尾張 小折城 🏯信長と類、小六・将右衛門と藤吉郎の出会い

尾張 小折城(生駒氏屋敷) (愛知県江南市小折町八反畑)

いよいよ春らしくなってまいりました。
花粉にも負けずに城めぐりです。
江南市の南端、生駒氏屋敷へと行ってまいりました。

まずは碑があるという布袋東保育園を目指します。
・・実は学校・保育園などに城址碑がある場所は正直、苦手なんです。

自分でいうのもなんですけれど、平日に一眼レフをかけ、周囲をうろつくサマは
明らかに不審人物でしょう。チラ見されてる視線がイタいじゃありませんか。
こころなしか子供の手を引っ張る保護者の歩みが早いように感じますが・・(汗)。

koori (3)

koori (1)邸址(城址)を示す石碑と説明版が保育園の門脇にあります。

馬借を生業として財を成した生駒氏は、織田氏と関わり勢力を拡大するようになりました。
生駒家宗の娘、※吉乃は織田信長の側室となり長男・信忠、次男・信雄、五徳を産みます。

※、生駒家に吉乃の名は伝わっておらず、「武功夜話」の作者が「吉乃(吉野)」としています。
生駒家には「類(るい)」という名が伝承され、そちらが正式名であると推察されています。
個人的にも「」のほうが自然で親しみを感じます。

koori (7)
左上に図示されている「桜雲砦(さくもとりで」)も気になります。

城としての遺構は残っていませんが、実に広い城館だったことが推測できます。
蜂須賀小六正勝前野将右衛門長康らも頻繁に出入りしていたようです。
小者の秀吉が織田氏に仕えたのもはこちらで縁のあった類(吉乃)の推薦によるものとされます。

koori (19)久昌寺には生駒氏一族と吉乃のお墓もあります。

koori (10)右端(一番奥)の墓が吉乃の墓になります。

周辺には関連史跡も多いので歩いての散策ができます。

koori (15) koori (12)
竜神社(写真:左) と 埴原塚(写真:右)

koori (14)吉乃が住んでいた御殿の址といわれる地です。

yogoyakata (10)

それぞれが運命的な出会いをした場所、ということになりますね。
戦場ではなく普段の生活の場として、それぞれのスタート地点だったといえましょう。
あの信長が足しげく通った地だと思うと・・なんだかロマンチックな感じがしました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

僕には城がある?
朝夕がひんやりとしてまいりましたね。
3人の息子のバスケットボールクラブ活動をずっと応援してきましたが、この夏に三男が中学生としての活動を終えて以来、なんとなく物足りない週末を送っております。
あなたには「城とマラソンもあるじゃない」と言われればそうなんですが、試合の合間合間にその会場近くの城を訪ねるのが本当に楽しみでした。
・・と思っていたら高校生の次男の試合もぼちぼちあるようですので、今後はそちらにも足を運べそうです。
「えっ!?来なくていい?」
・・まぁ、そういうお年頃でしたね。(そりゃそうだわな)
城もあればマラソンもある!・・でもこれからも陰で応援していきます。
最新登城記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数