尾張 上末城 🏯三河急襲隊の先導役を果たした落合氏の居城

🏯 尾張 上末城 (愛知県小牧市上末) <市埋蔵文化財>

上末城は落合将監勝正によって築城されたとされています。
勝正の子息・落合安親は織田氏に仕え、小牧・長久手の戦いでは、子の庄九郎とともに羽柴方にて参戦。
池田・森ら三河急襲隊の道中案内役を務める、という大役を果たします。

kamizue (3) kamizue (2)
国道155号線、上末交差点南東から見える城址です。

運良く赤信号で止まれば車内からも城址碑と案内板が確認できます。
国道側から中の様子をうかがうのはよいのですが、内側は個人宅の敷地となっております。
無断での散策はNG です。(城の周囲の地域には、現在もご子孫「落合姓」の方々が住まわれます。)

kamizue (1)城址碑の裏には部分的に遺構が残っています。

kamizue (5) kamizue (4)
堀と土塁の角部が竹藪となって良好に残っていました。

以前はもう少し手入れされていた気がしますが、竹はあっという間に伸びてしまいますもんね。
都市部の平山居館にしてはよくぞ残ってくださいました、と言いたいです。
地元の方の話では、この部分が山続きの先端部になっていた、そうです。

kamizue (6) tousyouji.jpg
上末交差点から見た城址遺構部分(写真:左) と 南に位置する陶昌院(写真:右)

陶昌院には城主・落合氏の墓もあり、この地一帯も周囲より高くなっています。
切岸の址とわかり、おそらく城域の範囲であったと思われます。
どうかこの一帯の遺構だけでも後世に残るよう保護していただきたいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、間もなく開設以来、2年を迎えようとしております。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

紀伊への城歩き
お正月のお休みをいただきましたので2日間和歌山県のほうへ城めぐりに行ってまいりました。
ある程度の予習をしての紀伊国入りでして、いろいろな城址を見学してまいりました。
今回で3回目の紀州訪問ですが、西紀州は初めての事です。
紀伊の山城って残念ながらあまり知名度ないんですよね・・。
理由は(想像ですが)恐らく他の国のように強力な有力大名が現れなかったのが一因しているでしょう。
しかし、訪れた城跡の中には「これほどの山城がなぜ名も知れず隠れているのか」という感動もありました。
・・ごくごく簡単ではございますが、記憶が新しいうちに随時更新していきたい、と思っております。
最新登城記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数