FC2ブログ

丹波 岩尾城 🏯黒井城に負けず劣らじの山上石垣②

丹波 岩尾城 (兵庫県丹波市山南町和田・蛇山)

【黒井城トレランレース後に登城した険峻山城覚書・後半その②】

壮大な石垣遺構を目の当たりにしてに立ち尽くし、やがて歩き出します。
一歩づつ歩くごとに違う景色になってしまうのが実に惜しまれます。
この西の丸から二の丸に向かっていく間の石垣は本当に見事です。

iwaoj2 (7)なかなかダイナミックな野面積。

iwaoj2 (8)
草の茂みがいい感じで古城感をかもしだしているのです。

iwaoj2 (22)二の丸にある岩尾色の説明文と縄張り図。

図面を見たら解るように、この岩尾城、主郭部中央の大土塁を境に構造が全く違います。
土塁の北側は中世以来の「土造りの城」の姿をとどめています。
対して土塁の南側は、明らかなる織豊期の「総石垣の城」の姿を見せています。

iwaoj2 (4)二の丸から見る天守台方面。

iwaoj2 (23)
高石垣ではないですが、二段に積み上げられた石垣は古風で健気な印象があります。

iwaoj2 (9)伝・天守台には小さいながらもシンボル的な建物があったのでしょう。

iwaoj2 (25)
西方面の眺望がよく見えました。

iwaoj2 (24)青いベンチとセットの岩尾城標柱。

iwaoj2 (11)
「古城」とを分かつ大土塁は櫓台にも相当する大きさです。

ここから北は石垣の城から一転、中世の頃の姿が見えてきます。
切岸、土塁、堀切(二重堀切)といった遺構が楽しめます。
そのメリハリを観察するのが、ここ岩尾城でのもうひとつの楽しみ方かもしれません。

iwaoj2 (5)
北に延びる曲輪には周囲に土塁が廻っています。

iwaoj2 (6)
北尾根に備えた土橋と堀切。

iwaoj2 (10)
西尾根に備えた大堀切は二重堀切となっています。


岩尾城は永正13年(1516)、和田斉頼によって築かれたと伝わります。
斉頼は天文13年(1548)病没し、跡目を師李が継ぎ城主となりました。
しかし、天正7年(1579)丹波へ侵攻した織田軍の明智光秀に攻められ落城しました。

天正14年(1586)近江国より佐野栄有が入封すると、岩尾城は総石垣の近世城郭へと改修されました。
しかし、明智勢に摂取された時点で石垣改修されたとする説も有力です。
黒井城や金山城、周山城等、同時期明智方の遺構プランがその説を後押ししているようです。

佐野栄有は近江・木戸出身の豊臣方の武将です。
その人物像は不明な点が多いのですが、秀吉らに発掘された近江派ルーキーだったようです。
しかし、栄有の在城は僅か10年、再び近江国木戸へと移り、後は前田玄以の属城となりました。

栄有さん・・、何があった??気合で新生岩尾城を築城したのに・・。

迫力ある古風な織豊系石垣と中世からの土の城、両方をじっくり楽しめる岩尾城。
しかし、これだけの城郭が毅然として残っていることに驚きました。
岩尾城が注目を浴びるのはまだまだこれからでありましょう。
(個人的にはあまり有名になって欲しくないが・・)

iwaoj2 (27)
前日に入浴した「丹波の湯」、薬草の風呂は癒しのひとときでした。

岩尾城の麓から近い所にあるので合わせて寄ると登城の疲れもとれますかと。


Ⓖは蛇山・岩尾城山頂部。麓の和田小学校から登城しました。
駐車場は和田小学校向かいの交流センター?さんにお借りしました。

スポンサーサイト



プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数