FC2ブログ

尾張 小牧大草城 🏯三尾濃、三国を渡り治めた西尾氏の居城

尾張 小牧大草城 (愛知県小牧市大草中西洞・城山) <市埋蔵文化財>

あくまで自分が知っているだけでも・・、という範囲ですが・・。
愛知県の尾張地方だけでも「大草城」という城館が3つも存在してますね。
長久手大草城、知多大草城、そしてここ小牧大草城です。

komakiookusa (3)小牧の大草城、城山を望みます。

混同を避けるために別名「西尾城」とも呼ばれますが、これは三河の西尾城と混同されます。
「城山城」ともよばれますが、これもまたどこにでもある名称ですね・・。。
結局、「小牧の大草城」、と呼ぶのが定着しているようです。

komakiookusa (4) 城の南側、白山神社への参詣道からが手軽です。

komakiookusa (5) komakiookusa (7)
白山神社の境内一帯が城址で石碑と案内板が設置されています。(昼でも薄暗い感じです・・)

komakiookusa (6)大草城の城址石碑です。小牧市はこの規格での石碑率が多いです。

komakiookusa8.jpg
大草城は北側が団地の開発によって大きく改変しています。

背後には大堀切があったとされますが現在消滅しています。
主郭部周囲には何段かの腰曲輪も確認できます。
しかしこれらの曲輪には近年の畑などの造成址も見られるため判別が難。

komakiookusa (1)主郭南東下の空堀がまずまず残っているようですが、見学しづらいです。

komakiookusa (2) これは気を付けないと・・。

竹藪・雑木林となっておりますので夏・秋の見学はやめておいたほうがよさそうです。
最近の城址には蛇や蜂、獣に対する注意がよく払われているように感じます。
それにしてもイラストが見逃せないほど上手。

大草城は定かではないですが文安年間(1444~1449)に西尾道永によって築かれたといわれます。

道永は元々、三河の西尾が出身の名族だったともいわれております。
西尾氏は尾張岩倉城主・織田信安に属していましたが、
天文17年(1548)頃に岩倉織田家の家督相続争いを機に美濃へ移り住んだようです。

岐阜県瑞浪市に存在する苅安城は西尾道永が文明年間(1469~1486)が築城したと伝わる山城です。
道永が約35年の間に北尾張と美濃に城郭を構えた理由はよくわかっていません。
ただ、誰かの軍事的命令での赴任、ということは推理してもよさそうです。

三河から尾張、そして美濃と三国を越境しその名を残す西尾氏とは・・。
良質な史料での確認がとれないため、不明な点も多いです。
尾張大草城在城時代は「西尾式部道永」を名乗っていたようです。

いよいよ美濃・苅安城の調査へと向かう意欲が湧いきます。
(そろそろ地元の山城もアップしないとな~(´∀`*;)ゞ)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

シャイナさんへ

コメント、ありがとうございます。
そうですね、大草城は昆虫好きな方には魅力的な場所でしょうが(笑)。
春ならタケノコはたくさん取れそうです。

それにしても大草城、一方は里山、一方は団地、という環境の中で
消滅だけは逃れた城址なんですが、正直堀切以外の遺構はわかりませんでした。

大草城の件

いつも楽しませていただいてます、シャイナです。
小牧の大草城は場所がわからず、行きそびれていましたが、今度行ってみたいと思います。虫がダメなので、おすすめどうり、春を待って見ようかと。
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
   久太郎と申します。
   「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
皆様のおかげで開設以来5年目を迎えることができました。
(2016年4月6日開設)

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースを大切にして走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数