尾張 色金山陣所 🏯長久手に現われた家康の「金扇」の馬印

尾張 色金山陣所 (愛知県愛知郡長久手町岩作色金・色金山) <国指定史跡>

前回の記事、長久手大草城の続編、という内容になりそうです。
色金山は長久手合戦において、徳川家康が最初に陣所としたことで有名です。
現在は「色金山歴史公園」として整備されています。

iroganeyama (8)櫓台風の展望台が戦いの雰囲気をかもしだしています。

実際にはここまでの規模の施設があったわけではありません。
しかし、この場所で最も重要な事は、敵部隊の背後・あるいは側面に鬼没できたこと。
そして岩崎城方面までの眺望ができ、主導権を握れること・・。

それだけでも敵部隊を混乱・驚愕させることができる絶好の位置といえます。

iroganeyama (7)
展望台からの長久手方面の眺望が優れています。

iroganeyama (10)展望台最上階より長久手合戦・主戦場を見渡せます。

写真の左側にあるポッコリした山が御旗山。(小さいですけど)
池田・森隊との激戦に先立って家康が本陣を移した山です。
立地条件的には同じ。詰将棋のように差配していきます。

iroganeyama (3)色金山の説明版。洒落た造りですね。

羽柴方による三河方面への別動隊の動きを察知した家康軍。
榊原康政・大須賀康高ら先遣隊とは別に本体を率いて追尾を開始します。
一旦、小幡城で状況を確認した家康は、あるタイミングを計っていたようです。

それは矢田川を渡り終えた羽柴方主力と総大将・三好秀次を捕捉することです。
徳川方先遣隊らが白山林で戦闘状態になった隙をついて矢田川沿いから南下。
羽柴方の背後ともいえる色金山・大草城方面に出現しました。

この陣取りこそがその後の合戦の趨勢を決定づけた、といってもよいでしょう。

iroganeyama (6)山頂には家康の腰掛石になったとされる床机石があります。

家康がこの山頂で刻一行と移り行く戦況をみていたんだ、と思うと
なんだかゾクゾクしてくる気分になりました。
まだ掴み得ぬ勝利への不安、期待、恐怖・・。入り混じっていたんだろうな・・。

そして方や・・。
この山の上に家康の馬印、「金扇」を確認した羽柴軍の反転隊諸氏の反応は・・?
次回はこれに先立って発生した「白山林の戦い」と小幡城の動きを予定してます。


東に1kmほどに長久手大草城があります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、開設以来、3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

24時間戦えますよ
今年のゴールデンウィークはなんとか2日のお休みが取れました!
一日は久しぶりに家族全員にて本格アスレチックとテニスで汗を流しました。
もう一日は弟クンと丹波地方へ城めぐりに行けました。
渋滞を避けるため前日の夜から出発し、現地では早朝から山城を立て続けで攻め登ります。
4つの山城と2つの平城の見学をして帰宅したのは深夜12時。
次の日はいたる所が2日分の筋肉痛・・。
24時間戦えますか?と聞かれたら・・。
城のためなら(なんとか)戦える久太郎でありました。
最新登城記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数