越前 金剛院城 🏯秀吉の従兄弟、青木一矩親子の居城

越前 金剛院城 (福井県越前市深草二丁目・金剛院)

金剛院城は豊臣家の武将・青木一矩(あおきかずのり)の居城として有名・・でもありません。
そもそも戦国武将・青木一矩があまり知られていないようです。
自分もここ、金剛院城を訪ねるまでは一矩の名は耳にはすれど、よくは知りませんでした。

まず、青木一矩は秀吉の従弟といわれているが有力です。
一矩の母・大恩院は秀吉の生母・大政所とは姉妹で、秀吉の叔母にあたります。
この点は福島正則の出生と共通しており、秀吉子飼いの武将の一人だったのです。

皆さんはご存知でしたでしょうか?
一夜漬けともいえる予備知識を得て現地へ赴きます。(汗)
「もっと知りたい」という方もお見えでしょうが、先へ進みます。(大汗!)

e-kongouin (2)
曹洞宗・金剛院さんの境内とその周辺が城址一帯となっています。

南側のお寺参拝用の駐車場をお借りいたしました。
「金剛院・城址」と書かれていますね~。
テンションあがりますね~。ヽ(≧∀≦)ノ

e-kongouin (8)正面の山門前には寺院と城址を兼ねた石碑がありますよ!

e-kongouin (4)
とても落ち着いた雰囲気の金剛院境内です。

e-kongouin (9)
案内板には青木氏居館のいわれも少し示されていました。

e-kongouin (5) e-kongouin (6)

境内の西側には土塁が一辺残っていましたので見学してきました。
土塁の高さは2メートルほど残り、よくわかります。
墓地になっている都合、写真のアングルはこのぐらいで・・。

e-kongouin (7)

柴田勝家時代には、佐々成政・不破光治・前田利家ら「府中三人衆」の領有した後
天正十三年には、木村常陸介を経て、青木一矩が八万石で大野から府中に入部します。

慶長3年(1598年)8月、秀吉の葬儀では従兄弟である福島正則と共に豊臣秀頼の名代を務めました。
秀吉の従兄弟、というのは事実なのでしょう。正則と二人、羽柴性を認められています。
そしてなかなかの忠義心と人格を持った人物であったとみられますね。

e-kongouin (1)
これ、かわいいですよね~!(*´~`*)

なんか我が家の3人の倅みたいに見えてきます。
ちょっと前までこんなんだったな~・・(懐)
体格はみんな今の奥方そっくりですが(大笑)‥失礼!

金剛院さん参拝の際はこちら、仲良し三地蔵もお訪ねしてくださいね。
 


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、間もなく開設以来、2年を迎えようとしております。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

紀伊への城歩き
お正月のお休みをいただきましたので2日間和歌山県のほうへ城めぐりに行ってまいりました。
ある程度の予習をしての紀伊国入りでして、いろいろな城址を見学してまいりました。
今回で3回目の紀州訪問ですが、西紀州は初めての事です。
紀伊の山城って残念ながらあまり知名度ないんですよね・・。
理由は(想像ですが)恐らく他の国のように強力な有力大名が現れなかったのが一因しているでしょう。
しかし、訪れた城跡の中には「これほどの山城がなぜ名も知れず隠れているのか」という感動もありました。
・・ごくごく簡単ではございますが、記憶が新しいうちに随時更新していきたい、と思っております。
最新登城記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数