FC2ブログ

尾張 木下城 🏯犬山城ができる前の北尾張の要衝

尾張 木下城 (愛知県犬山市犬山愛宕) <市指定史跡>

前回、犬山市内の城址めぐりをした際の続きになります。
木下城は市内では犬山城から最も近場にある城址です。
城下町見学を兼ねて、歩いての見学をおススメします。
(駐車場がないこともありまして・・)

kinosita3 (19) 愛宕神社境内一帯が城址でした。

文明元年(1469)織田広近が小口城から犬山に移り、木ノ下城を築城しました。
美濃国の斎藤妙椿に対する牽制の役割があったといいいます。
織田広近は別に北方の乾山には戦い用の砦を築いていますが、これが後の犬山城です。

天文6年(1537)、信秀の弟・織田信康は乾山の砦を城郭にして、犬山城を整備、拠点を移します。
木ノ下城は廃城にされましたが、織田信長が犬山城の織田信清(信康の子)を攻める際、
かつての木ノ下城址に宿営し、犬山城攻めの拠点とした、ということです。

kinosita3 (9)なかなかいい感じの木下城石碑があります。

kinisita00.jpg
25年くらい前の訪城時には大きなクスノキの横にあった石碑も移動されたようです。・・懐かしい画像です。

kinosita3 (2)説明板には当時の城の規模や沿革が詳しく書かれています。

kinosita3 (3) kinosita3 (7) 
案内板とどんな日照りのときでも水が枯れない、と伝えられていた井戸「金明水」です。

kinosita3 (6)
本殿は一段上になった高台になっていて、城の主殿があったようです。

kinosita3 (27) kinosita3 (28)
鳥居の脇の手洗い石には「白厳水」と彫られているそうです。白厳とは織田信康の号名を指しています。

木下城の説明版にもあるように境内にある井戸は、「金明水」と呼ばれ、井戸と伝えられます。
また、愛宕神社の南西約100mにある井戸、「銀明水」も当時に掘られた井戸と伝えられています。
現在のくすのき公園あたりにあったともいわれますが場所が特定できませんでした。

現在も残っているのでしょうか?
どなたかご存知の方が見えれば是非とも教えて頂きたいと思います。

しかし、犬山市には別に「銀明水」が存在します。
場所は名鉄犬山駅の北西、余坂天神社の向かい、「なり多」さんというお店の中です。
お店の方のご厚意で中を拝見させていただきました。

kinosita3 (18) フランス料理「なり多」さんの外観です。

kinosita3 (11)織田信長森長可池田恒興らも飲んだ、とされる名水なんだそうで。

kinosita3 (10) kinosita3 (12)
由緒書きと挿絵も用意してありました。武将たちが渇いたのどに流し込んだ名水、どんな味でしょう。

早速、自分もお酌に一杯いただいてみました。
どれどれ・・、・・うん、旨い、ですね!
こんなところがあるなんて知らなかったです。

kinosita3 (16) kinosita3 (14)
お店の奥にあるお庭にて 「銀明水・竜の池」 や 「水琴窟」 も見学させていただきました。

思いもよらず、城めぐりから、井戸めぐりになってしまいました。
井戸は城の重要な施設。残っているのであれば貴重な遺構でもあります。
飲めるかどうかは一応、確認済みですが、自信のない方は避けてくださいね。もしくは煮沸にて。

城の井戸めぐり、なかなか楽しかったです。o(^▽^)o

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来4年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数