FC2ブログ

美濃 長尾城 🏯険しい山上に2つの城域が

美濃 長尾城 (岐阜県郡上市明宝奥住長尾) <市指定史跡>

さて、ここまで郡上市内の旧明宝村に伝わる城めぐりをしてきています。
郡上久須見城から始まり、寒水城畑佐城、とめぐり、今回で最後となります。
その明宝村の城シリーズ第4弾目・最後は長尾城です。

村内から見てここ長尾城が一番奥地になるので順番的に最後になった・・。
のではなく、山が高くて登りためらい後回しの上最後になった、という事です。
しかし避けて通れない運命はいずれやってくるのです(-_-;)。

nagoj (1)気合で山頂までの比高250メートルを上がっていきます。

尾根道の直登法でしたので迷うことはないにせよ、体力消耗と引き換えです。
登って山頂付近を歩き回ってみると2つの城域と思われる箇所がみられました。
先に言ってしまいますが、このことを頭に入れておいていただけると話が早いです。

長尾城は「ながおじょう」と読むと思いきや、「なごじょう」と読みます。
当時の在地土豪笹尾氏が使用した城と伝わるのみで不明な城です。
麓の集落にも民家はそんなにありません。

nagoj (6)
尾根筋に沿って木材流し道が掘られています。

「背負引き道」とか、「そり道」と呼ばれるかつての林業で使われた壕址です。
伐採した木材を麓まで運び落とす際に使用されました。
このような壕が郡上郡の山中には多く見られます。

一見すると竪堀のように見えたりします。
しかし尾根に沿って麓に向かい長く伸びているので判別できます。
また一般的には城址内では史跡破壊を避けるため掘られないものです。
(もちろん例外もあり、史跡認識度の違いでお構いナシというところも・・)

元々木材流し落としの施設です。
登山道だと思って壕の底を辿って行くと大変疲れます。
そんな時はすぐ脇の袖道を登っていくと意外とラクです。

そうこう言っているうちに頂上に辿り着きました。

nagoj (9)粗雑ですが広~い平地に到着。・・ん?、でもやはり自然地形かな?

仮にここを主郭としても周囲の端部はなだらかな自然の山。
切岸も見当たらず、腰曲輪もありません。
奥に若干高くなった台地がありますが、これも自然地形のようです。

nagoj (8)
若干高くなった台地があるだけ。人工の跡は感じられない。

nagoj (7)でもちゃんと城址碑が立てられちゃってるってことはここが城址😕。

nagao2.jpg

広大な平地をもって天然の城としたのでしょうか。
虎口や堀切、土塁などと積極的に呼べる遺構も見当たりませんでした。
城を築くにしてもいささか広すぎる面積です。

・・ちょっと納得いかないところであります。

周辺尾根を歩いてみます、ここから南東に延びる尾根があり辿ってみました。
そちらには切り立った尾根のピーク上に明らかなる人工削平地が見られます。
しかも上・下2段の郭に分かれていて、こちらの方がずっと城郭らしく見えます。

nagoj (4)
樹木で荒れてはいるものの、人工的な削平地をもつ南東尾根郭。

中央に置いてあるのは自分の相棒バックパックです。
こちらは周囲も切り落としてあり整形された痕跡があります。
東の下にもう一つの曲輪があります。

nagoj (2)
切り落とされた周囲の傾斜面。

nagoj (3)
尾根筋にはわかりにくいですが片堀切からの竪堀らしきものも。

自然地形との判別が難しいところですが少しひいき目もあります。
堀切を入れる場所としては理にかなっているからです。
土橋が残されているのも審査ギリギリといったところでしょうか。

長尾城1

郡上方面の眺望が得られない主郭部に代わって設けられたのでしょうか?
尾根の先には窪みが見られ狼煙台の跡のようにも観察できます。
ちなみにこちらから麓に降りることは叶わないほどの急斜面です。

長尾城は集落からの比高も高くどちらかいうと隔絶されています。
城といってもほぼ自然地形に頼った造作です。
何か他に目的を持った遺構かもしれません。

明宝村4つの指定史跡城を制覇したい方は是非登ってみていただきたいです。
そして自分が見いだせなかったこの城の遺構や歴史背景など・・。
発見されたことや感じたこと、知っていることを教えて頂ければ幸いです。


レ点は長尾城の城址碑が立つ主郭部です。
Ⓢから尾根を登りましたが、西隣の尾根からも登れます。
Ⓖは南東部の尾根に残る尾根遺構があります。

スポンサーサイト



美濃 畑佐城 🏯要害の地に伝わる畑佐氏の居城

美濃 畑佐城 (岐阜県郡上市明宝畑佐) <市指定史跡>

平野部と違って山間部の城址はほぼほぼその全容が残っているものです。
今日はどんな遺構が待っているのかな?
楽しみに出かける早朝は毎回毎回清々しい気持ちに溢れています。

でも毎回そんな淡い期待に応えてくれる城址ばかりではありません。
中には「ここホントに城なんやろうか?」と思わせるような所もあります。正直者でして。
そんな正直者が今回訪れたのは郡上市の旧・明宝村に伝わる畑佐城です。

前々回の郡上久須見城と前回の寒水城に続く明宝村の城シリーズ第3弾目です。

hatasaj (6)吉田川に突き出した半島状の断崖尾根上にある畑佐城。

吉田川と下谷川が合流する地点の断崖上に位置しています。
一見すると立地的にはまさに要害そのものなのですが・・。
周囲の土地より低く追い詰められたら背水の陣、逃げ場がありません。

いざという時はいっそのこと川に飛び込みましょうか。そんな感じです。
しかしそれは現実的ではないので川下り用の船付場でもあったのでしょうか?
まずは城跡の方にに行ってみます。

hatasaj (5)
唯一の陸続き、南東尾根から城内に入ります。祠の後ろに城址石碑があります。

この祠や墓地のあるあたりから奥が曲輪と思われる場所です。
・・となると、この付近に堀切かもしくは高切岸があってもよさそうですが・・。
そういった防御施設の痕跡は一切見られません。

hatasaj (4)
草ぼうぼうの曲輪内部。

以前は曲輪内部が畑になっていたそうですが、現在は荒地と化していました。
よく見ると曲輪内部に使用されたと思われる農具も散見されます。
ですので畑作用地として改変されている可能性は大いに考えられます。

hatasaj (2)
曲輪内部は2段構えになっています。

曲輪内部、特に端部を重点的に歩いてみましたが土塁などの痕跡はナシ。
段と段の間に設けられたスロープ連絡路もおそらく近年のものではないでしょうか?
掴みどころのない遺構に呆然&困惑・・。

hatasaj (3)
所々に見られる石垣も粗雑すぎてやや理解不能・・。

hatasaj (1)でも石碑はちゃんと立っているんですよね😕。ここも草ぼうぼう・・。

畑佐城は畑佐氏歴代の居城と伝わります。
畑佐氏は畑佐村の近郷一帯を支配し、東氏の有力な支族でした。
同じ有力氏族の木越遠藤家とも肩を並べていたほどの勢力だったそうです。

永禄12年(1569)畑佐氏は郷士佐藤氏らや飛騨の三木氏らと組み遠藤氏と争ったようです。
三木勢はその際、畑佐六郎左衛門の砦に陣を構えたそうです。
もしかしたらこの地がその砦址だったのでしょうか。

この戦いは遠藤慶隆遠藤胤俊の両遠藤氏が、一隊を久須見城に派遣、
安養寺にも援軍を依頼して三木勢らを飛騨に追い返した、という記録があります。
またそれ以前にも天文8年(1539)畑佐氏の内紛に飛騨の三木氏が介入したという事件も。

いずれにしてもこれらの争いに関しては真相が不明な点が多いようです。
ただこの地が美濃郡上郡と飛騨との越境地点として重要な地だったことを示しています。
史料からは2度にわたる飛騨三木氏の侵攻事実があり、いずれも畑佐氏は絡んでいます。

hatasaz.jpg
掴み所がないというのが正直な気持ちの畑佐城。

ひょっとしたら堀切はすぐ南側の国道建設の際に消滅したのかもしれませんね。
・・だとしたら実に惜しい事だと思いますし、仕方がないか・・とも思います。
「本当に城なのか?」なんて疑ったりして、畑佐城に謝らなけばいけません・・。


レ点は畑佐城の場所を示します。
国道せせらぎ街道のすぐ脇です。Ⓖの石碑のある場所までは車両進入が可能で駐車も可能。
城跡から見て南東部の道から入ります。(南西部の道は進入不可)
ただ、国道からの入口が狭いため見つけずらいのが難点です。
車での見学では後続車に気をつけて徐行確認しましょう。

美濃 寒水城 🏯山の頂上にもうひとつの小山が

美濃 寒水城 (岐阜県郡上市明宝寒水) <市指定史跡>

秋山明浄(めいじょう)にして粧(よそお)うが如く、山々の姿が艶やかな季節。
城めぐりは季節めぐりでもあることをしみじみと感じながら歩いています。
おそらく・・「城」がなければこの地に来ることはなかったろうな・・。

いつもそんなことを思いながらの初めての土地、ワクワクして心躍るものです。

さて、今回訪れたのは明宝村の寒水城です。
前回の明宝村・郡上久須見城に続く明宝村の城シリーズ第2弾です。

kanomiz (1)寒水川対岸から城山を望みます。山の頂部がとんがっていますね。

kanomihi.jpg
城山の麓の路肩から登ることにしました。

城山の西麓に城址石碑があります。
ここから登城口が延びています。(途中からなくなりますが・・)
例によって獣除けフェンスのセルフ開閉は行う必要があります。

kanomiz (5)寒水城石碑。旧明宝村の村指定史跡扱いです。なかなか立派でして。

kanomiz (4)
登ること15分くらいで頂上に到達します。

山の上にまた小山がある、といった感じの地形です。
このあたりまで近づいても何ら城址に関するような遺構は見られませんでした。
山自体は急峻ですが頂上付近は比較的なだらかな山容です。

kanomiz (2)
頂上には土塁とも曲輪ともとれる削平地がありますが・・。

幅は3メートル以下で非常に狭隘、そこに人一人立つのがやっとのスペース。
間には堀切のような窪みがありますが、人工的なものかどうかは判然としません。
仮に人工によるものだとしてもここの部分を分断するのは無意味かと思われます。

のろしの焚き穴か?と見られないこともありませんが、あくまで譲歩した想像です。
??・・一体何なんでしょう・・??
一帯はほぼ自然地形で、特に掻き揚げた形跡もみられませんでした。

knmzz.jpg
城としてはあまりに狭すぎやしませんか。

曲輪にしては狭すぎて小屋を建てるスペースもありません。
「三畳一間の小さな下宿」の方がまだましです。(←あなたはもう忘れたかしら?)
番人も居眠りなどしようものなら次の瞬間谷間に滑落してしまうでしょう。

kanomiz (3)それでも何となく堀切に見えてしまう所が無きにしも非ず・・

永禄年間(1558~1570)頃、寒水には在地土豪として寒水遠藤氏がいました。
城主として遠藤善右衛門がおり、遠藤氏の居城として言い伝えがあります。
郡上郡一円に勢力を広げた東氏や遠藤氏の血脈は郡内各地に配属されました。

しかし現状の姿を見る限り城としての防御施設はみられず、疑問符が残る遺構です。

あと、こんなところも見学してきました

寒水風穴(稚蚕飼育所) <市指定文化財>

kanomiz (7)風穴タイプの稚蚕飼育所遺跡です。

なかなか珍しいと思われる石垣で組まれた稚蚕飼育所の遺構です。
稚蚕共同飼育所とは、カイコの1齢幼虫~3齢幼虫まで(=稚蚕)を飼育するための施設。
温度管理がしやすい小部屋で集中飼育する方式がとられていました。

kanomiz (11)
まるで城郭の天守台みたいに見えませんか?

kanomiz (10)中の様子を見学させていただきます。こんな感じの穴蔵部屋です。

年間を通して安定した温度と湿度で稚蚕の生育を管理しました。
カイコの繭は終齢幼虫になると簇(しゅく)という小さく仕切られた器に入れられます。
しきりにそって糸を吐き中央がすこしくびれた長楕円形の繭になります。

年間三万貫近い繭を取り、大小の工場が製糸の業を営んでいた時代もありました。

kanomiz (12)
寒水に向かう県道82号線沿いにあります。マナー見学は自由。

kanomiz (13)お土産に寒水鶏ちゃんを調達して帰ります。

我が家は皆鶏ちゃんが大好物なので明宝ハムと明宝ケチャップもこしらえました。
鶏ちゃんは若鶏ものと親鶏ものがあります。
今回購入したのは若鶏もののほうで肉柔らかで肉脂がたまらなくジューシーでした。

家族:「今度の城めぐりまたこれ買ってきてくれる?」
自分:「へぃ、よろこんで((∩^Д^∩))」



レ点は城山を示します。
Ⓢから尾根沿いに登山するします。城址石碑が見印。
登山道が途中から消えますが充分直登できる山です。

毎年恒例、たじみ健康マラソン2019に出場

たじみ健康マラソン2019に出場

メイン会場:多治見市星ヶ台競技場及び周辺道路
令和元年12月1日(日) 10kmコース AM10:30スタート


2019tjmmsn (2)
毎年見事な晴天に恵まれるたじみ健康マラソン。

令和初の!・・、こういう枕詞もそろそろもういいか・・これからは・・。
消費税率値上げ後初の!・・、これも気分的にどうなの?ということでヤメとこ。
そう!東京オリンピック2020に向かって初の!、これにしましょう!

・・とかどうでもいいのかもしれません。

2019tjmmsn (4)
聖火ランナーがこの街にもやってきます!

毎年恒例の(結局コレ)たじみ健康マラソン10kmを走ってきました。
自分に走ることの大切さ、愉しさ、素晴らしさを教えてくれたきっかけの大会です。
以来今年で11年連続出場ということになります。

この時期いろいろなマラソン大会が全国で開催されますが、ここだけは外せません。
毎年この大会が一年間の集大成であり、また新たなスタートの場となっています。
そして自分の走力を再確認するステージでもあります。

2019tjmmsn (6)アップダウンの激しい難コースです。

・・とかいいながら10月11月は山城登りばかりしていて平日の雨も多く練習不足。
その上大会前日であるにも関わらず山城を4つも登ってしまっている不始末・・。
「調整」ということを全く学んでいない、と同時に「自分らしいや」という開き直り・・。

この相変わらずさ、レースにどう影響してくるのやら・・。

今回もラン友のショーちゃんと同じ区間を走ります。(Y吉師匠は今回お休み)
ショーちゃん曰く「これは(この大会は)自分との闘いだ・・」
う~ん・・、か・・カッコいい・・・。

<序盤>スタート~3km

まずは気持ちを強くするためのロケットスタート!。
最初の1kmは4分切りで先頭集団の仲間入り。
ここで変な勘違いを起こさなければ序盤の組み立てはまずまず成功・・。

しかしやはり上り坂で失速、明らかに昨日の山城登りのダメージが残っています。
やっぱしまったか・・、後悔しても始まらず。
そこで重たい太もも筋肉に向かって言い聞かします。

「城だと思って駆けあがれ!」 
(でもそんな簡単に応えてくれる訳はなく(ノ_<)・・。悪かったよ・・。)

<中盤>3km~6km

2018tajimisou (1)
今年もここにさしかかる、心臓破りの上り坂。

ここでいつも声援をくれる友人むらっちクンの激励あり!
応援の力は効果絶大!パワーエナジーを引き出していただきました。
いつもありがとう!この場を借りて感謝!感謝!

「来年は一緒に走ろうゼ!!」
(しかし返事はない・・(笑))

<終盤>6km~9km

さて、林道コースへと入っていきます。
ここで自分の余力を再確認、疲労度・ペース配分・ピッチ数を相談。
しかしもう半分がむしゃらなのでそんな冷静な分析は無用なのかもしれない。

ここでムチを当てれるかどうかでゴールタイムは確実に変わってくる。
でも今回はやはり圧が下がってしまっている、滝沢先生、現状維持が精一杯です!
「ここで諦めて悔しくないのかァ!!(*`ェ´*)」
(イヤ、悔しくないです)

2019tjmmsn (5)
悔しくない・・。と言えばウソになるが・・。

<ラスト・スパート>

競技場に戻ってきました、スタンドから応援してくれる弟クン。
今回は3kmマラソンで頑張ってました。
ラスト・スパートの駆け時を知らされます。

それではいきましょう!頃合いよし!
加速装置、点火!

今が己との闘いの刻、
一心不乱、乾坤一擲、ゴールに向かってロックオン!!

(昨年の表現を若干変えただけ、この表現以外ない)

2019tjmmsn (3)

そしてコースに向かって一礼!
今年も無事完走できたことに感謝、そして来年もまた来ることを約束。
みんなで健走を讃え合います。

2019tjmmsn (10)
結果は42分48秒、自己ベス更新は程遠し。

しかしながら練習不足の割にはまずまずのキープレコードで良しとしましょう。
前日の言い訳はせず、ここは素直に実力を認めるべしです。
走力がキープできているという確認もできました。

2019tjmmsn (11)
奥方からの頑張った賞?

帰宅すると奥方からのちょっと早いクリスマスプレゼントが。
前から欲しかったナチュラル安眠まくらでした。疲れた体にこれは反則でありまして。
嗚呼、いつも気遣ってくれる感謝すべき存在はこんな身近に・・(涙)。

日々のジョギングに勤しめるのも奥方のお蔭様でございます。
健康管理の食事も有難い気持ちでいただいております。
・・ん?何やら点数稼ぎみたいな文面になってきたぞ・・。

奥方:「私へのクリスマスお返しもよろしくね」

自分:「おおっ!、任せとけ、倍返しだ!!」
(・・くっやられた、つい言ってしまった・・)
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数