紀伊 和歌山城 🏯紀州徳川氏により「南海の鎮(しずめ)」へ発展

紀伊 和歌山城 (和歌山県和歌山市一番丁・和歌山城公園) 
《国指定史跡》 【日本100名城】

wakayama (3)登城前夜、ライトアップされた天守閣を見上げて。(美しかった・・)

「和歌山県の城ってどこ知ってる?」

自分の身の周りの人々に聞いてみたことがあります。
某SLGの野望シリーズで遊んでいる長男、町内会の旅行好きなおっちゃん、
中にはある程度の城の知識のある方もみえましたが・・。・・さて、いかがでしょうか。

和歌山城でしょ・・、それから・・、・・う~ん・・、うん?」(既に手詰まり・・)

意地悪質問でもないですし、返答に期待したわけでもありません。
和歌山県在住の皆様には本当に申し訳なきことですが、他県ではこれが実情です。
後にも先にも和歌山城こそが無二の代表城、といってしまっていいのでしょう。
(新宮城とかが出てこれば大したもの)

今回はそんな(どんな?)和歌山城を手短ではございますが歩いてきました。

wakayama (2)まず押さえておきたいのは石碑です。(意外と地味な場所にあり)

wakayama (14)
横目地(石の横方向への継ぎ目)がきれいに通った石垣もあれば・・。

waka22 (3)
緑泥片岩を使用した割石による野面積もあり・・。

wakayama (13)
いろいろミックスされた石垣群などの折り重なりが面白いです。

waka22 (1)
本丸の下段の石垣は巨大な根石が算木積されて堂々とした迫力があります。

wakayama (8)見上げた二の門櫓。野面積の脚線美に足が止まりました。

wakayama (7)
天守曲輪に到着。100名城スタンプは右下の受付場でいただきです。

wakayama (6)
天守二の門から入城で~す。

wakayama (9)
北西角部の乾櫓。直下には西の丸と砂の丸が見おろせます。

wakayama (10)
小天守と乾櫓を多聞櫓で結びます。

wakayama (11)
小天守からの頭上攻撃も想定されますが、ちょっとお洒落なデザインです。

wakayama (12)妻壁には銅板張が※青海波模様となってやっぱりお洒落ッス。

※青海波(せいがいは)模様とは・・
青海波は、広い海がもたらす恩恵を感じさせる柄です。
無限に広がる波の文様に未来永劫の人々の平安な暮らしへの願いが込められた縁起の良い柄です。

wakayama (5)本丸から見た和歌山城天守。

天守は三重三層。
一重目屋根に比翼入母屋破風、二重目屋根に唐破風、
最上階に廻縁と高欄を設けて、とてもバランスのよい雅な外観ですね。

ちなみに現在の天守は復興天守です。
昭和10年(1935)国宝に指定されましたが、後、空襲により灰塵に。
それ以前にも落雷による焼失もありました。

wakayama (1)西の丸から見上げた天守はまさに闇に浮かび上がった城、といった感じでした。
(夜の写真はムズカシイ・・)
スポンサーサイト
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、開設以来、3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

24時間戦えますよ
今年のゴールデンウィークはなんとか2日のお休みが取れました!
一日は久しぶりに家族全員にて本格アスレチックとテニスで汗を流しました。
もう一日は弟クンと丹波地方へ城めぐりに行けました。
渋滞を避けるため前日の夜から出発し、現地では早朝から山城を立て続けで攻め登ります。
4つの山城と2つの平城の見学をして帰宅したのは深夜12時。
次の日はいたる所が2日分の筋肉痛・・。
24時間戦えますか?と聞かれたら・・。
城のためなら(なんとか)戦える久太郎でありました。
最新登城記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数