FC2ブログ

釜井館 🏯珍しい構造の屋敷城

釜井館(山田城)(岐阜県恵那市山岡町馬場山田釜井)<市指定史跡>

小里川をはさんで和田城のすぐお向かいに釜井館はあります。
どれくらい近いかというと‥。

kamaiyakata (3)これくらい近いんです!(^∇^)

kamaiyakata (5)
居館部に相当するスペースは非常にひろく、館城の様相が色濃く見られます。

kamaiyakata (1)
本丸の東西には高い土塁と横堀で仕切られています。

kamaiyakata9.jpg
”武家屋敷跡”として標柱が建っていますが・・”釜井館跡”ではダメですかね?

kamaiyakata (6) kamaiyakata (7)
屋敷にしては異常なまでの高土塁で櫓台と思われる箇所もみられます(写真:左)。
東側の堀は特に深く土塁と平行に伸びています(写真:右)。

東濃地方では珍しいタイプの遺構配置ですので、どのような領主によって築かれたのか興味深々です。
在地勢力の遠山氏なのか、岩村に乗り込んだ武田勢力によるものなのか・・。
いずれにしてもかなりの勢力をもった者による作事量ですね。

kamaiyakata (2)岩村、明知、小里方面の主要道が交差する要衝に位置しています。

スポンサーサイト



牧砦 🏯釜井館の出城

牧砦(岐阜県恵那市山岡町馬場山田牧)

山岡町史に挙げられている釜井館の支城、牧の砦を訪れてみました。

makitoride (1)牧砦を田園から眺めます。田面に映る小山はいかにも砦です。

makitoride (5) makitoride (8)
すぐ脇を明知鉄道が通っています。のどかな雰囲気で花々も咲くに美しい。

makitoride (7)
牧砦の山を南から。写真中央の南十三組集会所に駐車して登ります。

makitoride (2)
三社宮一帯が砦跡かと思われ、右手の山頂に平地があります。

makitoride (4) makitoride (3)
北に下がった所に曲輪と思われる2段の平坦地があり、腰曲輪か屋敷址と思われます。

釜井館と牧砦は丘陵にはばまれてお互いの姿は直視はできませんが
それゆえに釜井館を補う目的と監視の役目を担ったものだと解釈できます。

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数