安曇野マラソンコース周辺の城館めぐり・その(中間区周辺)

前回、安曇野ハーフマラソンコース、スタート地点周辺をざっくりと訪問しました。

この回ではマラソンコース中間区周辺の城館めぐりに入ります。
(まだ、あんのかよ・・)
まずは下図に示した↓、中間点周辺4城館を訪ねていきます。

azumihalfr4.jpg

マラソンコースもわかるように大会パンフレットを転用・修正加工させていただきます。
青い四角形が城館の位置と範囲(おおよそ)を示しています。
申し訳ありません、例によって一気にいきますので、なにとぞついてきてください(笑)。



信濃 堀金氏館 (長野県安曇野市堀金上堀元屋敷)

マラソンコース9km地点近くにある館城、堀金氏館です。
千国街道に接していて比較的大きな館城だったようです。
堀金平太夫広盛の名がみられます。

実は、自分以前にこの地を訪ねたことがあります。
その時は木柱碑が道路沿いに立っていた覚えがあるのですが・・
どうやら撤去されたのでしょうか・・、いくら探しても見つかりません・・。

個人宅ですので、塀越しに中の様子をちらっと見学させていただきました。
南西角部に堀が巡っていました。
遺構を確認、帰ろうか、と思っていたその時でした。

「・・っ!!、あ、あれは(°_°)!?」

azumihalfp (7)
じょ、城址碑です、まぎれもなくあの時見た城址碑です!

なんという変わり果てた姿なのでしょう。
こんな形での再会を果たすとは・・。(嬉しいような、やっぱ、悲しいような・・)
しかも肝心なところが不明・・。どう解読しても「〇〇氏?居館跡」としか読めません。

20年の歳月で碑一つ、これだけ変わってしまうものなのですね・・。
なぜだか、竹内まりやさんの「駅」が頭の中に流れてくるのです。

懐かしさの一歩手前で 
こみあげる苦い思い出に 
言葉がとても見つからないわ。

きっと、なんらかの事情があるのでしょう。



信濃 細萱氏館 (長野県安曇野市南穂高細萱殿村前田)

マラソンコース折り返し11km折り返し地点に最も近い城館が細萱氏館です。
館の周囲を堀が囲んでおり、典型的な館城の姿をよくとどめているようです。
主郭部一体はお住まいとなっているため、写真など住人さまにご配慮させていただきます。

azumihalfp (5)
立派な石碑がありますので、撮らせていただきました。



信濃 法蔵寺館 (長野県安曇野市豊科新田) <市指定史跡>

マラソンコースも終盤地点に入っていきます。
豊科商店街折り返し地点近くの館城を続けて2つ紹介いたします。

azumist4 (19)
豊科公園と法蔵寺一帯にあったその名も法蔵寺館です。

azumist4 (20)
県の指定文化財にもなっている法蔵寺の山門。立派ですね。

城主などはっきりとした伝承はありません。(成相氏の一族と推定されています)
武田氏が軍事道路、棒道を設けた際、真々部城と同様に構築されたとする伝承があります。
「もやい堤」と呼ばれる水路が堀の役目を果たし、土塁で囲まれた館城でした。

azumihalfp (1)
法蔵寺北の墓地外周から東側にかけて一部土塁が残っています。



信濃 構ノ館 (長野県安曇野市豊科新田・構) <市指定史跡>

法蔵寺館の支城的役割を担っていた、とされるのが、こちら構ノ館です。
お互いの距離は200メートル程です。
現在、墓地となっているため、標柱には「構えの墓屋敷」という名前に。

azumihalfp (2)
そのまんま、墓地になっている構の墓屋敷の標柱です。

azumihalfp (4)
見るべき遺構はありませんでした。お墓ということで退散いたします。



以上、マラソンコーススタート中間区周辺の城館めぐりの第2幕でした。
(すでにへとへと・・明日のマラソンやばいぞ・・)
振り返れば結構回ってきたものです。
順番通りにどうやって巡ったのかさえ、すでに記憶があいまいです・・。

そろそろ明日に備えて体を休めたいところですが・。
これからサブボス、そしてラスボスへと挑んでいくのです。
(そう、このヘロヘロ状態で、です!)
第3幕、マラソンコース駐車場周辺の城館めぐりに続いていきます。
(まだまだ、続きますよ~)

ここまでお付き合いしていただき、本当にありがとうございました!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

僕には城がある?
朝夕がひんやりとしてまいりましたね。
3人の息子のバスケットボールクラブ活動をずっと応援してきましたが、この夏に三男が中学生としての活動を終えて以来、なんとなく物足りない週末を送っております。
あなたには「城とマラソンもあるじゃない」と言われればそうなんですが、試合の合間合間にその会場近くの城を訪ねるのが本当に楽しみでした。
・・と思っていたら高校生の次男の試合もぼちぼちあるようですので、今後はそちらにも足を運べそうです。
「えっ!?来なくていい?」
・・まぁ、そういうお年頃でしたね。(そりゃそうだわな)
城もあればマラソンもある!・・でもこれからも陰で応援していきます。
最新登城記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数