近江 金ヶ森城 🏯金森長近ゆかりの地に寄りました

近江 金ヶ森城 (滋賀県守山市金森町・城ノ下)

いよいよゴールデン・ウィーク(以下G.W)に突入しました。
(この記事を書いてる頃にはもうとっくに終わっていましょうが、雰囲気だけでも)
G.Wの幕開けは三男の滋賀県遠征試合から始まりました。

kanamori (1)
滋賀県守山市の市民体育館、立派なアリーナでした。

すぐ近くの城址を検索したら「金ヶ森城」がヒット!
さぁ、試合観戦と応援の合間を縫って、奥方と長男を連れての城めぐりタイムです。
・・といっても現地に到着したら車から降りるのは自分だけ。

なんて盛り上がらない連中なんでしょう。・・(#`_´)

kanamori (5)土地勘がなくグルグル車を転がしてようやく発見できました。

金ヶ森城は、金森町地区の中心部にある善立寺一帯に築かれていました。
城の遺構は何も残っていないようですが、用水路に堀の面影は残っているようです。
善立寺南側の小公園内に石碑が建てられていました。

kanamori (4)金森長近が青年期を過ごした寺内町です。

後に飛騨高山城主となる金森長近は美濃の多治見から父と共に移住しました。
18歳ぐらいまでこの地で育ち、父の姓大畑から改名し、金森を名乗るようになります。
(多治見市では知名度が全くなく、出生を示す逸話も残っていません、情けない・・)

kanamori (3)

kanamori (2)どちらの石碑にも金ヶ森城の由来が書かれていました。

kanamori (6)

本願寺法主・蓮如はここ金森にて3カ年の間、教化を続けました。
この地は後,町全体を土塁・堀を巡らし金森城として石山本願寺を攻める織田信長の軍を牽制します。
元亀二年(1571年)に金森の戦いが起こっています。 <現地碑より>

金森御坊の跡には善立寺がありますが、非公開のため入れませんでした。
善立寺に事前にお願いすれば見せて頂くことも出来るそうです。

kanamori (7)すぐ東にある蓮如上人杖堀池跡。

kanamori (8)

kanamori (10)
地下水位低下でもう枯れてしまっているのを復活してあります。

kanamori (9)

蓮如上人が棒で地面を突いたら泉が湧いたという伝説のある池。
蓮如上人の魔法使いのような逸話は人心を掴んだ故に生まれのでしょう。
北国街道沿いにはこのような蓮如上人の話がいたるところにありますね。

それにしても、車内でスマホ三昧の我が家族・・。
・・家族の心さえ掴めない自分ではありますが、精進したいと思うのであります。
まぁ、付き合ってくれるだけでも良しとせねば・・。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

僕には城がある?
朝夕がひんやりとしてまいりましたね。
3人の息子のバスケットボールクラブ活動をずっと応援してきましたが、この夏に三男が中学生としての活動を終えて以来、なんとなく物足りない週末を送っております。
あなたには「城とマラソンもあるじゃない」と言われればそうなんですが、試合の合間合間にその会場近くの城を訪ねるのが本当に楽しみでした。
・・と思っていたら高校生の次男の試合もぼちぼちあるようですので、今後はそちらにも足を運べそうです。
「えっ!?来なくていい?」
・・まぁ、そういうお年頃でしたね。(そりゃそうだわな)
城もあればマラソンもある!・・でもこれからも陰で応援していきます。
最新登城記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数