FC2ブログ

たじみ健康マラソンに出場しました

第56回 たじみ健康マラソン大会
(会場:岐阜県多治見市星ケ台競技場及び周辺道路)
平成28年12月4日(日) 10km:AM10:30スタート

毎年恒例参加の多治見マラソンに参加です。
「一年」というのは本当に早いような気がします。
今年も健康に一年を過ごすことができました。

自分のマラソンの原点ともいえるこの大会。
子供たちやパパ友さんたちと一緒に参加したのがきっかけでした。
以来、毎年欠かさず出場しています。

tajimimara2016 (4)

ですので・・これを走らない事には年は越せません、そして年を取れません。

tajimimara2016 (1)

天気予報では雨だったはずですが、風もなく暖かくこれ以上ないマラソン日和です。

tajimimara2016 (2)

パパ友でもありラン友でもあるY吉さん、蝶のように舞う軽やかなステップでアップです。
Y吉さんには今年いろいろなマラソン大会にお誘いいただきました。
自分がコンスタントに練習を重ねてこれたのも彼の励みに支えられてのことです。

tajimimarasonn2016 (2)多治見市は今年、気合で競技場を大幅に整備、リニューアルしました。

トラックはもちろん、内部の芝生や、観覧席も養生、リペイントされ、とてもきれいになってました。
多治見市が陸上競技にとても力を注いでいる様子が伝わってきます。

そんな生まれ変わった競技場にてスタートラインに並びます。
日差しも空気も柔らかい中、徐々にランナーたちの表情のみ険しくなります。
「スタート何秒前」、というカウントもなく静かな中、一発の号砲のみでレースが始まりました。

序盤(~3km)

グランドの外周を走りながら、その日の調子を確認します。
そして、多治見マラソンの名物、いきなりの「星ヶ坂」を駆け上がっていきます。
ここでは、はやり過ぎず、かといって緩めることもしないペースで登り切ることが大切な区間です。

登り切るとしばらく続く平地でペースを取り戻して快走できます。

登りながら、気持ちも上げていくことが求められる登竜門、とでもいいましょうか。
ここを登り切り、ダメージが最小限に抑えられたかで、その後のレース展開に影響がでます。
というのは中盤手前で待ち受ける緩やかでも長い「滝呂坂」が控えているからです。

中盤(~6km)

「滝呂坂」は緩やかなのですが、徐々にその勾配があがっていくきついポイント。
知らず知らずのうちにペースを落としていきます。
ここをじっくりリズムよく、一歩一歩を確実に刻んでいくことが前半の勝負が分かれ目。

そして、第一折り返し地点の名古屋モザイク工業様の敷地を抜けると強烈な「向島坂」です。
ここではどのレベルのランナーでも著しくペースが落ちます。
ここはじっくりと「虚無の精神」で登り切ります。

正直、何度走ってもこの坂は好きになれません。
しかし、ここで元職場の同僚さんが応援してくれたおかげで奮起できました(ありがたし!)。
先程の「滝呂坂」を今度は下っていきます。

終盤(~9km)

終盤は第2折り返し地点へ向けて林道コースに入っていきます。
入りは緩い下りなのでペースが上げられますが、折り返した時点で戻りは長い上りへと変貌。
呼吸を整えながら抜けていきます。

ここでY吉さんとすれ違い、励ましをいただきます。
今回、苦しい所で、声援や励ましをいただいたことが大変「力」となりました。
Y吉さんに、返事するのが精一杯でしたが・・。

さて、序盤の「星ヶ坂」を今度は駆け下りていきます。
競技場に戻る所までストライドを広げて、蹴り足に引力と慣性力を織り交ぜてベスト・ペースを作ります。
さぁ、いよいよゴールの会場に戻ってきました。

ラスト・スパート(ラスト1km)

いつもでしたら子供達から大声援をもらえるところも今回は誰もいません。
しかし、心の中にはその映像が残っています。
競技場のトラック手前に帰ったところで徐々にラスト・スパートのギアを上げていきます。

エンジンは?・・まだ大丈夫です。
脚は?・・用意できてます。
それでは行きましょうか!     加速装置・・、点火です。

追撃に気付いた前方のランナー、時すでに遅し、です。
もはやスプリンターと化した弾丸は止められません。
二人を追い抜き、その勢いのままゴールです。

tajimimara2016 (5) わずかに自己ベストを更新です\(^o^)/。

まだまだお恥ずかしいタイムですが、自分ではまずまずのタイムがだせました。
ラスト1kmは3分40秒台で走れたことにも満足です。
どうやら、Y吉さんも自己ベスト更新!二人供心地よい自信に満ちた表情です。

tajimimara2016 (3) かわいいうながっぱとの記念ショット。楽しかったです!

Y吉さんも自分もこの一年はコツコツと練習を積み重ねただけあっていい結果を出せました。
個人的にはちょっと城遊びが過ぎて(笑)、練習不足は否めない感があったのが反省点です・・。

また来年も更なる練習を重ねて出場したい!と思っております。

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

次のレースですね。

色付きの文字[色:0000CC]久太郎より

Y吉さん、今年一年を通してご一緒に走れたことに大変、感謝しております。
振り返れば、今年ほど多くの大会に出場した年はございませなんだ。

東濃ロードレースは言ってみれば中距離。
追い込む練習が多いので、僕は苦手ですが、正月から自宅でゆっくり過ごすより、目標に向かって駆け走るほうが、自分には向いているようです。


練習をさぼらないように頑張ります(笑)。

次のレース

年内のレースは、終わりましたが、年明けて1月15日には。あの「東濃ロードレース」が待っていますので、トレーニングを継続しましょう。
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数