丹後 弓木城 🏯丹後守護・一色氏の滅亡を見届けた城

丹後 弓木城 (京都府与謝郡与謝野町弓木城山・城山公園)

弓木(ゆみのき)城は天橋立を東に望む小高い城山山頂部に築かれています。
城山公園の無料駐車場を利用してゆっくり散策できます。
天橋立にて「股のぞき」をしてからの訪城です。

mata (1) matanozoki.jpg
お約束のポーズでの「股のぞき」、こんな感じで天橋立を逆さに見ますと・・(↑)

股を開き頭を深く下げていると、だんだん頭に血が充血して目が回ります。
すると、天橋立が空に向かって龍が如く伸びていく様に見える、というものです。
この態勢は慣れないと結構きついようです・・。

天橋立が龍に見えた瞬間、頭に血が昇り過ぎ、台から転げ落ちる危険性アリ。
それ以前に体が硬い方、見るに耐えない無様な姿をさらすことになりそうです。
ここへは柔軟体操をしっかりとしてから来た方がいいみたいです。

さて、弓木城へと話を戻します。

yumiki (30)
城山公園駐車場脇に立つ新しめの案内板。 

yumiki (3)主郭の東に張り出した尾根の曲輪の様子。

弓木城は稲富氏によって築かれたと伝わります。
稲富氏は二代・直時のときに丹後・一色家の家臣となりました。
稲富流鉄砲術で著名な稲富直家(祐直・理斎)は稲富氏四代目といいます。

yumiki (21)主郭と東郭部を隔てる中間連絡曲輪は大きな堀底にも見えます。

yumiki (7)主郭部を見上げます。んん?中央を走るあの溝はなんでしょうかね。

yumiki (10) 回り込んで主郭へと向かってみます。

yumiki (13) yumiki (8)
先程の溝の正体、本丸からまっすぐ麓まで続いています。

水無月神社の参道のような道にも見え、後世につけられた遺構だとも考えられます。
まぁ、この道を直登すること自体、無理そうですから、竪堀として見ても構いませんが。
(↑他国者にありがちな適当イメージで城を語るアウトな見方)

yumiki (16)細広い本丸に到着です。

yumiki (11)なかなかの弓木城の石碑です(いいですな~)。

天正6年(1578年)織田軍の明智光秀細川藤孝による丹後侵攻を受け、一色義道の居城・建部山城は落城。
義道は逃亡中に中山城で自刃します。

子の一色義定(義俊・義有・満信とも)は弓木城に籠もって稲富祐直と共に織田軍に対抗します。
城主・稲富祐直は少数の兵力をもって織田軍の攻撃を撃退し続け、一色義定を擁し抵抗を続けます。
織田軍は攻めきれず和睦を結び、義定は細川藤孝の娘を娶り、弓木城を居城とします。

しかし、本能寺の変の後、一色義定に怪しい動きを察した細川忠興は宮津城に義定を招いて謀殺、そのまま弓木城も攻め落とします。

yumiki (18) yumiki (24)
主郭は曲輪の北端部が一段小高くなって水無月神社が鎮座しています。
全体的に周囲を高い切岸で固められた城のようです。

yumiki (19)北下には堀切があり、小高い曲輪に城山稲荷が祀られています。

yumiki (28) 北口登山道から見た主郭の様子。

yumiki (26) 稲荷曲輪のへりに張り付いた根。

なんとも織田軍相手に徹底抗戦した根強さを彷彿とさせます。

yumiki (17)本丸からは木々の間から少し、城下の様子が見えていました。

yumiki (31)弓木城は背後の岩滝小学校の所も城域であったようです。(小学校建設によって遺構は消滅)

また東に出丸をもつなど、城域が広い城だったようです。
織田軍を相手に耐え抜いた名城だったんですね。
弓木城はまさに戦国丹後の最大規模の山城といえましょう。

yumiki (32)付き合ってくれた子息たちは駐車場でフリスビーです。
毎度ありがとう。(´ゝ`)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

「晩秋」
「秋」、というと皆さんはまず最初に何を連想するのでしょう?
四季がうつろいゆく様子が最も目と肌で感じることができる季節なのではないでしょうか?
今年の秋は久太郎にとっては一段と物悲しい季節になりました。
しかし、その思いが故にまた大切なことを感じる季節にもなりそうです。
でもなんだか秋の歌っていいですよね~。
以前なら、男闘呼組さん達の「秋」を熱唱していたものですが(古いですな)、あ、ナンノちゃんの「秋からもそばにいて」もいいかも?
(それも古いよ(#^ω^))
最新登城記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数