早朝マラソンで夏ラン!朝ラン!

第13回 花はす早朝マラソン大会に出場

会場:福井県越前町ウォーターランド南条周辺(スタート)、日野川レインボーパーク(ゴール)
平成29年7月23日(日):10kmマラソン AM7:15スタート
参加人数:2996人(全種目合計)
ゲストランナー:ザ・たっちのたくやさん、かずやさん

hanahasu2nd (29) hanahasu2nd (21)
パンフも手作り感があってかわいい! 今回は「ランスマ」にも注目されています。

7月の締めくくりとして去年も走った南越前町の早朝マラソンに参加してきました。
マラソン大会参加にあたりコンディションを整えていくのも楽しみですが、
当日の持ち物や服装、泊まり準備などをするのも楽しいものです。

hanahasujm.jpg
ジムニーも仮眠仕様に。(考えたら一番走るのコイツかも・・)

金曜日の夕方、ルンルン気分で、準備をしている様子を横目に、
「マラソン大会は日曜日でしょ?」・・と声を掛けてくれる家人は誰もいません・・。
哀れみに似た痛さを背中に感じつつも、準備に余念がありません。

hanahasu2nd (22)今年もやってきました。花はす公園にて温泉タイムです。

写真は夕方時間の蓮なので花はあまり咲いていません。
しかし早朝から午前中にかけて、一斉に開く花がとても美しいのです。
今回も写真を撮り損ねてしまいました・・。(スミマセン)

hanahasu2nd (2) hanahasu2nd (1)

マラソンコースにはハスの水田の他、一面の水田や山々、花に彩られています。
一歩スタートラインを越えると、そんな風景の中を走っていくことになります。

hanahasu2nd (25) 今日は明日に備えて仮眠所にて朝を迎えます。

本大会には選手のための仮眠所が公民館に用意されています。
寝具・食事等は自分で用意しなければいけませんが、もちろん無料です。
思い思いの場所で雑魚寝ですが、それほど混みあってもいません。
空調も完備され、むしろ快適に休めます。(電源コンセントの近くは混みます!)

hinogawa1 (1) hinogawa1 (2)
早朝、5時半過ぎ、まだうす曇の中を会場へと向かいます。河川敷駐車場もいっぱいです。

hanahasu2nd (7)

hanahasu2nd (10) hanahasu2nd (8)
先導車は、自転車というエコな演出もなかなかいいですね~。

はぴりゅう(HAPPY-ryu)クンも応援に駆けつけてくれました。口癖は「はぴっ!
「ふくいけんのしあわせ・げんきを応援するために日々がんばってりゅうよ!」
「ボクといっしょに、2018年ねんの福井国体を楽たのしもう!はぴっ!」・・ですって(笑)。

開会式ではちょっと落ち着きのない様子がかわいくて笑えました。

hanahasu2nd (12)
白のウェアに白のランパン、コーデ間違えました(笑)。でも他にはいないスタイル・・。

それではちょっとだけレースの様子をお伝えします。

<序盤>1~3km

前回は、スタートラインの後ろに並んだため、狭い道で思うようなスタートができませんでした。
ということで、今回は最前列のやや後ろからスタート!

先頭集団について最初だけ位置取りを兼ねて飛ばします

1km地点付近でいつものペースに戻していきます。
これは前回のスタートもたつきを解消する対策として作戦成功でした。

<中盤>4~7km

名物のゆるやかな上り坂にジワリジワリと走力が落ちていきます。
地元の方の熱い声援と給水所の多さに救われます。(本当にありがとうございました!)
水のシャワーの下を潜ると、気持ちよかったです。

杣山城の勇姿に勇気をもらい、一面ハスの花畑に一時癒されます

折り返しでターンしたころが一番キツかったかな?
水をたっぷり含んだスポンジで冷やしながら走ります。

<終盤>7~9km

緩やかな下り道になってきたこともあり、徐々にスピードを上げていきます。
やはり後半温存型はその点、気持ちがラクです。
周りの風景にも心が癒され、走っている、ことが楽しくなってきます。

「頑張って~!」という声援に笑顔で答える余裕もでてきました。

さっき抜かれたランナーさん達にも肉薄。
お先に行かせていただきます!

<ラスト・スパート>残り1km

中野川の河川敷に入りました。
はるか向こうには「ゴール」の文字がはいっているであろう幕が見えます。

ここで加速装置、点火いたします。 

サングラスをつけ、腕は直角の大振り、ストライドも大股でのその走り様は
さながら『逃走中』のハンター走り。
しかし、当の本人はくそ真面目なんですよ。

そしてハンタースタイルのままゴール!!(やっほ~!)

hanahasu2nd (14)

hanahasu2nd (19)
ザ・たっちのお二人もペアランで手を握りあってのゴール!

同じ顔に見えるのは仕方ないのですが、よく見ると・・。
キャップの色と、シューズの色が違いますね。
ホントに仲が良さそうなお二人さんのゴールに会場も湧きに湧きます。

この後、お二人とそれぞれ握手をしていただきました、嬉しかったです!!

hanahasu2nd (15) 名物、しそ氷です。走った後は最高です!

hanahasu2nd (28)46分02秒でした。(前回は47分35秒)

去年より1分30秒ほどを上回るタイムでまずまずでしょうか。
気温29℃、湿度62%という条件としてはこれが限界かも?
46歳で46分、城(46)めぐりのマラソン遠征とくれば、満足な結果としたいです。

いつもながらこの大会では地元の方々のおもてなしぶりに感動いたします。
地元愛に溢れた手作り感たっぷりの大会に心が洗われ、和やかな気持ちに。
また来年も是非参加させていただきます!

ありがとうございました!

なお、この大会はNHK・BS1にて放送される予定です。
来る9月9日(土)と9月16日(土)の大会特集だそうです。
他の出演者さんたちもそれぞれの大会でどんな走りをしたのか注目です。

それでは、お決まりのネタで ザ・たっちさんから、一発!

「見ないと・・、チョット!、チョットチョット!」

・・ですって(笑)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

隅まで見過ぎて結局3つ

後方支援ありがとうございました。無事帰還しました・・。

雨が降ったり止んだりのサウナ風呂のような苗木城では、汗だらだらで3時間もひたすら感動しまくりで資料館まで見学。なんで明治まで現存していた建物解体したの~と恨み節。名古屋城の木造天主が頓挫したら、是非その予算の十分の一くらいでも良いので苗木城再建に回して欲しい(笑)

お次は相方が行った事が無いというので急遽岩村城へ。だいぶ石垣が孕んでしまい、これから修復される個所も何ヵ所かありました。吹けば飛ぶような三層のナンチャッテ天主にはビックリ・・(汗)
まあ、それにしても本丸まで車で行けるのはチョッとネ。出丸の横の尾根の堀切を見に藪漕ぎする我らはやはりビョーキだと感じました・・(爆)

とうとう時間に追われて最後の小里城。水分補給もせずに挑む真夏の比高180mはしんどいが、あの天主の不等辺五角形に感激。いくら石垣の原材料が現地調達とはいえ、物凄い土木工事量にひたすら慄く。恒ちゃんが現場監督とはいえ、信長の命令は過酷というのを改めて感じましたよ。
幸い蜂の待ち伏せ攻撃は無かったので一安心でした。

結局終了したのは16時で、ここから慌てて塩尻市に戻り18時。温泉に入って19時30分から宴会(笑)
いろいろとアドバイスありがとうございました。
飛騨の国からの念力に感謝ですw

No title

城めぐりコース拝見したしました。
素晴しい無駄のない研ぎ澄まされたコースだと思います。

その前に、この夏場に山城にチャレンジするその魂に感服いたします。

鶴ヶ城はヤブ蚊が多いので虫よけ対策をしてくださいますよう。
小里城は天守台から南10メートルほどの大木の中にスズメバチ系の輩がいますので、近づかないようにしてくださいね。(駆除されてればいいけど)

楡沢山を攻略したあとならば、何事も赤子の手をひねるようなものだと思いますが、お気をつけて楽しい城めぐりをしてくださいね。

当日、私は息子の中体連県大会が高山市で開催されるので
遠い飛騨から皆様の安全を祈願しております。

ありがとうございます!

ご多忙のところご無理なお願いに答えていただきありがとうございました!
感謝感謝でございます。

メールももしやブロックしてしまったかと迷惑メールを捜索しましたが発見できず、申し訳ありません。

我々も越境するとアウェーになり、距離感もチンプンカンプン・・(汗)
だいたい思いつきでこんな真夏に日帰りで美濃に進軍とは正気の沙汰ではありませんネ(笑)

情報ありがとうございました。今回は移動距離と夜の納涼会を考慮して苗木城⇒小里城⇒鶴ヶ城あたりですかね。その気になれば弾丸ツアーも出来るのですが、我々はどうしても城の隅から隅まで回らないと気が済まないという性分なので、1城あたり1時間は必須・・(笑) この辺はクマよりもまむし注意でしょうか。

まあ、晩秋には再遠征する予定ですので、その時にはちゃんと岐阜市あたりに泊まって岐阜城・犬山城(鯱修理されちゃうんだろうなあ)・兼山城その他を巡りたいと思います。その時にご挨拶出来たら嬉しいですね。

では、明日は信長公に怒られない程度に美濃攻めを楽しみます!

美濃先導衆

こんにちわ。コメントいただきまして誠、ありがとうございます!

メルアドと思われる方へ送信したのですが、自分、パソコン操作苦手でして、なんか送られていないような気がしますので、再度、コメント欄から送らせていただきますね、(遅くなりごめんなさい)

塩尻での納涼会で美濃攻め、という常軌を逸した理解不能な計画、私は好きです。

信濃先方衆のその行動力にお役に立てるとは思えませんがいささかでも参考になるよう考えさせていただきますね。

まず・・候補的にはいい線ばかりの城だと思います。

苗木城は自分も美濃で一番好きな城なんです!
ここへは朝一で行かれるんですね?・・となると・・。


苗木城から岐阜城への移動、高速を使っても1時間半近くかかります。

発掘現場は今しか見れないものですし、時間が許せばここで「信長公入城450年フェア」と合わせ岐阜城を満喫するのはいかがでしょうか?



ここでUターンして犬山城か、兼山城に向かうのであれば・・

犬山城は天守閣が先日の大雨落雷で鯱の片方が破損していますから、これも今しか見れません(笑)。

兼山城は夏場でも見学しやすく山城の雰囲気はいいですよ。

ただし、両方を見学するのは時間的にちょっと厳しいと思います。

もし両方を見学したいのであれば・・

(岐阜城→犬山城1時間、犬山城1時間、犬山城→兼山城30分、兼山城1時間、+予備30分)の4時間あれば大丈夫そうです。

明知城は先日、子供の試合の合間に行ってきたのですが、やや夏草ぼうぼう気味で時期的に向きません。

こんな感じですが参考になりますかどうか・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

幽体離脱?

いや、お見事でございますw
小生なんぞは、100m走ったあたりでリタイヤでしょか・・・(汗)
それにしてもザ・たっちのお二人には幽体離脱でゴールして欲しかった・・(笑)

話は全然変わりますが、今週末の30日(日)に塩尻市で信濃先方衆(総勢約2名)の納涼会を予定してまして、昼間っから酒を飲むのも気が引けるので、どうせなら美濃へ攻め込んで夜に凱旋して祝杯をあげようか、といういつもの無鉄砲な強行スケジュールを組む事ととなりました。

そこで地元を知り尽くした貴殿に相談したいのは、外せない第一候補を「苗木城」とした場合に、9:00~15:00まででこの時期でも比較的良好に遺構が見学できて効率良く廻れる山城はあと何処があるかという事でございます。
相方は「岐阜城の発掘現場」「犬山城」が希望で、小生は「明智城(恵那市)」「兼山城」が希望というすれ違い・・・(岩村城は訪問済み)
面倒なお願いでスミマセン。今回ジムニーは燃費の悪さからお休みでアリオンで突撃予定ですw

当日は塩尻市の健康ランドで泊まりなので、18:00までに戻れればOKというふざけた部隊にアドバイスをお願いします・・・(笑)

No title

@Y吉さま

暑かったですが懸命に走ってきました。
道中には倅の練習風景の写真も送って頂いたので、「俺も頑張ろう!」という気持ちになりましたよ、ありがとうございました!

ハンタースタイル?でのラストスパートは疾走感を感じられて風になれた気分でした。やはり後半温存型は気持ちよくゴールできていいですね~。

音速はとてもじゃないですけど、ダッシュ距離を今の500mから800mぐらいまで伸ばしてみるのも面白いかもしれません。(練習がイヤになりそう・・)

福井観光したいところがあればまたご一緒しましょう!
仮眠所も和室でなかなか快適でしたよ。

お疲れ様です。

いやーすごいですねえ。
この時期のレースで10キロを46分の記録は。
わたしのたじみ健康マラソンの記録より早いですよ。
今回は加速装置に点火できてよかったですね。前回の安曇野では加速装置に点火できなかったから、今回は前回に反省点が活かされたのでしょうか?
9月には、だいこんのレースがあるので更に加速装置の燃料を改善して、音速まで速度アップして下さい。
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、開設以来、3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

24時間戦えますよ
今年のゴールデンウィークはなんとか2日のお休みが取れました!
一日は久しぶりに家族全員にて本格アスレチックとテニスで汗を流しました。
もう一日は弟クンと丹波地方へ城めぐりに行けました。
渋滞を避けるため前日の夜から出発し、現地では早朝から山城を立て続けで攻め登ります。
4つの山城と2つの平城の見学をして帰宅したのは深夜12時。
次の日はいたる所が2日分の筋肉痛・・。
24時間戦えますか?と聞かれたら・・。
城のためなら(なんとか)戦える久太郎でありました。
最新登城記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数