnjiyama (13)
周囲は団地となり、城の尾根裏はすっかり壊変されています。

昭和後期から平成初期にかけての造成工事がなされました。
自分がまだ高校生だった昭和60年代にはすでに背後の山は削り取られていました。
友達と自転車で見に行った時はショックでしたね・・。(しかも立入禁止時期)

honnjiyama (3)
ご覧の通り、ヘリポート並みの広場が確保されています。(意味あります?)

honnjiyama (5)登り口には城址碑と説明版が立てられましたが、これも傷んできてます。

honnjiyama (12)
王宮に上るようなスロープですが、砂利道ではね・・(T_T)。

honnjiyama (7)
登りきると広い曲輪に到達します。手入れはされていますね。

スロープと階段を登り切ると、かつての曲輪が公園となって眼前に広がります。
この曲輪は中央辺りに堀切が存在し、2つの曲輪で成り立っていました。
しかし堀切はすでに失われ、その痕跡ももう解りません。
(平成初期に来城した時はかろうじて確認できた記憶ですが・・)

honnjiyama (8)
御嵩城の鉄筋製展望台。

この展望台のある曲輪の南下、両脇には僅かに堀切の痕跡がみられます。
しかしそれも「言われてみれば・・」という程度のもの。
これでは曲輪自体も大きく改変されている、とみるべきなんでしょうね。

honnjiyama (10)
展望台より主郭の本丸先端部を見下ろします。

honnjiyama (9)
展望台からは御嵩町の町が隅々までよく見えます・・、と言いたいのですが・・。

実際はこちらの風景が何とか木々の間からのぞけるだけです。(ちとがっかり)
かつては自慢だった360℃展望も木々の手入れができないとこうなります。
・・いかんな・・、どうしても辛口な意見になりがちで・・(ノ_<)。

honnjinnyamanbz.jpg

本陣山城は「本陣山」が転訛して「ホンジ山」と呼ばれるようになりました。
いつの時かこの城が一方の本陣となり戦いが展開されたのでしょう。
権現山城との関連性を合わせていろいろ考えてみると面白そうです。

伝説の通り、森長可の策にはまった小栗信濃守によって急造されて落とされた城、と片付けられるのはいかがなものでしょう?。
両城は交通の要衝であった御嵩を押さえる、という共通点があるにせよ、
別々の勢力によって使われたのかもしれませんし、使われた時期も差があるのかもしれません。
もちろん、両城共立の上で敵勢力に対向した場面もあったかもしれません。

今となっては失われた遺構が多すぎる本陣山城。
手掛かりとなる検証材料が少ないのがなんとも残念でなりません。
だからこそ遺跡地区の開発は慎重を要していただきたい、と願う者です。
(地元民の憩いの場所となる、というのは大歓迎なんですよ)

honnjiyama (17)

・・ただ、
この御嵩城に対抗して構えられたのでは、と思われる城が御嵩町小原地区に存在します。
そこには正直、自分も驚いた遺構が山中に存在したのです。

次回、小原城と御嵩城との関係を取り上げてみたい、と思っております。

美濃 御嵩権現山城 🏯白蛇の降らす霧に守られた霧隠城

美濃 御嵩権現山城 (岐阜県可児郡御嵩町御嵩城町・権現山)

9月になって朝夕が急に涼しくなってきました。
日中はさすがに残暑が厳しいのですが、木陰ではひんやりした風が吹き抜けます。
山城の季節がやってまりましたね。

今年の春に御嵩町にある御嵩城を訪ねてみました。
遠征やらマラソンやらで延ばし伸ばしになってしまった地元の城を取り上げます。
郷土の英城たちにスポットを当てていきたいと思います。(やっとここまで来れました)

・・さて、「御嵩城」、というと地誌や口碑などから2つの城が存在します。

1つが、権現山山頂とその一帯に築かれた、御嵩権現山城
そしてもう1つが、「ホンジ山」と訛って伝わる、御嵩本陣山城です。
一般的には展望台が設けられた本陣山城のほうを御嵩城、と呼んでいるようです。

mitakegongen (35)
可児川に面した2つの御嵩城、両城の距離は約500mと至近距離。

これだけ離れていると居館と詰め城、という図式は当てはまらないような気がします。
つまり、本城、支城の関係にこそあるにせよ、別城同士である、といえそうです。

mitakegongen (34)
北東からみた権現山城が今回取り上げる御嵩城です。

mitakegongen (3)
御嵩権現山城は金峰神社とふれあいの森として整備されています。

車で南側の駐車場まで行くことができフリーで利用できます。
残念ながら城址であること示すような標柱や案内板は設けられておりません!
そこはちょっと反省して改善していただきたいものです・・。

mitakegongen (30)
可児川方面から徒歩で登りたい方には遊歩道もあります。

時代によってはこちらの道が大手道だった可能性もあります。
後でのべる、二の郭と出丸の間を通り抜けるコースだからです。

mitakegongen (4)
主郭本丸へと続く急階段を登っていきます。

駐車所から北側の山が本丸と呼ばれ、こちらから見学していきましょう。
中学校の部活の時にウサギ飛びをやらされた自分にとってはあまり見たくない急階段。
しかし、差し込む光の向こうに本丸が待っている、となるとブーストアップするのです。

mitakegongen (22)

mitakegongen (18)
主郭本丸部に相当する金峰神社には広い削平地があります。

ここに城址碑があったら最高なんですが・・ね。

mitakegongen (32)
裏の奥にかけて本殿が置かれています。

mitakegongen (1)
掲げられた、龍に注目。ねじり木を上手く利用して彫られています。素晴らしい秀作。

mitakegongen (7)
本丸からは御嵩街道筋や小原方面まで見渡すことができます。

mitakegongen (9)
本丸周囲の切岸は特に斜面が鋭く仕上げられています。

木につかまって昇り降りするのがやっとの急斜面。
本丸の周囲には少し下ったところに複数の腰郭が確認できます。
侵入が危ぶまれる東側から南側にかけてには土塁が伴う郭が備えてあります。

権現山城には南に出丸、と呼ばれる遺構もありますので向かってみます。

mitakegongen (31)
本丸と二ノ丸をつなぐ部分には土塁で塞ぐような喰い違い虎口もみられます。

mitakegongen (10)
本丸の南郭との間の堀切から~の竪堀へ。

mitakegongen (13)
こちらの南側の郭には端部にコの字型の大土塁もあります。

mitakegongen (16)
冒頭で記した大手道らしき道はこの底間へとあがってきます。

先程の大土塁を備えた南郭と出丸の間、直下を通ることになりそうです。
この場所にはおそらく城門や木戸が構えられていたことが想像できます。
そして、この場所が出丸との連結部となる重要な地点となっています。

mitakegongen (17)
本丸部と出丸部をつなぐ連結部を示す案内。

それにしても「本丸」や「出丸」という案内表現を使っているということは・・。
ここが城址、という認識がある、ということでしょう。
・・何故に城址碑を立てないのでしょう?(しつこいですが・・)

mitakegongen (23)
見学しやすい出丸郭と、20メートル以上に及ぶ土塁が見事です。

mitakegongen (25)
斜面には畝状竪堀群がみられますが、う~ん、写真では上手くお伝えできましぇん・・。

主郭部と出丸部だけでも城域の広さがわかります。
公園化や住宅地造成で破壊された部分も含めればもっと広かったのでしょう。
出丸の南にはまだまだ遺構があった模様です。

御嵩城は城主を小栗信濃守としています。
信濃守は天文21年(1552)、甲斐武田氏の臣・平井頼母らと岩村遠山氏と一戦を交えます。
しかし敗退し降伏。以後武田氏に属する事になったといいます。

また地元の伝承によれば・・

小栗信濃守は御嵩権現山城に拠って兼山城の森長可と度々争ったようです。
しかし、城が危うくなると城山の麓の井戸に棲む 権現の使者、白蛇 が霧を降らして城を隠し守りました。
さすがの鬼武蔵・長可も攻めあぐんだようです。

そこで・・長可は奇計を巡らして、城主小栗氏に新たに西方の本陣山に新城を築かせます。
しかし、この本陣山城も完成直前に長可に攻め寄せられ、ついに落城してしまったそうです。
当然、神通力の加護は得られませんでした・・。

「これが長可殿のやり口かぁー!!」

また天正2年(1574)には、明知城救援に向かう途中に織田信長・信忠親子はこの城で宿泊。
恵那郡の武田勝頼勢の状勢を把握したようです。

小里城(瑞浪市)と鶴ヶ城(瑞浪市)が東濃口の最前線であったように、
ここ御嵩城(御嵩町)と兼山城(可児市)が中濃口の要であったことが想像できます。

それにしても森長可は一体どういう条件で信濃守の退城を促したのでしょう?
信濃守に限らず、似た内容で城を明け渡すよう迫られた城主は他にも伝わります。
それは誰でしょうか?、・・追ってまた記事にしたいと思っています。

城址碑がなかったので(まだ言う)、自作の図面を転載してみたいと思います。

mitakezumen.jpg美濃 御嵩権現山城縄張り図 作図:久太郎



プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、開設以来、3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

24時間戦えますよ
今年のゴールデンウィークはなんとか2日のお休みが取れました!
一日は久しぶりに家族全員にて本格アスレチックとテニスで汗を流しました。
もう一日は弟クンと丹波地方へ城めぐりに行けました。
渋滞を避けるため前日の夜から出発し、現地では早朝から山城を立て続けで攻め登ります。
4つの山城と2つの平城の見学をして帰宅したのは深夜12時。
次の日はいたる所が2日分の筋肉痛・・。
24時間戦えますか?と聞かれたら・・。
城のためなら(なんとか)戦える久太郎でありました。
最新登城記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数