美濃 高冠城 🏯ため息がもれるような美しい堀切

美濃 高冠城 (岐阜県郡上市大和町栗巣・古道・高冠山)

5月も終わるころ、郡上郡では遅めの田植えが始まります。
山間部の谷間集落でも地形を上手に開墾して農耕が営われています。
棚田の水面に映し出される山々の姿はとても美しく感じますね。

takakanmuri (34)

今回訪れたのは郡上の大和町の奥山にそびえる高冠城(たかかぶりじょう)です。
その名の通り、標高811m、比高で310mもある高所に位置する山城。
集落からの登山道は途絶え、かなり奥まった山上にあります。

takakanmuriyama.jpg奥まった山上にある高冠城を上古道集落より眺めてます。

麓からはその全姿が見えないのでかなり離れたところから撮影しています。
このような場所ですので領主支配の城ではないことがわかります。
さて、どんな遺構がまっているのやら・・。

takakanmuri (1)
下栗巣林道を利用してみます。入口に林道の石碑がありますね。

麓から歩くのはちょおっと・・。(根性なし)
少しでも楽な方法を、ということで林道を利用します。
今回もジムニーで恰好つける時がやってまいりましたね。(よろしく)

takakanmuri (4) おあつらえ向きのワクワクダート林道です。

takakanmuri (5) 沢を越え・・。
takakanmuri (15) 岩崩れを越え、
takakanmuri (6) ドン突き駐車。

ここからは尾根筋に歩いていきます。
果たして無事生還できるのでしょうか、ここまでありがとう、ジムニーちゃん。
あとは国土地理院の地形図とコンパスの読みが頼りです。

takakanmuri (13)
途中で出会ったメタリックゴールドのボディを持つイトトンボに癒されます。

さすがに比高300m級です、途中で適度に休憩を入れながらの登山に。
カモシカたちの「何しに来たん?」的な視線に苦笑いもいいとこです。
それども林道で登ってこれたお蔭で20分ぐらいでピークに到達したようでした。

takakanmuri (33)
山頂付近にも関わらず源水地があることに驚嘆!(なるほど、これなら籠城できる!)

ピークより南に向かっていくと源水地があります。結構大きくてびっくりしました。
獣たちも飲みにくるのでしょう、なんか、見たことない足跡が・・。こわ・・。
そしてほぼフラットな稜線を南に歩いていくと・・。

takakanmuri (32)
現われました、堀切です。 o(≧▽≦)o

、というか、ドでかい堀切です。(しかも、いきなり)
こんな山中にこれだけの規模の堀切・・、しばし信じられませんでした。

takakanmuri (19)素晴しい堀切を横から見てみます。

・・美しい・・。ため息が出るほどに・・。
こんな堀切を探していました。勾配、幅、深さ、堀底具合、そして見易さ、これぞ「堀切」です。
ここまで魅せられる堀切はなかなかお目にかかれません。しばし目を奪われます。
(↑こうなるとかなり重症な例かもしれません・・)

takakanmuri (22)
堀切を上部に登って俯瞰します。両端は竪堀となって落ちています。

これだけの規模の堀切です。
曲輪も大きいのでしょうか・・。期待をして主郭に向かいますが・・。
意外と細長いあまい削平地が続いています。(へぇ~以外だな・・)

takakanmuri (12)
80m程に及ぶほぼ尾根道に近い曲輪が続いています。

曲輪両側の下には腰曲輪も確認できますので、間違いなく曲輪なんでしょうが・・。
内部が緩やかな傾斜を伴っていることも気になります。
未整形空間、っていう感じです。

takakanmuri (24)堀切がもう一条あります。

先程のものより規模は小さいのですが堀切が現れます。
どうやらこの先が頂上の本丸に値する曲輪のようです。

takakanmuri (28)本丸に相当すると思われる空間です。

郭の平地が丸く見えるのは広角レンズを使った錯覚ではありません。
実際に削平があいまいで、自然地形の姿を若干、残しているようなのです。
これは一体、どういうことでしょう?

takakanmuri (10)
主郭の西側の切岸と腰曲輪の状態です。

takakanmuri (26)
同じく、主郭の南から東にかけての切岸の様子です。

主郭の削平はあいまいですが、切岸だけはしっかり付けられています。
これは、防御施設だけは優先的に普請した名残り、ともうけとれます。
或いは、築城途中で放棄されたのかもしれませんね。

高冠城に関する史料は城主などほぼ不明です。
口伝では、平家の落ち武者によって築城されたのが最初らしいです。

後、戦国期になると越前朝倉軍によって攻められた、といいます。
朝倉軍は城兵が白米で馬を洗っているのを遠くから見て、(白米伝説)
「あれだけの水があっては攻めるのは難しい」みたいな感じで篠脇城に向かったそうです。

なかなか信憑性のないどこにでもあるよくある話しです。
しかし、朝倉来襲時に手を加えられたこと、は検討に値する傍証かもしれませんね。
しかも、軍事目的だけのごく短期間の間、ということも考えられます。

未整形の郭がその一部を物語っているとも思われます。

takakanmuri (7)
岩にあけられたピット穴もみられます。

なんのためにあけられたのでしょうか、細い柱ならはまりそうです。
岩の向かう方向には篠脇城があります・・。
空想が膨らみますね。

takakanmuri (8)
岩陰から、ヌリカベがのぞいていました(笑)。

高冠城はちょっとミステリアスに包まれた山城でした。
こんな高い山にいつ、誰が、何の目的で築城したのか?
篠脇城の外郭城郭、では済まされない何かがありそうです。

※ 登城を計画されてみえる方は以下の事項、充分に安全に配慮してください。
 1、地形図とコンパス(方位磁石)は必須。
 2、林道利用は状況によっては通行に支障があります。(4WD必須)
 3、熊よけ道具を持参されたし。(います・・)
 4、できれば2人以上が望ましいです。(さびしいし、危険)
   以上。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

突貫、鬼の築城奉行

らんまるさんへ

コメントありがとうございました!
「山ログ」アプリの存在さえ知らない私、相当時代遅れと存じます。(恥)

らんまるさんほどの手練れでいらっしゃる方ならわかっていただけると思います。
山奥に築かれた城は、現代では理解しがたくとも、当時は山中に街道が通っていたりして重要視されたのでしょうね。
地形図をたどっていくと尾根伝いが一番安全でなだらかな最短距離だったことが確認でき、目からうろこの時もあります。

ブラック築城請合い業者(笑)、あったかもしれませんね・・。
今回のようなケースの城では、築城過程がわかる貴重な遺構かもしれませんね。

先ずは堀切はきちっと造り、郭のアウトラインを決めたらそれに沿って切岸をつけていく、削平はあとでじっくり丁寧に、といった感じでしょうか。
外敵の侵入を防ぐ構えだけは優先したのでしょうね。
もちろん、切迫した状況なら、それこそ昼夜突貫で、鬼現場奉行さんが怒鳴りちらしてたんでしょうかね・・(笑)。

突撃するゾ!のわくわく感

このところずっとスマホの「山ログ」のお世話になっています。以前は地理院地図とコンパスは必携でしたが、最近はすっかりご無沙汰になっておりました。
ところが、先日、長野県と群馬県との境にある余地峠の探索に出掛けたら、なんとスマホに「圏外」の表示・・・(汗)GPS機能も何の役にも立たずお手上げ状態。文明の利器に頼ってきた自分に反省しきりでございました・・(笑)

素晴らしい堀切ですネ。お尻からため息が漏れそうですw
こんな山奥での土木作業を命じられた領民や雑兵はどんな気持ちだったのでしょうか。

「早く帰りたい・・」

「帰りたくば、さっさと作業を進めろ!!」

この城の築城施工業者もきっとブラックだったんでしょうね・・・(笑)
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

僕には城がある?
朝夕がひんやりとしてまいりましたね。
3人の息子のバスケットボールクラブ活動をずっと応援してきましたが、この夏に三男が中学生としての活動を終えて以来、なんとなく物足りない週末を送っております。
あなたには「城とマラソンもあるじゃない」と言われればそうなんですが、試合の合間合間にその会場近くの城を訪ねるのが本当に楽しみでした。
・・と思っていたら高校生の次男の試合もぼちぼちあるようですので、今後はそちらにも足を運べそうです。
「えっ!?来なくていい?」
・・まぁ、そういうお年頃でしたね。(そりゃそうだわな)
城もあればマラソンもある!・・でもこれからも陰で応援していきます。
最新登城記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数