美濃 五郎塞 🏯苅安権現山の支峰に築かれた謎深い城

美濃 五郎塞 (岐阜県恵那市武並町藤相戸・五郎小屋)

前回、苅安権現山城から足を延ばして立ち入ったのが五郎塞と呼ばれる城です。
この五郎塞は城主や築城年代などが不明で遺構だけが静かに眠っている城、といったところです。

ただ城名から推測して「五郎」なる人物が大きく関わっていることだけは推測できそうです。
尾張大草城主から東濃に移住したという西尾道永の後裔、西尾五郎八に由来するのではないか?
とする説は的を得ているようにも思えます。

また「塞」とは山の中に作った砦、という意味なので概して城、砦、塁・・。
そういった表現から画すものではありませんが
暗に「山賊や野武士の築いた砦」、という意味合いを含んでいるように感じます。

gorousai2 (1)左の頂部が苅安権現山城で、右のピークが五郎塞の城山です。
(相戸集落より西側の山を仰ぎみた写真です。)

さて、五郎塞を登山口から案内したいところなのですが・・。
今や麓からの道は消え失せ非常にわかりにくいです。そこで・・。
地形図が読め、コンパスをある程度使える方なら権現山から尾根沿いに下り降りる、というのも
苅安権現山城も見学でき、かつ確実な方法としておすすめしたいです。

俗にいう、「鵯越の逆落とし作戦」と申しましょうか。
自分はこの城の見学に関しては毎度この方法をとっています。
気分は一の谷の源義経です。(一人二役で弁慶役もこなします!)

gorousai (1)

道中は大きな岩壁が立ち塞がり、足元の状況も岩肌や岩が散乱する箇所もあります。
いずれにせよ、山城に慣れていない方が入り込むにはやや難易度が高い場所です。
、とだけはいっておきましょう。

gorousai (8)尾根を断ち切る幅6~7メートルの堀切が魅力。

gorousai (22)主郭部は御覧のとおり荒れています。

gorousai (21)物見岩と思われる崖岩が東部にあります。
gorousai (4) よき眺めにござる。

gorousai (19) gorousai (14)
南腰曲輪に通じる虎口(写真:左) と北側の外部からの虎口(写真:右)が確認できます。

gorousai (12)東側端部から北側には直角に近い切岸がみられます。

敵の侵入を想定した東から北には回り込む敵に横矢を効かせられるよう工夫を感じます。
周囲を岩や崖を上手く利用して取り付きづらくしてあるのは権現山城と同様です。

gorousai (23)腰曲郭は堀切までつながっています。

苅安権現山城と五郎塞は尾根続きで連絡でき、お互いの姿も確認しあえる位置にあります。
もっとも、距離は離れているので、それぞれが別個の城砦と考えるべきでしょうが
築城時期は違えども、相互機能した時期もあったのではないか、と思います。


ひとしきり、見学を終えて、権現山苅安神社まで帰ってきました。
すると、なにやら人の気配がします。
こんな山中で人に会うこと自体珍しいのでびっくりしてしまいました。

イノシシやカモシカに合うことはあっても人間とは・・。
お互い挨拶をして人間同士?であることの確認をしたらそれぞれの興味は一つ。
「こんな山中で何やってるんですか?」

聞けばそのN氏さんは旧中山道をはじめ街道の歩きめぐりをライフワークとしてみえる方。
なんとなく同じ匂いのする者同士、しばし腰を下ろしてのおしゃべりです。
話しぶりから相当の手練れ者と推察いたします。

短い時間でしたが、いろいろと感じ入る、とてもためになるお話をしてくださいました。
連絡先を交換し、お互いの無事と安全、さらなる精進を祈って下山しました。
これも苅安権現様の思し召し。よき巡りあわせなのでしょう。

すがすがしい気持ちで満たされた苅安権現山城と五郎塞の城めぐりでした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありがとうございます。
そうですね、「一期一会」、いい言葉です。

私たちは普段たくさんの人との出会いを感じながらも、知らないうちに取捨選択してしまっています。
致し方ないこととは申せ、こういった山中での、意外な、そして運命的な出会いをすることで、その言葉の意味を噛み締める瞬間があります。

情熱をもって自分の好きなことに取り組んでみえる方に出会いますと、目的は違っても、その思いには何か共通するものを感じるものです。

誰かに似てきた??
さぁ、誰なんでしょうか(笑)

No title

N氏との出会いのくだりは最高ですネ!
想像すると笑えてきました (^∇^)
一期一会、出会いは大切やね
道すがら誰とでも気さくに声をかけ
話ができるのはさすがですね~
んっ!?
どこぞの誰かしらを彷彿させる・・・
というか似てきたのかな?
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

「晩秋」
「秋」、というと皆さんはまず最初に何を連想するのでしょう?
四季がうつろいゆく様子が最も目と肌で感じることができる季節なのではないでしょうか?
今年の秋は久太郎にとっては一段と物悲しい季節になりました。
しかし、その思いが故にまた大切なことを感じる季節にもなりそうです。
でもなんだか秋の歌っていいですよね~。
以前なら、男闘呼組さん達の「秋」を熱唱していたものですが(古いですな)、あ、ナンノちゃんの「秋からもそばにいて」もいいかも?
(それも古いよ(#^ω^))
最新登城記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数