FC2ブログ

伊賀 柏原城 🏯天正伊賀の乱における最後の拠点城

伊賀 柏原城 (三重県名張市赤目町柏原滝野)

今回の伊賀の城めぐりもこの柏原城が締めくくりです。
柏原は 「かしはら」 と読みます。
柏原芳恵さんを知る世代としてはどうしても 「かしわばら」、と読んでしまいがち。

「ハロー・グッバイ」や「春なのに・・」は今でもよく耳にしますが、
フジテレビ系ドラマ、『アリエスの乙女たち』の主題歌 「A・r・i・e・s(アリエス)」 にはグッときます。

独特の演出の大映ドラマは荒唐無稽な展開と、ややこしいキャラの強烈な感情表現が魅力。
その中にも人間味があり最後はハッピーエンドで終わるという点でついつい見てしまう、というパターンです。

そんなことより・・柏原城を語りましょう・・。

igakasiwagara(1).jpg 柏原城にての決戦を伝える石碑。気が引き締まります(*`ㇸ´*)。

天正伊賀の乱のきっかけを作ってしまった城が前々記事の丸山城だったのに対し、
こちら柏原城では織田軍と伊賀土豪衆との最後の激戦が展開された城、といってもいいでしょう。
勝手神社に駐車場ををお借りしました。。(勝手に駐車、じゃないですよ。)

igakasiwagara(2).jpg 勝手神社から東に向かっていくと城址へ。

igakasiwagara(3).jpg東西に延びた尾根丘陵ピークが主郭部です。

igakasiwagara(4).jpg 別名を「滝野城」。城主・滝野十郎吉政にちなんでいます。

伊賀の城には城主や創始者の名前がそのまま城名になる例が多いようです。
先程の百地丹波城、菊永氏城、福地氏城、下山甲斐城、千賀地氏城、・・等々。
地名だと同じ集落に幾つもの城があったので持ち主の名前で呼ぶのも通例となったようです。

igakasiwagara(6).jpg 南に開く大手虎口。

両脇の土塁は主郭四方を囲み、厚みもさることながら、高さも2~3メートルほどの高さです。
写真の虎口右側には門の礎石でしょうか?大きな石が置かれています。

igakasiwagara(7).jpg igakasiwagara(5).jpg
本丸東にある「お滝女郎井戸」に近づく、城友・日向守さん。

うわぁ!!、マムシの危険を告げる看板が設置されていますよ!
冬にヘビなど出てこないとは思いますが、前回、晩秋の蚊にヤラれた例もあります。
ここは伊賀、敵にどこから襲われるか・・、油断は禁物です。

igakasiwagara(8).jpg 石組みの深い井戸址です。

この井戸には身投げした「お滝」という女性の悲しい秘話がございます。

igakasiwagara(13).jpg igakasiwagara(11).jpg
主郭を囲む土塁内部はぐり石で補強された石が散乱しています。

igakasiwagara(9).jpg 櫓台の下の石は特に大きいです。

igakasiwagara(10).jpg 本丸の広さはこんな感じです。

一見、ラジオ体操をしているようにみえる城友さんですが、スケールサンプルとしてご協力いただきました。
右下にも堀底を歩く城友さんの姿があります。
参考になれば、城友さんのご好意も報われるというものです。

igakasiwagara(12).jpg igakasiwagara(14).jpg
主郭の外側を取り囲む堀はなんと二重に巡っており、しかも深いのが特徴です。

堀の無い南大手側は、おそらく人馬も踏み込めない湿地帯になっていたのでしょう、
現在でも田畑として利用されています。
狭い一本のあぜ道だけがこの城の大手道であったことが想像できます。

igakasiwagara(15).jpg深さ5メートルはあろう大空堀は侵入する敵を遮断するのに申し分ない高さです。

柏原城主・滝野吉政は伊賀国の有力豪族で伊賀十二人衆の一人でした。
第二次天正伊賀の乱では総大将として籠城戦を展開し、織田軍に抵抗します。
吉政は織田軍の総攻撃に対し、伊賀土豪衆らを率い、最後の拠点を守るため勇猛果敢に挑みます。
織田軍の背後を農民に撹乱させ、乾坤一擲の勝負を謀りますが丹羽長秀に看過され、ついに開城しました。
伊賀衆の中には織田方の調略を受け、連携を欠き、内応者も少なからずいたようです。

織田軍は伊賀を制圧するにあたり、村や寺院を焼き払い、僧侶や住民といった非戦闘員が殺害された地区もありました。
その様はまさに地獄絵図の様であったといいます。
ここ伊賀でも織田軍の「根切にすべし」は実行されたのです。

この柏原城が開城した時点をもって天正伊賀の乱は終わりを告げるのです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数