FC2ブログ

上手向城 🏯一城別郭?詰め城・館城関係?それとも?

上手向城(岐阜県恵那市山岡町上手向城ヶ峯)

下手向城とセットでこちら上手向城も登ってみます。
下手向城同様、こちらも城山自体は「どれが?」「どこが?」と言いたいほど目立たない山です。
およそ要害とは言えない地形ですが・・。

kamitouge (17)こうして見ても周囲とほぼ同じ高さの平凡な丘陵地です。

上手向城は二つの同規模の城郭が確認でき、お互いの距離はわずか40メートル程。
一方を城ヶ峯、もう一方が隠居ヶ峯(隠居峯)と呼ばれ、いってみれば2つで一つの・・
「バロム・クロス式城郭」です。
・・すみません・・そんな城郭用語はありませんので・・。
ただ言ってみたかっただけですので・・ご容赦を願います(でも、結構気に入ってます)。

kamitouge (19) kamitouge (1)
国道沿いにそびえ立つ一本杉が城址入口の目印です。馬頭観音の碑がある小山の奥の坂道を上がります。

kamitouge (20)
この小山からの岩村方面は街道を見おろす恰好の山ですので、城とも関係ありそうです。

坂道を上り詰めたところに民家があって個人宅の敷地に入ってしまいます。
ここは当然、一声かけて見学したい旨をお伝えします。
こちらのお宅はやはり城主の後裔の方であるとのことですね。

kamitouge (11)
個人宅の裏山にお邪魔する形になります。絶対に無断では入山しないようにしてください。

kamitouge (15)畑の奥の山が城ヶ峯にあたります。まずはこちらから見学を。

kamitouge (2) kamitouge (3)
郭内は下草もなく、木々も手入れされとても見学しやすいです。

kamitouge (4) kamitouge (5)
切岸がしっかり施され、全体的にメリハリのある段差が見られます。

kamitouge (7)頂部の櫓台風の段。周囲には武者走りがとりまいています。

kamitouge (6)
内部も主郭にふさわしく真平らに成型されています。

kamitouge (9)
西に連なる鞍部には土橋を設けて堀切状のようになっています。東に連なる尾根は無防備ですね。

続けて隠居峯にも行ってみます。

kamitouge (10)城ヶ峯からみた隠居峯、ホント目と鼻の先とはこのことです。

kamitouge (14) kamitouge (12)
こちらの遺構はややブッシュ藪ですが、それでも土塁と堀切のセット遺構がよく残っています。(写真右:土塁)

kamitouge (13)尾根を深く遮断する堀切にたまげます(;゜0゜)。

kamitouge (16)
氏神様が祭ってあり大切に守られてきた地であることがわかります。

『丹羽氏覚書』や「大井武並神社再建棟札」の写しによれば、永禄年間の城主は勝氏で
勝内蔵助義重、子の亦右衛門義氏親子の名が見られ、遠山氏の家臣として在城していたようです。
遠山氏とのつながりが強かった在地領主であったようです。

何故それほど要害性のないこの場所に2つの城郭遺構が存在すのか?
いろいろ考察しみるのも面白いものです。例えば・・。

・単純に詰め城と居館の関係で済まされるのか?
 (それにしてはお互いが近すぎます・・。)
・時代違いの遺構でしょうか?
 (遺構自体に新旧を見分けるほどの違いは見当たりません・・。)
・勝氏と外部勢力の別々の持城でしょうか?
 (これはアリですが・・一城別郭ともとれます・・。)

いずれにしてもお互いが補い合いながら併存していたように見られます。
逆に言えば築城の狙いも天険に頼るというより何か違う目的があったようです。

自分としては・・この2つの城の間を通らないといけない道があったとしたら(実際あるんですが)
・・通り抜けるのに怖いですね。

等々‥あれこれ想像できる玄人向け、城通(しろつう)好みの城郭訪問でした。

スポンサーサイト



プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数