遠江 堀川城 🏯家康、鬼の撫で斬り攻め、の城

遠江 堀川城 (静岡県浜松市北区細江町気賀) <市指定史跡>

horikawa (7)
これといった遺構はありませんが、説明版と石碑は充実してます。

堀川城は浜名湖を背に都田川の水を引き、満潮時には徒歩での入城ができないようになっていました。
対岸の宇津山城とは船での往来ができた、という記録もあります。
今川方に属していた土豪たちはこの地形を利用し堀川城を築いて徳川に備えます。

horikawa (6)

horikawa (1)

これも大河ドラマ効果でしょうね。案内板が以前よりパワーアップした内容になってます。
この堀川城の戦いでのポイントは徳川家康による苛烈な城攻めが敢行された、ということ。

土豪たちが村人を結集し、連合してこの城に立て籠ったのです。
堀川城の城兵は約二千人とはいえ大半が百姓主体の男女入り混じった村人らでした。
これに対し徳川勢は「撫で斬り」による掃討戦を繰り広げます。

horikawa (5) 城内の塚とみられます。

調略や戦略を駆使して戦いをすすめるイメージの家康ですが、
この戦いでは、見境いなき殲滅戦を実行したようです。
説明版にもこのことは「家康の残虐な戦い」とされ汚点になっているようです。

しかし・・。家康にしてみれば・・。
進めてきた遠江平定が水泡に帰すようなことにもなりかねず、かつ、
三河への退路を絶たれるわけですから必死になるわけですね。

ここでは、家康に心のフォースの乱れを感じます。

horikawa (3)往時の城の姿は想像するに、干潟上に浮かんでいた浮城だったのかも。



スポンサーサイト

テーマ : 城郭
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、間もなく開設以来、2年を迎えようとしております。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

紀伊への城歩き
お正月のお休みをいただきましたので2日間和歌山県のほうへ城めぐりに行ってまいりました。
ある程度の予習をしての紀伊国入りでして、いろいろな城址を見学してまいりました。
今回で3回目の紀州訪問ですが、西紀州は初めての事です。
紀伊の山城って残念ながらあまり知名度ないんですよね・・。
理由は(想像ですが)恐らく他の国のように強力な有力大名が現れなかったのが一因しているでしょう。
しかし、訪れた城跡の中には「これほどの山城がなぜ名も知れず隠れているのか」という感動もありました。
・・ごくごく簡単ではございますが、記憶が新しいうちに随時更新していきたい、と思っております。
最新登城記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数