清らかな水と実りの田野に囲まれた、さわやかマラソン大会に出場

第3回 信州安曇野ハーフマラソン大会
会場:長野県安曇野市豊科・豊科南部公園(スタート・フィニッシュ)
平成29年6月4日(日):ハーフマラソン(21.0975km) AM9:00スタート
参加人数:ハーフ約5000人、ファミリー約300人
ゲストランナー:有森裕子さん(バルセロナオリンピック女子マラソン銀メダリスト)

6月4日(日)は長野県でハーフマラソンに参加してきました。
前日から木曽~松本間を行軍、途中で、諸城を見学しながら安曇野入りを果たしました。
(訪問した城めぐりはまた後日に・・)

この安曇野に来るとなぜでしょう、とても心が落ち着くのです。
それは美しい山々に囲まれた雄大な景観と
そこにに広がる豊かな田園と水の清らかさから感じるものなのでしょう。

3rdazuminohalf (24) 3rdazuminohalf (22)
「世界灌漑施設遺産」に登録された「拾ヶ堰(じっかせぎ)」に沿って走るコースもあります。

拾(十)の村々の共同作業で造り上げた苦心の灌漑用水路です。
今年で200年になる歴史ある遺産です。
安曇野の代表的景観の一つでもあります。

3rdazuminohalf (8)
豊かな水田業の営み風景です。 

3rdazuminohalf (25)
朝、5時に起床して光城址から本日のコース安曇野周辺を見渡します。

山々には雪もまだ被さっており、空気もひんやり、やや寒いくらいです。
最低温度も12℃、最高温度も20℃に達するか、という絶好の気温です。
今回もラン友のY吉さんとの出走ですので、城見学はほどほどにして下山します。
(光城址へは車で頂上近くまで行けるのです)

シャトルバスの発着場でY吉さんと待ち合わせます。
Y吉さんは、朝4時に起床して高速道路にて2時間半弱での到着、ご苦労様です。
合流して豊科南部運動公園に向かいます。

3rdazuminohalf (1)
さすが5800人が走る大大会です。

すでに会場はごった返してます。
ランナーさんたちとそのご家族、友人、仲間、それにスタッフさんたちなどあわせると
ものすごい人数になっているのでしょう。・・緊張してきますね。

3rdazuminohalf (2)
安曇野の農産物を応援する、新芽と水の妖精、みずん ちゃんです。

その緊張を解きほぐしてくれるような安曇野の人気ゆるキャラ、みずんちゃん。
かわいいですよね~、癒されますわ~(´∀`*)

3rdazuminohalf (5)
スタッフさんたちも余念がありません、よろしくお願いいたします。

ゲストランナーの有森裕子さんのコメディな応援トークも面白かったです。
彼女のトークにもありましたが、初ハーフというランナーが最近は減っているようです。
・・ということは、ここには「ハーフ常連強者ランナーが勢揃い」、ということですね。

今年で3回目となるこの大会です。
「プレ大会を含め今回が4回目」、というランナーさんも結構みえるようです。
それだけ愛され、引き付けられる大会である、ということなのでしょう。

・・さ、Y吉さんと隣同士、スタートラインで待機です。
それでは、「Fun&Run」の始まりです。

<序盤> ~7km

商店街を抜け拾ヶ堰に向かうコースです。
まず、びっくり&うれしかったのは沿道で迎えてくれる応援の皆様の声援でした。
大声援です!自分はこんなの初めてで興奮してしまいました。

さすがに参加人数が多いのでスタート地点を過ぎてもゆっくり進みます。
Y吉さんとほぼ並走、km/4分35秒くらいでペースをつくります。
豊科高架橋もなんのその、陣太鼓の応援に走り心が鼓舞されます!(すごい勇壮です)

3rdazuminohalf (20)

<中盤> 7km~14km

水田地帯を折れながら堀金方面に向かっていきます。
目に映る風景がとても清々しく感じられるのですが、徐々にスピードが落ちてきます。
あれれ・・?昨日の城めぐりで足を使い過ぎたのでしょうか・・。

給水地点で水とポカリを補給しますがいつもの心拍感覚が戻ってきません・・。
右のふくらはぎにも若干違和感を感じ始めました。ちょっとやばいかも・・。
それでもkm/4分40秒ペースにはしがみついていこう、と頑張ります。

有森さんから「頑張ってる、頑張ってっる!、ファイトファイト!」とハイタッチをいただきます。
彼女には雄叫びに近い声援を送ってくださいました。
 「フォーーーーーー!!」 (あ、いや、それ笑えてくるんですけど・・)

3rdazuminohalf (21)

<終盤> 14km~20km

再び、豊科駅高架橋を越え、国道商店街に戻ってきました。
それにしても、どこを走っていても地元の方の声援が素晴らしいのです。
本当に勇気と活力を与えていただきます。オカリナの演奏は初めてでしたね(笑)。

しかし、この区間が非常に苦しい!

足に意思を伝えようとすればするほど、応えてはくれなくなっています。
これ以上のスピードアップは望めそうにありません。
今回はそのような力を持ち合わせてはいないようです。

「ファン&ラン」だったはず、と言ってしまえば楽になるけど、ここではそれは弱音になります。
マイナスの渦に巻き込まれていくだけです。バスケで必死こいてる3男に笑われらぁ!
折り返ししてY吉さんとすれ違い、大声で声をかけることで、自らも鼓舞します。

「ファイトだよっー!!(叫)」(実は自分にも)

<ラストスパート> 21km前後

もう、がむしゃらです、走るしかありません!
ゴールに向かって突撃です。
加速装置点火・・、点火!、・・あれ?点火できねぇ!(無情!)

そのままなんとかゴールといった感じでしょうか。
タイムは1時間37分11秒、
満足いく内容ではありませんでしたが、一応100分切り、ハーフ自己ベストになります。

3rdazuminohalf (11)

今回の大会では地元の方やスタッフさんの真心のこもった応援が素晴らしかったです。
走り終わった後、ホントに労いの言葉をかけていただき、自分、涙がほろっときました。
そんなんされたら「惚れてまうやろ~!」、それほどです。

3rdazuminohalf (6) 楽しい大会でした!

Y吉さんも続いてゴール!、(ホントに速くなってますね・・)
ゴールしてしばらくプチ反省会して、おもてなしコーナーへ。
おにぎり、玉ねぎスープ、新鮮トマト、たくさんのお菓子、で腹が膨れるほどに。

皆さん、ありがとうございました!(最敬礼)
心のこもったおもてなしに自分も心から感謝いたします。
また来年も是非、参加して記録更新したいと思います。

3rdazuminohalf (15)

走ったあとのお楽しみはプレゼンターY吉さんによるB級グルメと温泉です。

3rdazuminohalf (18) yamaah (2)
松本地元料理、鶏唐揚げ山賊焼きです。

ジューシーなもも肉(手羽胸肉もあり)でボリュームもたっぷり!
シンプルですが外はカリッと揚げてあります。

3rdazuminohalf (19) 浅間温泉にて。走った後はこれですね!

ちなみに、何故、「山賊」などというネーミングか、というと・・。
山賊って山中にて、往来者から所持品を盗りあげますよね?
これをですね・・、「取り上げる」 → 「鶏揚げる・・」、・・もうお分かりですよね(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フォーーーーー!!

「フォーーーーッ!!」(笑)
Y吉さん、コメントありがとうございました!

マラソンにはコース独特の特性がありやんすね。
フラットコースだから記録が出やすいこともありますが、油断し、やはりペース配分を忘れるとレースが成り立ちませんね。

あと、やはり私の場合、前日にダム見学と城遊びが過ぎたようですし、睡眠もしっかりとれてなかったようです。ちと反省しております。
微妙な要因が重なれば大きく影響してくることも身をもって感じました。

まぁ、確かに満喫はできましたね(笑)!
失敗を次に活かせればよいので、次回はやりますよ!

安曇野ハーフ、走ってみてとてもよかったです!
誘っていただきありがとうございました。またご一緒しましょう!

THE 安曇野

Y吉が誘った安曇野ハーフマラソンに出走頂きありがとうございました。

前日移動でお城やダム、当日はハーフマラソン、グルメ、温泉とかなり満喫できた週末だったと思います。
走りの方は満足いかないと記しつつも、自身で決めた目標の100分以内クリアし、且つ自己新記録を出したことを考えると流石としか言いようがないです。
確かに折り返しですれ違った時の距離を考えると、あと2分ぐらい縮められそうなゴールタイムも予測できそうでしたが、自己新記録がでたのであれば、十分OKですよ。
私なんか4~5月のレースは、不甲斐ないレースの連続で、モチベーションが下がり気味だったのを、何とか自身がOKとする目標タイムをクリアできて今回は「良し」としている次第ですよ。

私はこのレース完了で、3ヶ月程レースを走る予定はありませんが、久太郎さんは、来月もエントリーしている大会に向け、去年のタイムを上回る走りの練習に励んでくださいね。
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

僕には城がある?
朝夕がひんやりとしてまいりましたね。
3人の息子のバスケットボールクラブ活動をずっと応援してきましたが、この夏に三男が中学生としての活動を終えて以来、なんとなく物足りない週末を送っております。
あなたには「城とマラソンもあるじゃない」と言われればそうなんですが、試合の合間合間にその会場近くの城を訪ねるのが本当に楽しみでした。
・・と思っていたら高校生の次男の試合もぼちぼちあるようですので、今後はそちらにも足を運べそうです。
「えっ!?来なくていい?」
・・まぁ、そういうお年頃でしたね。(そりゃそうだわな)
城もあればマラソンもある!・・でもこれからも陰で応援していきます。
最新登城記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数