FC2ブログ

摂津 芥川山城 🏯三好長慶の栄光と暗転、義興の悲劇

摂津 芥川山城 (大阪府高槻市腹・三好山(城山))
<通りすがりの河内・摂津の城めぐり・その④>
三好孫次郎義興の旧蹟・芥川山城を訪ねて-

長かった梅雨もやっと・・、やっと開けて夏本番!・・しかし、
猛暑+コロナです。コロナも注意ですが熱中症も要注意です。
走った後はスポーツドリンクと水道水を1:1で合わせて飲んでいる久太郎です。

さて、通りすがりの河内の城めぐりも今回で通り越し摂津国へ。
三好一族の群像に主眼をおいて歩いてきました。
今回は三好長慶の嫡男・孫次郎義興の横顔を思い訪ねてみました。

atgj (1)
三好山を登山の途中道から望みます。(正面写真撮り忘れまして・・)

atgj (16)
麓の塚脇バス停には各説明版があり、ここから登ってみます。

atgj (17)
三好長慶は芥川山城を拠点として各地に出向いていきました。

atgj (22)城は能勢氏・細川氏時代を経て長慶の下で防御施設を拡張していきました。
(現地のイラスト鳥瞰図を転載させていただきます。)

atgj (15)
三好山まで40分、とありますが、道はなだらかで30分程です。

芥川山城は大きく3つのブロックから構成されています。
東曲輪群​と中央曲輪群、そして主郭のある西曲輪群となります。
時間の許せる限り速足ですが見学してみました。

atgj (2)東曲輪法面には大規模な竪土塁が落とされています。

現場には現在獣除けのフェンスが竪土塁状に設置されてます。
しかし、これがなんとなく当時の柵を思い起こさせます。
これでは斜面の横移動進入、完全にシャットアウトされそう・・。

atgj (3)
中央曲輪に続く堀切と土橋もよく残っています。

atgj (4)
しばらく進むと分岐点に小さな字城址碑が。ここを一旦下に降りてみます。

atgj (13)
横目に石垣が見えてきました。

atgj (21)中央部は崩れていますが大規模な石垣遺構があったようです。

芥川山城の大手通は本来この中央曲輪群の下から通っていたようです。
登城途中にこの石垣を仰ぎ見る者は威圧感を覚えたと思います。
こういった石垣虎口跡の構えは飯盛城の遺構とよく似ているなとも思いました。

中央曲輪群はまとまった広い曲輪と腰曲輪で構成されていました。
写真も幾つか撮ったのですが木々の茂みが邪魔してダメです・・。
あと季節がら蚊の大群に囲まれてあえなく退散してしまいました・・。

ここから最高所の西曲輪群へと向かいます。

atgj (11)こちらはキレイに整備がされている西曲輪群。

陽当たりもよく踏みあとと緑が目に優しかったです。
切岸の遺構が確認できて主郭部の全体像が掴みやすくなっていました。
地元の方々による整備の賜物かと思われます、感謝です。

atgj (12)

atgj (7)
広い頂上の曲輪には主郭御殿が設けられたようです。

本丸跡では高槻市教育委員会によって発掘調査が行われました。
礎石跡が検出され御殿的な施設が建設されていたのが確認できました。
軍事施設と共に住居空間も山頂に建設されていたんですね、進んでますね。

atgj (5)
三好長慶を祀っている頂上の祠。手を合わせ訪問できたことに感謝。

atgj (6)石碑、やっぱイイっすね~( ^ω^ )

atgj (9)
少し北には部分的にL字型に土塁囲みを備えた曲輪も。

atgj (8)北西尾根へと続く尾根にも堀切です。
この辺りの遺構は主郭部と同じように整備されてとても見学しやすかったです。

atgj (10)主郭からは大阪平野方面が見渡せます。

三好義興は父・長慶に劣らず智勇に優れた後継者でした。
将軍地蔵山の戦いでは六角氏との闘いで永原重澄らを討ちとる大勝利を収めます。
また摂津での教興寺の戦いでは戦死した叔父・実休の仇である畠山軍にも大勝します。

松永久秀らとのタッグも冴え渡り、三好政権を支えた諸武将たちにも信頼されました。
また豊かな教養人でもあり、将軍義輝や公家達からの信望も厚かったといいいます。
筑前守に叙任、御供衆となり名実共に長慶の後継者として皆に期待された若者でした。

しかし永禄6年(1563)6月に病に倒れてしまいます。
曲直瀬道三らの介抱を受けますが病状は悪化しここ芥川山城において死亡しました。
享年22歳で、『足利季世記』では死因を黄疸と伝えています。

長慶の悲しさいかばかりであったでしょう。
悲嘆にくれ心身にも異常をきたすようになったそうです。
翌永禄7年(1564)7月息子の後を追うように長慶も飯盛城で没しました。

長宗我部元親の嫡男・信親、毛利元就の嫡男・隆元・・などなど。
将来を渇望された世継ぎの早逝は大名に限らず痛ましいですね。
時にその無力感は家の運命を大きく狂わす一因にもなっていきます。

器量人だったプリンス義興の死が三好政権の暗転を決定づけた、といえないでしょうか。



ちなみにですが・・。

同じ高槻市殿町周辺にも「芥川城」と呼称された城址があります。

atgj (20) atgj (19)
どこだ?どこなんだ??、うろつき回って探しまわって、やっと見つけました。

atgj (18)わからんかったがや(*`皿´*)ノ、でも嬉しい探索でした(#^.^#)。

芥川城は芥川氏によって築城されたともされています。
しかしいつごろ築城されたのかは明確に解っていません。
芥川山城の築城後、平時の居館として活用されていた時もあったようです。

しかしながら遺構は殆ど残っておらず石碑と小さな祠が残るのみです。

今回の記事のお・ま・けです・・(*’U`*)。
スポンサーサイト



摂津 有岡城(伊丹城) 🏯荒木村重の摂津経営拠点

摂津 有岡城(伊丹城) (兵庫県伊丹市伊丹2) 《国指定史跡》

摂津の城めぐり、切り上げ所がつかめず、ズルズルとここまできてしまいました。
どの城址もその面影や残し方に特徴があり、訪問先での発見が楽しいです。
今回は荒木村重黒田官兵衛にゆかりのある有岡城を散歩してきました。

今回の摂津の城、先に滝山城、花隈城、兵庫城、尼崎城等を紹介しております。
どの城址もほぼ駅から近い位置にあるので鉄道周りでも面白そうです。
有岡城も伊丹駅の真正面ですのでアクセスはとても便利です。

駅の構内の観光案内所には無料でパンフレットも配布されています。
ちょっと足を延ばして手に取ってみられることをおススメします。

arioka (9) arioka (8)
駅前から先ず目につくのはこんな城の石垣っぽい景観です。城の予感がする・・。

arioka (10)
駅前の陸橋をわたると石碑・その①が置かれていました。

arioka (11)

ここでは主郭部に登城するのに自動階段(エスカレーター)も使っても良しです。
(階段の横に併設されています)
都会の繁華街に何気なく溶け込んでいて明るい雰囲気があります。

arioka (13)城址公園の高台に上がってみると説明版がありました。

小高い台地一帯に有岡城の主郭部の一部が残されています。
有岡城は城下町を城内に取り込んだ惣構えの構造だったようです。
絵図で見ると、かなり広大な城で北・西・南にも砦が構えられていました。

こうなると城郭内の跡をくまなく見学することは・・。
時間の都合上、主郭部周辺しか見学できそうもありません。
今日の所は主郭部周辺だけになりそうです。

arioka (12)
傍らには伊丹之親の歌碑があります。

arioka (14)
土塁の塁線が延びています。

arioka (15)
堀と土塁の様子です。ここはちょっと想像力が要りますが・・その一方で・・。

arioka (1)
南に向かうほど傾斜が増し、堀底が深くなっていく様子もわかります。

空堀が主郭部を半周している様子が掴めます。
市街地化するなかでその様子が公園といて残っているのがいいです。
商店街へと続く通り沿いからも見学することができます。

arioka (2)模擬石垣ですが、迫力に満ちた虎口設計に感動しちゃってます。

arioka (16)
上から見るとこんな感じですね。・・あ、石碑があんな所にも!

arioka (3)階段を登り切ると、荒木村重の人物像が見えてきます。

天正2年(1574)織田信長は茨木城主・荒木村重に命じ伊丹城主・伊丹氏を攻め滅ぼしました。
村重は摂津国守護として伊丹城を有岡城と改名して城の大改修を行いました。
信長の被官として国持ち大名に大抜擢されたのです。

天正6年(1578)播磨国・三木城主の別所長治が信長に叛くと、村重も有岡城に籠城します。
村重の織田信長に対する謀反の理由は、諸説があって今でも定かではありません。
しかし、一度は明智光秀らの説得され翻意し、釈明のため安土城に向かおうとします。

その途中に寄った茨木城にて、家臣の中川清秀からの一言に気持ちが揺らいだそうです。
「信長に一度疑いをかけられた者はいつか必ず滅ぼされる」(かもしれない)的な。
思い当たることがあったのでしょうか、その進言を噛み締め村重は有岡城に戻っています。

後、黒田官兵衛孝高が村重を説得するために有岡城に赴きます。
しかし、官兵衛はそのまま捕えられて幽閉されてしまう破目に。大河ドラマでもご存知ですね。
信長は有岡城を包囲、長期戦に入った天正7年(1579)村重父子は夜陰に紛れて尼崎城へ逃れます。

arioka (4)
本丸内では礎石跡や井戸跡など発掘調査で見つかった遺構が分かるようになっています。

arioka (5)主郭北西部には土塁と復元された石垣があります。

arioka (6)

arioka (7)・・お、忘れることろでした、有岡城の石碑・その②です。凛としてます。

・・そういえばここにきて気付いたんですが・・。
今回の城めぐりの順番、村重父子の逃避行を逆に回っていることに気が付きました(今頃・・)
果てしない逃避行になるのを覚悟で彼は何に手を延ばそうとしていたのでしょう。

有岡城の落城後、信長は池田恒興親子にこの地を与えます。
長子・池田之助が城主となりました。
有岡城はいつしか再び「伊丹城」という名で呼ばれるようになりました。


摂津 尼崎城 🏯再び姿を現した昭和~平成~令和の築城天守

摂津 尼崎城 (兵庫県尼崎市北城内)

幾度となく襲ってくる自然災害と甚大な被害。
いかに抗えない我々といえ、怒りや無念をぶつけることさえできません。
直視するにはあまりにも重すぎて耐え切れない自分もいます。

電気、水道、情報・・、当たり前にあったものが突然途切れてしまう・・。
私たちはそんな事態にどう備え、どんな気持ちで向き合えばいいのでしょう。
想像もできない環境の中で光明を見出すことができるのか、自信がありません。

千葉県南部の方々におかれましては一刻も早い復旧を祈るばかりです・・。

さて、滝山城から始まった西摂津の城めぐり・・。
どのあたりで切り上げようか迷うのですが、やっぱりここは外せません!
平成最後、令和最初、の再建天守・尼崎城に寄ってきました。

amagasaki (1)青雲がお似合い、白亜が眩しい尼崎城天守です。

出来立てほやほや、といった感じの真新しい天守。
高層マンションとの並び姿もここでは逆に絵になっています。
千鳥破風と唐破風の重なり合いがとても美しいと思いませんか?

amagasaki (6)
再建された尼崎城は、天守台部分が1階となる4層5階。

両脇には2階建ての多聞櫓をしたがえています。
外観を意識した装飾的な美しい、安定感のある天守です。
江戸時代となった泰平の世の象徴的な天守建築といえます。

amagasaki (2)
見学しやすいように園内はスロープが備えてあります。

現在の天守が建っている位置や向きは異なります。
しかし、外観は当時の絵図面を元に忠実に再現されています。
天守だけでなく石垣や壁も注目です。

天守は旧ミドリ電化の創業者・安保詮(あぼあきら)氏が「創業地に恩返しを」と発起。
私財12億円を投じて再建し尼崎市に寄付。市民からも2億円近い寄付が集まりました。
尼崎市民と他たくさんの協力の想いで作られた城です。

amagasaki (3)
近くを流れる庄下川は尼崎城の外堀でした。

amagasaki (8)
ちょっと中に入ってみます。入場料は一般・500円ですね。

amagasaki (9)
先ずはエレベーターで最上階へ。平日にしては賑わっていました。

amagasaki (10)
町並みや眼下の曲輪の造りも楽しめます。

amagasaki (11)
これは集め始めると大変なことになりそうです・・。

4階はギャラリーゾーン。尼崎にまつわる展示が行われる予定です。
今回は尼崎出身の城郭画家・荻原一青氏の「名城手拭百城」を展示してあります。
カラフルでカッコいい手拭いがこんなにあるんですね。

自分も今からでも初めてみようかな・・。(←予算考えてない)

amagasaki (12)
3階では無料で試着できる、なりきり体験ゾーンもあります。

当日は自分一人だったのでしませんでしたが、かなりそそられました・・。
家族や友人と来てたら絶対に甲冑なんか着てみたかったですね。
撮影も自由なので次回は記念にチャレンジしたいものです。

amagasaki (13) amagasaki (14)
今回一押しのコーナーはここ!

ゲーム感覚で楽しめる「侍道場」コーナーです。
侍になった気分で無我で斬りまくり、鉄砲を夢中で撃ちまくる。
早打ちもあり、クイズもあります。操作は慣れるまでちょっと大変・・。

これ、できる人はギャラリーから歓声があがりますよ。
自分は「鉄砲体験」をプレイ、結果は「副大将」。
人がいなくなった頃合いをみて始めたのに、いつしか周りは人だかりが・・。

恥ずかしかったけどすごく盛り上がり面白かったですぅ。(なんせ一人旅ですので)

amagasaki (17)
ちょっと周りを散策。櫻井神社に。

尼崎城最後の城主・櫻井忠興公をまつる神社です。
ご祭神は、初代櫻井信定公より十六代忠興公までの十六柱。
境内には築城当初の橋の石杭や礎石、本丸御殿の軒瓦などが残されています。

amagasaki (15)
こちらでは当時の尼崎城の鬼瓦等も見学できます。

amagasaki (18)
二の丸公園では木陰で恒例のコーヒータイムです。

amagasaki (22)
明城小学校一帯が尼崎城の本丸だったそうです。

amagasaki (19)なんと!こちらのグラウンド脇にはもう一つの尼崎城が・・。

学校の壁沿いを歩いていたら校庭にリアルな模型を発見。
なんとかして近くで見たいものだな・・、とウロウロしていました(挙動不審過ぎる)
すると、南正門で職員さんでしょうか?、シルバーのボランティアの方でしょうか?

「さ、中に入ってご覧になってください」と気さくに声をかけてくださいました。
平日の授業中にも関わらずとても親切に見学させていただき感謝いたします。
ご説明では、なんでも昭和初期に当時の職員と児童とで作った尼崎城だそうです。

amagasaki (4)
堀や櫓も再現した縄張りが再現されています。

細部にわたって忠実に再現され、クオリティ高!
地元のお城に対する誇りや憧れ、熱意がビンビン伝わってきました。
ガリバー気分で楽しめ、ついつい何周もして見入ってしまいましたね。

※校内なので訪れる際には、マナーを守って拝観しましょう。
(自分は幸運で見学許可をいただきましたがいつも見学できるかどうかはわかりません)


amagasaki (20)小学校の前の道沿いには力強い書体の石碑もあります。

石碑を立てるがためにわざわざ窪地を設けて立ててあるのです。
こういう扱い一つにもかつての城趾を慕う想いを感じます。
説明板の位置も小学生の目線に合わせて設置されています。

amagasaki (21)尼崎城の絵図が描かれた案内板。

現在の天守は元和3年(1617)戸田氏鉄(うじかね)が5万石で入封し築いた姿。
本丸には2重の付櫓を2棟付属させた複合式四重天守と3棟の三重櫓が上げられました。
城は一国一城令が推し進められる中でも、大阪城の西の守りとして重要視されました。

amagasaki (5)尼崎市民の想いがカタチとなった天守、大切にしていきたいですね。


レ点は再建天守のある尼崎城址公園です。公園内には有料駐車場があります。
Ⓢには尼崎城石碑と説明版があります。

摂津 兵庫城 🏯古代~平安朝からの港に恒興の構想を感じました

摂津 兵庫城 (兵庫県神戸市兵庫区中之島)

「暑さ寒さも彼岸まで」とはいいますが、やっぱりまだまだ暑いです。
「残暑でござんしょ」などと言おうものならヒャダルコのような視線が突き刺さり・・。
それでも胸を張って生きて行かねばならないマイ・ライフです。

さて、・・意外にも「何コレ❓」感で見ていただける今回の摂津の城紀行。
もう少し簡単にではございますがお続けしたいと思うのであります。
今回は花隈城の南近くにある兵庫城にも寄ってまいりました。

shyougo (4)新川運河プロムナード沿いに石碑と説明板があります。

天正8年(1580)池田恒興荒木村重の籠る花隈城を攻め落としました。
その功により信長より兵庫の地を得て花隈城に代わり築いたのが兵庫城です。
しかし2年後、恒興は美濃・大垣城へ転封となり、その後は羽柴秀吉の直轄地となります。

shyougo (3)
新川運河に当時の面影を想起します。

秀吉の直轄地となってからは片桐且元が代官として入城します。
明治時代には兵庫県庁が置かれ伊藤博文が初代知事となりました。
明治7年(1874)兵庫新川運河が作られたため兵庫城跡は跡形なく破壊されました。

shyougo (1)兵庫城に使われたと思われる石材で台が組まれています。

近年の発掘調査では天守台跡とみられる遺構も発見されました。
外堀と内堀が並ぶ「複郭構造」も確認され、堀の間に二の丸があった事も判明。
北側には山陽道が通り、海陸の集散地でもあり交通の要衝でもありました。

shyougo (2)
発掘調査の状況が詳しくまとめられた案内板。当時の規模が伝わります。

兵庫城が城として機能していたのは短い期間でした。
しかし恒興らは信長の天下布武、次の段階を見据えていたことは間違いないでしょう。
古くからの交易地に改めて着目した、と思われます。

shyougo (5)
清盛くんがお出迎え。・・ゆるいです。

兵庫港(現在は神戸港域の一画)は、古代から江戸時代まで良港として栄えました。
背後には平清盛が一時遷都した福原京もあります。
兵庫城は湊川の支流が縦横に走って天然の堀を形成し、前面に湊を持つ「海城」でした。

shyougo (10)
城址地の付近には清盛史跡もあります。ここは住吉神社です。

shyougo (6)あまり知られていない?平清盛公の像もあります。

shyougo (8)
琵琶塚も移設され安置されています。

琵琶と言えば「平家物語」ですが、平経正は琵琶の名手でした。
経正の所持していた琵琶「青山」は三種の神器同様に扱われるほどの稀代の名器でした。
弟の平敦盛も笛の名手として有名ですね・・、経盛ファミリーは芸ファミリーで・・。

・・と、話だしたらキリがないのであとは平家物語を読みましょうね。
(個人的には吉川英治さんの『新平家物語』が愛読書です)

兵庫城は現在の地表面には何も残っていません。
しかし、現地説明版から読み解くに巨大な海城の姿が浮かび上がります。
そこには池田恒興の信長に従い叶えるはずだった今後の展望も読みとれる気がするのでした。


Ⓢ地点には兵庫城の石材で組まれた石積と発掘の様子が写真案内されています。
Ⓖ地点には兵庫城の石碑と案内版が運河に向いて立っています。
レ点地点には清盛塚、琵琶塚、清盛像などが住吉神社内にあります。

摂津 花隈城 🏯巨大模擬石垣の内部は立体駐車場

摂津 花隈城 (兵庫県神戸市中央区花隈町・花隈公園)

「はい、セェ~ツ!」
摂津の城を訪れると必ずお笑いコンビ・はんにゃのネタをシャウトしてしまう。
そんな人おそらく自分だけではないと確信しています。

はんにゃといえば、ボケ担当の金田哲さんは日本史、特に戦国時代にとても詳しいそうで。
三河出身の彼は徳川家康の大ファンで、小学校の自由研究は長篠の戦いだったとか・・。
以外と芸人さんって城とか武将、好きな方多いみたいですね・・。

さて早朝山城登りの摂津・滝山城の次は近くの花隈城を訪問してみました。
荒木村重に逢いたくて」シリーズができそうですが、正直それほど好きではなく💦。
ただ、どんな勝算を描いて信長に反旗したの?に関しては大変興味はゴザイマス。

shanakuma (2)
花隈城址地は現在、地下立体駐車場となっています。

付近には路駐できる場所もないので、迷いなくこの駐車場に入ることになりました。
地下は駐車場、地上は史跡公園となっています。
立体駐車場になった城址って自分の知る限りではここだけではないでしょうか?

shanakuma (1)
模擬石垣ですが、見上げるとなかなかの迫力。

shanakuma (3)
ずっと見ていると、それらしく見えてしまうのが小市民ですね。

shanakuma (7)
通路にはいくつかの折れも設けてあります。

shanakuma (6)
桝形虎口風になっていたり、城址を意識した公園となっています。

shanakuma (4)
天守台風の演出まであります。小振りですが存在感ありますね。

shanakuma (5)
演出天守台からは神戸高速鉄道東西線花隈駅と市街地がよく見えます。

海は高層ビルによって視界が遮られています。
かつては、神戸港と大阪湾が一望できる場所だったことでしょう。
周りを見渡しても高い建物に囲まれています。

shanakuma (10)
南面登り口の案内石板。

永禄10年(1567)織田信長荒木村重に命じて築かせたと言われています。
毛利勢から石山本願寺への補給路を絶つのが目的でした。
また翌永禄11年(1568)に和田惟政に摂津を任した時の築城とも伝わります。

天正6年(1578)村重が信長に反旗を翻したため、花隈城は一族の荒木元清が入城。
しかし有岡城から逃亡した荒木村重は尼崎城から更に花隈城へ逃げ込みます。
池田恒興らに城を攻められて天正8年(1580)に落城しました。

荒木村重は、最終的にここも脱出して毛利氏を頼って落ち延びていきます。
妻子を見捨てて出奔していく村重は一体どんな未来をみていたのでしょう?
村重の謀反理由には明智光秀同様、様々な憶測が推理されています。

shanakuma (11)広場には立派な石碑が立っています。

高さ約3メートルほどの大きな円柱状の石碑です。
円柱状の石碑というのは実は珍しいものです。愛知県では「知立城」が円柱状石碑ですね。
この石碑、平成7年の阪神淡路大震災で崩壊した石碑を復旧したものです。

shanakuma (12)
すぐ西の福徳寺には「花隈城天守閣址碑」があり、この周辺が本丸跡。

まるで天守と城門といったような寺院なのですぐわかります。
周辺を歩くとわかるのですが、付近は小高い山になっています。
城跡の雰囲気は充分楽しめると思います。

shanakuma (8)
こちら駐車場の出口虎口?(笑)、まるで専用駐車場でした。


レ点は花隈駐車場の入口を示します。
Ⓢは城址の花隈公園を示します。
Ⓖの福徳寺には「花隈城天守閣址」の碑があります。

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数