FC2ブログ

尾張 宇田津砦 🏯うだつの森と石碑が残っているのだが・・

尾張 宇田津砦 (愛知県小牧市東3丁目)

小牧長久手合戦における織田徳川方砦として北外山砦蟹清水砦と訪問してきました。
今回も織田徳川方の砦、宇田津砦を紹介したいと思います。
宇田津砦北外山砦の東隣に位置していました。

nudatu.jpg
現在、住友理工小牧工場内に石碑が立っています。(撮影時は東海ゴム工場内)

実はこの写真、東海ゴムの工場敷地だった頃に撮らせていただいた一枚です。
現在は会社の方針により一般の方の立ち入り見学はできません(残念・・)。
よってやや古い写真なんですが、自分にとって大切な写真の一つなんです。

撮影タイムスタンプが1993年11月14日になっています。・・26年も前ですね(笑)。

非常に大きな平城だったと考えられており、徳川方の松平親乗が布陣しました。
その規模は東西三十四間(約60メートル)、南北三十八間(約70メートル)だったそうです。
総構は二町四方(約400メートル四方)あったとされるほどです。

秀吉方の二重堀砦に近く、最前線に位置していました。
家康はこの砦と東西に位置する田楽・北外山の2つの砦をつなぐ新道を敷設しました。
これが「大縄手軍道 」といわれる、小牧山との固い連絡道でした。

現在遺構などはまったく残されていませんでした。
住友理工敷地のすぐ横を流れる大山川には、不発橋(うたずばし)が架かっています。
小牧・長久手の戦いが名前の由来ではないかとされています。
スポンサーサイト



プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数