尾張 北外山城 🏯小牧合戦では本多忠勝も拠った城砦

尾張 北外山城 (愛知県小牧市北外山・城島)

現在、再びマイ・ブームになっている小牧・長久手合戦城砦めぐり。
今までは羽柴軍によって利用された城砦をじっくりと歩いてきました。
今回からは転じて、織田・徳川軍の城砦に目を向けていきたいと思います。

その前に・・懺悔させてください。・・自分がまだ若かりし頃の話です。
ここ北外山城の城址碑がまだ民家のお庭の敷地中にあった頃、写真を撮りたいがため、
自分、あろうことか不法侵入!してしまったのです。

若気の至り、とはいえ、人として、城ファンとして、あるまじき行動をしてしまったのです。
後で思い直し、家主さんへ事後報告へ赴いた苦い思い出がございます。
(家主さんがサバサバした感じで寛容していただいたのが救いでした・・。)

20170215.jpg
その時のショットがこちら。少し土塁状になった感じの面影がありました。

あれからどうやら城址碑が移されたようで再訪問してみました。
問屋スーパーサントさんの裏(北)の道沿いの城嶋稲荷の一角がそのようです。
なんだかいろんな意味で懐かしく、感涙が隠せません。

kitatoyama (1)

kitatoyama (2)

北外山城は尾張北部に勢力をもった織田伊勢守系、織田与四郎信安の居城だったようです。
小牧・長久手合戦時には徳川・織田連合軍によって修復され、砦として復活しました。
北外山城の守将は、本多忠勝、松平家忠、奥平信昌、本多広孝らが交番で務めたようです。

いずれも名うての名将揃いですね。(;゜0゜)

家康がここを最重要地点と見ていたことがわかりますね。
しかも交代制、気が緩まず、かつストレスを感じ続ける訳でもないシステムです。
それは同時に家康がこの戦、長期戦に成り得ることを見越したからではないでしょうか。

kitatoyama (5)おおっ!、モールドだけだった碑文字に墨入れがされてリニューアル!

kitatoyama (7)
とても気持ち良く整備された城嶋神社です。家内安全、です。

なんだか嬉しいですね。(^ω^ )
城址碑が大切にされている、というのは。
自分もあの頃の非礼を反省しつつ、苦笑いをしながらの城めぐり、となりました。



スポンサーサイト

テーマ : 城郭
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

僕には城がある?
朝夕がひんやりとしてまいりましたね。
3人の息子のバスケットボールクラブ活動をずっと応援してきましたが、この夏に三男が中学生としての活動を終えて以来、なんとなく物足りない週末を送っております。
あなたには「城とマラソンもあるじゃない」と言われればそうなんですが、試合の合間合間にその会場近くの城を訪ねるのが本当に楽しみでした。
・・と思っていたら高校生の次男の試合もぼちぼちあるようですので、今後はそちらにも足を運べそうです。
「えっ!?来なくていい?」
・・まぁ、そういうお年頃でしたね。(そりゃそうだわな)
城もあればマラソンもある!・・でもこれからも陰で応援していきます。
最新登城記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数