FC2ブログ

遠江 中ノ郷城(松田城) 🏯

遠江 中ノ郷城(松田城) (静岡県湖西市新居町中之郷・城ノ前)

今年のお盆も奥方実家にてのんびりと過ごしてまいりました。
先祖参りに毎年家族でお墓参りに行くのですが、何のご縁か、そこはかつての城址。
お参りしながらどこかソワソワしてしまう自分がいます。

お寺の墓地でカメラを片手に右往左往する所業はもはや迷惑防止条例違反。
しかもお盆の迎え火を焚きながら・・。
一体、自分の心はどこにあるのでしょう??

mituya (4)かつては城址であったと云われる中ノ郷城跡の丘。

現在は浜名湖自動車学校の教習場と清源院の一部となっていて遺構はありません。
かつてはもう少し標高が高い丘になっており、周囲三方を浜名湖に囲まれた湖城であったようです。
中之郷城は「松田城」とも呼ばれ、永正年間(1504-1521)に織田方の松田修理が城主として居城していたそうです。

mituya (3)
城主・松田氏の館があったと伝わる清源院一帯。

mituya (2)
山門脇には、松田修理ゆかりの「駒止めの桜の碑」が建てられています。

mituya (5)城ノ前遺跡の案内版=城跡説明版、と解釈してもよろしいかと。

案内板では、「言い伝えによると」・・と前置きをしつつも、
最後の行に「中世の城があったといわれている」という頼もしい一言。
発掘調査によって検出された「城の堀」とは畝状竪堀であった、との見解もあります。

松田城は永正三年(1506)、今川方の部将中山民部入道生心によって攻め落とされたといわれます。
永正十三年(1516)の「本興寺文書」には中山民部の名が見られることから、この頃には彼が城主であったのでしょう。
永正年間といえば、この時期は駿河・今川氏親の勢いが遠江や西三河地域に延びた頃です。

駿河・今川氏の三河進攻時期に何らかの影響をうけた城であるといえましょう。

mituya (1)
イチジクの木陰ではクワカミキリくんがじ~っと休んでました。



Ⓢは清源院の参拝者駐車場
Ⓖには城ノ前遺跡説明板

スポンサーサイト
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数