FC2ブログ

宇連ダム見学

宇連ダム(愛知県新城市川合)<豊川水系宇連川>

宇連ダムへ行く前に鳳来寺山に寄ってきました。
お昼をいただいた後だったので丁度よい腹ごなしといった運動です。
さわやかなウォーキングになりました。

IMG_8126.jpg IMG_8125.jpg
新緑がとても鮮やかで風が気持ちいいです。

IMG_1105.jpg IMG_1101.jpg
天まで届くような高い杉が神々しい。階段に気を取られていると気付きませんが・・。

IMG_1097.jpg IMG_1107.jpg
思っていたよりも控えめな東照宮社殿に加え、奥ゆかしい簡素な鳳来寺境内でした。


さぁ、次は宇連ダムへ向かいます。

IMG_8136.jpg IMG_8137.jpg
ダム湖は鳳来湖となっております。「耳かき棒状の先っちょ」状に巻き上げるフォルムとでもいいましょうか。

IMG_8155.jpg宇連ダムと大島ダムのダムカード

近くの大島ダムは無人のため、こちらでは両方のダムカードを戴けます。
なんかとても得した気分ですがダムファンとしては次回ちゃんと大島ダムもいってみようと思います。

IMG_8138.jpg

IMG_8135.jpg中央ラジアルゲートからの吐水が一直線に流れ落ちる。

IMG_8132.jpg
湖の奥に見たこともない魅力的な岩山が。うーん登ってみたい!o(^▽^)o


IMG_1115.jpg湖畔でコーヒータイムしました。

スポンサーサイト



田峰城 🏯本丸御殿等の復元が見事

田峰城(愛知県北設楽郡設楽町田峰)<町指定史跡>
今回の訪問で3回目となる田峰城。
一回目は弟くんと。2回目は奥さんと子供たちと。そして今回3回目は父と母。
よっぽどこの城とは縁があるようです。
というよりこののどかな奥三河の山城の雰囲気が好きなのかも。

IMG_8123.jpg IMG_8122.jpg
駐車場までの道のりは狭いですが駐車場は広くて城址のすぐ近くまで行けます。木橋を渡って城内へ。

IMG_8116.jpg IMG_8113.jpg

長篠での大敗後、武田勝頼を伴い慰労を予定していた城主の菅沼定忠でしたが、留守居の
菅沼定直に入城を拒否され勝頼一行は仕方なく更に北の武節城まで逃れることになりました。
・・稲武町の武節城って・・また結構な距離がありますよ。
勝頼一行の悔しさ、惨めさが思い図れます。

IMG_8101.jpg本丸御殿上段の間。鎧兜が威圧してます。


IMG_8102.jpg田峰城城址碑

IMG_8110.jpg IMG_8111.jpg
復元本丸御殿と大手門。当時の山城の様子がよく再現されています。
IMG_8103.jpg IMG_8107.jpg
物見櫓へ足を運ぶと・・、階段というよりは昇り梯子といった表現です、これはリアルですね。

IMG_8108.jpg物見櫓からの景色。
近くを鷹が飛翔していました。見とれてしまいシャッターチャンスを逃しました。

IMG_8114.jpg

IMG_8121.jpgまた何やら山菜でも見つけたか?

ほとんど貸し切り状態でしたので、束の間の城主気分を味わえました。
足助城や遠州高根城と共にこういった形での中世山城の復元は忠実に
近く、当時の普請内容を理解するのには恰好の望ましい姿だと思います。
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数