FC2ブログ

大和 多聞城 🏯松永弾正久秀殿に逢いたくて・・その②

大和 多聞城 (奈良県奈良市多門町・多聞山・現若草中学校) 
【年末恒例・城友さんと行く年納め城めぐり紀行その⑥】

yamatojijyo (145)
平山城でも低い部類に入る多聞(山)城。

永禄3年(1560)に松永久秀によって築かれた多聞城
松永久秀の大和支配の拠点の一つとして有名な城です。
有名な理由として、多聞櫓の由来となった城、いうのも挙げられます。

・・ご存知だと思いますが・・。
「多聞櫓」とは、城内の宿舎長屋を櫓としても使えるよう石垣端に建てた施設。
後の城郭建築に多大な影響を与えた画期的な建築技法となっていきます。

yamatojijyo (141)近年に設置された案内版が詳しいです。

ルイス・フロイスによりヨーロッパにも、城の天守風建築物の様子が伝えられたといわれます。
日本の近世城郭における天守閣の始まりは、この多聞城こそが先駆建築である、とも。
信長の安土城にも影響を与えた、という話も本当らしい気がします。

yamatojijyo (142)
城跡は若草中学校の敷地となっています。

無断での校内散策はご法度のため今回は周囲からのみの見学です。
城の西側は仁正皇太后陵と聖武天皇陵となっているのでここも立ち入りはできません。
部分的にはには遺構が残されているそうですが・・、残念です。

tamonn.jpgこの石碑があるとやっぱり雰囲気が格段に上がります。

元亀三年(1572)、久秀は反・信長包囲網に加わり反旗、多聞城には子の松永久通が籠城します。
しかし、天正元年(1573)甲斐の武田信玄が没して包囲網も破綻。
多聞山城を明け渡すことで信長に降り、信貴山城へと退きました。

信貴山城を見学した後だけに、当時の壮麗な「松永流城郭」を想像したひと時でした。



Ⓖは階段横に城址碑が立っている位置で、手前には案内板もあります。
駐車場は特にありません。

スポンサーサイト

大和 龍王山城 🏯十市氏の築いた南北二城構成の巨大城郭

大和 龍王山城 (奈良県天理市田町・龍王山)
【年末恒例・城友さんと行く年納め城めぐり紀行その⑤】

雨は小降りになってきたものの、雨の山城はやはりキツイもの。
雨があがるのを期待して足を延ばして来たのが竜王山城です。
・・でも願いも虚しく今回は見学断念するしかなさそう・・。

ryuuouyama (19)北城と南城の中間には大きな石碑があります。

龍王山城は標高585.7mの龍王山山頂に築かれ、北城と南城から成る山城です。
、といってもそれぞれが独立した別城といってもいいもいい規模の城郭群。
大和の中でも最大級の中世山城で、大和の有力国人だった十市氏が築城しました。

ryuuouyama (12)

ryuuouyama (14)大和国内でも大規模な巨大城郭。

北城は本丸を中心に周囲に曲輪を配置する縄張りです。
南城は尾根筋に沿って曲輪が一列に並ぶ連郭式の縄張り。
どうやら南城の後に北城が築かれたようです。

ryuuouyama (11)

ryuuouyama (3)ゆっくり見学すれば見所がたくさんある山城です。

以前訪城したこともある城ですので、今回は雨という事で登城は諦めました。
南城からの素晴らしい眺望を城友さんに見せてあげたかったのですが・・。
霧も発生して視界も悪そうなので無理かな・・。

ryuuouyama (7)南城からの眺望は絶景です。(前回時の撮影写真)

主郭からの眺望は奈良盆地が一望でき、その向こうの山脈まで見えました。
空気が澄んでいると明石海峡大橋まで見えるそうです。
こちらの南城にはハイカーの皆さんがよく登られてみえました。

ryuuouyama (5)
南城では主に眺望が楽しめるのがいいです。

さて、一方北城はテクニカルな城郭遺構が展開しています。
ryuuouyama (13)

ryuuouyama (1)
辰巳の櫓跡の下には石積らしきものも見られます。

ryuuouyama (2)堀切など、全体的に遺構が見学しやすいです。

本丸跡の奥には何故か遊具やアスレチック展望台がありました。
また一見土塁に見えたものが実は植木だったりと楽しませてもらえます。
山城探索するのに相応しい一大城郭といえましょう。

龍王山城を本格的な城郭に修築した十市遠忠とはどれほどの人物だったのでしょう。

1540年(天文9年)筒井氏と和睦してからの十市遠忠の勢力は急成長した。
ライバルの木沢長政が討ち取られると、遠忠の勢力は更に拡大、筒井氏の勢力をも凌ぎます。
興福寺から使が訪れるほどの権力者となり、「山ノ城」とも呼ばれました。

十市遠忠は和歌、連歌、書を行い文化人としても名を馳せたようです。
お公家様とのお付き合いが上手だったのもプラスに働きました。
武辺だけでは強固な地盤を築けていけなかった大和特有の巧みさを感じます。

また次回訪城できる機会があった時はじっくりと訪問したいものです。



Ⓢまで舗装林道経由にて車で行けます。(駐車場あり)
Ⓖは北城の主郭部。
✔は南城の主郭部。

大和 十市城 🏯大和四家に数えられる有力国人・十市氏の居城

大和 十市城 (奈良県橿原市十市町)
【年末恒例・城友さんと行く年納め城めぐり紀行その④】

前回の箸尾城とセットで訪問したのがここ十市城です。
十市城は十市氏が鎌倉時代後半から居城した城です。

説明が前回の箸尾城と同じになってしまいますが・・、
十市氏は、筒井・越智・箸尾氏と共に大和四家に数えられる有力国人であります。
これに古市氏を加えた大和武士(やまとさむらい)五強、とも呼ばれたりします。

tooiti.jpg十市城の石碑は箸尾城同様、とても立派です。

筒井城(大和郡山市)と同様に大和における典型的な平城だったようです。
城は、微高地を中心部分(主郭)として広がっていたものと思われます。
・・といっても現在は周囲が水田・畑となっていて、城の遺構は残っていないようです。

toiti (2)
周囲から一段高くなった畑に「十市城址」の碑があるだけ。(でも十分です)

雨の日に訪れたお蔭でなんとなく水堀に浮かぶ郭、のように見えました。
(たくましき想像力!)
以前訪問した筒井氏の筒井城となんとなく似ているな、と感じました。
地割などからある程度の城郭範囲がわかっているかもしれませんね。

十市氏は永享の乱(1438)以来筒井氏らと共に勢力を拡大します。
天文年間(1532~1555)には十市遠忠の代に最盛期を迎えます。
後に東の山中に壮大な山城である龍王山城(天理市)も築きました。
(龍王山城については後日アップ予定です)

幾多の戦乱を経て、天正3年(1575)に織田信長の配下となりました。
宣教師のルイス・デ・アルメイダが十市城主を「サンチョ=イシバシ殿」と報告しています。
十市遠忠は武勇に優れ、歌道(三条西実隆に師事)や書道にも通じる文武両道の武将でした。
その勢力はは遠く伊賀国まで広げたようです。

発掘調査では、東西に幅2m以上・深さ1.5m・長さ80m以上の溝が確認されました。
また、南側の調査においても東西に幅約7m・長さ45m以上の大溝も確認されました。
かなり大規模の環濠城館だったことが窺えますね。

また遺物には、中国製の白磁碗、青磁碗・盤や高麗(こうらい)製の青磁壷などが出土。
当時貴重な輸入磁器を保持できた十市氏の勢力が大きなものであったことが明らかになりました。

戦国期大和には遠忠のような才覚豊かな武将がいたことも知りました。



Ⓖには十市城の石碑が立っています。

大和 箸尾城 🏯大和四家に数えられる有力国人・箸尾氏の居城

大和 箸尾城 (奈良県北葛城郡広陵町的場の周辺一帯)
【年末恒例・城友さんと行く年納め城めぐり紀行その③】

山城を続けて散策した後は箸尾氏の居城・箸尾城址を訪ねました。
箸尾氏は、筒井・越智・十市氏と共に大和四家に数えられる有力国人であります。
これに古市氏を加えた大和武士(やまとさむらい)五強、とも呼ばれたりします。

筒井(つつい)氏が現在の大和郡山市周辺、
越智(おち)氏が現在の高取町周辺、
十市(とおいち)氏が現在の橿原市周辺、
古市氏(ふるいち)氏が現在の奈良市周辺、
そして箸尾(はしお)氏は現在の奈良盆地中央部南寄り周辺にと、

それぞれのテリトリーはおおまかに上のようになります。
戦国期になるとそこに松永久秀様がかき回しに入ってきて泥沼の勢力争いに・・。
大和の戦国史が複雑になる大きな原因となっていきます。

さて、奈良の街中は車で行くには狭くて慣れないと大変なことになります。
・・それは後ほど・・。
城址に行ってみたいと思います。

hasio (3)箸尾城を示す説明版と大きな石碑です。

現在の大福寺から南側にある地域が城の中心部だったようです。
天理協会に対面した道路脇の一角に城石碑と案内板がありました。
箸尾城は、広陵町萱野(かやの)周辺に約220m四方の環濠(かんごう)を巡らせた平城でした。
(かなり広く大きな城だったようです)

hasio (2)

「大和永享の乱」では箸尾氏は越智氏と組んで筒井氏・十市氏らと争います。
永享3年(1431)には筒井順覚によって箸尾城は攻められ落城。
その後、勢力を回復した箸尾氏でしたが、箸尾為政筒井順昭に誘殺されてしまいます。

永禄2年(1559)に越智氏の支援により失地回復した箸尾為綱(高春とも)。
大和へ進攻した松永久秀に与して筒井順慶と戦います。
為綱は、松永久秀筒井順慶に惨敗すると順慶に帰順しますが、
天正8年(1580)の織田信長による大和一国破城令により箸尾城は廃城となりました。

hasio (4)
道沿いの中には堀の址と思われる名残の水路が残っています。

hasio (5)
この木橋はなんとなく雰囲気がでていて良かったので。

箸尾氏は越智氏や筒井氏と共に戦いを繰り返しました。
三好長慶の家臣・松永久秀に味方したり、反旗をひるがえしたり・・。
戦国期の大和は久秀様や信長公にとって付け入る隙がある国だったのかもしれませんね。

箸尾城は遺構はありませんでしたが、大和有力国人の居城です。
その地に来れたことで、箸尾氏一族のの苦難も一緒に感じ取れた気がします。
・・箸尾城の恐ろしさはこの後でした。

この後、狭~い路地を車で突っ込み、まさかの立往生・・。
城友・日向さんに車から降りて頂き、誘導していただきながら、100mのスーパーバック!
なんとか細い路地から無事に脱出できました!日向さん、ありがとうごぜーやす!

・・平然を装いつつも、広い道まで出られた時は体中が冷や汗と脂汗まみれでした。

箸尾城、車での訪問はくれぐれもお気をつけくださいませ。


Ⓖに箸尾城の石碑・説明版が立ちます。短時間なら窪地に駐停車できます。
その先の細い路地には進入しないほうが無難かと・・。(軽自動車ならOK)

大和 高取城 🏯歩くごと雨霧に浮かびあがる日本一の山城

大和 高取城  (奈良県高市郡高取町上子嶋・高取山) <国指定史跡 >
【年末恒例・城友さんと行く年納め城めぐり紀行その②】

前回の宇陀松山城を後して向かったのが高取城です。
高取城は日本三大山城(備中松山城・美濃岩村城)のうちの一城として有名です。
その中でも城下町から約3kmも離れた山に築かれている屈指の山城といえましょう。

高取城は山深い山中にありながら非常に広域にわたっています。
おそらく丸一日あっても全域をくまなく見学することは困難なくらい。
雨の日ともあって、今回は本丸と二ノ丸・三の丸の一部のみを見学しました。
(テンション上げてこ!)

2018nara (22)
混みあっていなければ本丸直下の七つ井戸付近まで車で行けます。(もちろん路駐)

2018nara (23)
七つ井戸は大木の根っこに守られているような石垣造の井戸です。

2018nara (26)
七つ井戸上の石垣は巨大な高石垣が連なります。

2018nara (27)
修復された太鼓櫓と新櫓の石垣。二ノ丸における堅牢ぶりが伝わります。

2018nara (28)
細い部分もしっかり積まれた石垣は崩落しにくいようです。

2018nara (30)石割の矢穴痕が残る高取城の石碑がいいのです。

2018nara (31)
算木積石垣は傾斜角度も揃って非常に美しいです。

2018nara (32)
均整のとれた高さ12mを誇る天守台。なんとなく伊賀上野城を彷彿とさせます。

かつては三層の白亜の天守が建っていたそうです。
多くの櫓や壁・門に囲まれた天空の天守はどんなものだったのでしょう。
巨大天守にはない別の迫力があったに違いありません。

2018nara (36)
おっと、可愛らしい熊さんの本丸への案内です。
(雨の霧の中に浮かぶクマの姿、ほんの一瞬ビビりました)

2018nara (33)
見事な丸太彫の高取城天守閣に城友さんと拍手喝采!素晴しい出来です。

2018nara (37)
さて、いよいよ本丸虎口へと進みます。

幾つもの折れを仕掛けた桝形虎口のオンパレードが始まります。
このアングルは伊勢の松阪城を彷彿とさせるような厳重な虎口になっています。
攻め手の気になってみると「やめてくれ」といいたくなるような・・(笑)。

2018nara (39)
ここが面白い!天守台へつながる隠し通用口?のような狭い通路。

2018nara (40)桝形でもあり食違いでもある素晴らしい虎口です。

2018nara (47)折り重なる虎口の厳重さを表現したくて写真撮りまくり。

2018nara (44)
天守から足元を恐る恐る覗き込む。

危険なため、よその天守台ではなかなかできない時もあります。
自分は城友さんに「雨風にあおられて危ないですよ!」と言われましたが・・。
・・ほんとでした・・。怖かったです・・。お友達の言う事は聞くものです。

そして今回の高取城散策で今一つ興味深々になった遺構がこれ。

2018nara (49)
本丸腰曲輪から北へ降り、吉野郭へと連絡できる唯一の連絡口。

2018nara (51)
内部通用口は急斜面となっていて、なかなか堅固です。幅も1mちょいくらいでしょうか。

こういう遺構に出遭ってしまうともうダメ。ウズウズしてしまいます。
城友・日向さんと何度も昇降を試みる危険なマニア組・再来。(ハマるツボが一緒)
ブーツがずり落ちる程の急傾斜にその使用意図をあれこれ想像します。

2018nara (52)
上から見下ろした写真です。全体図が収まるほど小さいのです。

周辺部を一周してみました。

2018nara (54)本丸虎口群を外側から拝見します。

2018nara (57)
櫓台の石垣の連なりが芸術作品となっているよう。

高取城の本丸は大天守の他に小天守を備え、隅部には三層櫓群を配していました。
絵図によるとそれぞれを多聞櫓(長屋状の櫓)で繋ぎ囲うという壮大な構えだったようです。
石垣だけでも壮観なのにここに建築物があったら、さぞかしのものであったことでしょう。

2018nara (58)ゆるい湾曲を描くラインは見惚れるものがあります。美しい・・。

2018nara (67)高取城説明版から縄張り図を拡大してみました。

かつて家臣団の屋敷があったとされる北の曲輪などにも行きたかったのですが・・。
余り手入れされておらず樹木が茂っており、見学しずらいです。
今回は雨ということもあり、止む無く断念!

2018nara (62)十五間多聞櫓石垣の苔。

雨の日ならではの浮き上がる苔は美しく神秘的、・・改めて日本人です。

他にも魅力的な所がたくさんあるのですが、写真ばかりになってしまいます。
ですからこのくらいにさせていただいて、またいつか再来したいと思いました。
その時はもっともっと見所が増えるような見学がしたいですね。

訪れる季節や気象条件の変化で無限の楽しみが待つ城めぐりです。



Ⓖの七つ井戸直下まで車で行くこともできますし、少し下った所にトイレ付きの小スペースもあり。
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来4年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数