越前 府中城 🏯府中三人衆の一人、前田利家の赴任城

越前 府中城 (福井県越前市府中1丁目)

府中三人衆のそれぞれの赴任した城を訪ねるのも一興ですね。
今回は前田利家が居城とした府中城を訪ねます。
・・やはり夏は平城めぐりがダメージも少なく能率よく回れますね・・。(汗)

e-futyuu (2)かつての府中城の存在を示した石碑。

石碑には「越府城」と刻まれていますね。
かつて越前の国府がここ府中にあったことからの由縁です。
文明年間(1469年~1487年)にはすでに朝倉氏の府中奉行所があったとのこと。

e-futyuu (1)
NHKの大河ドラマ「利家とまつ」で観光地のスポットとして注目をされた跡です。

ところで、あくまで自分の記憶の中での話ですが・・
三大「夫婦二人三脚・戦国大河」シリーズをあげるとしたなら、この3部作。

「おんな太閤記」 (1981)昭和56年の・・ねねと秀吉
「功名が辻」 (2006)平成18年の・・・千代と一豊
そして「利家と待つ~加賀百万石物語」 (2002)平成14年の・・まつと利家

「利家とまつ」はトレンディ・ドラマの配役をそのまま大河に引っ張り込んだキャストが大うけ?
自分も毎週欠かさず見ていた記憶がございます。(もちろん奥方と・・)
3部作とも若い頃からの苦楽を共にする姿が印象的です。(みんな尾張出身者ですが・・)

e-futyuu (3)
結城秀康の付家老、本多富正公の碑。

天正3年(1575年)越前を再び平定した織田信長は北庄城に柴田勝家を置き
越前府中に前田利家・佐々成政・不破光治柴田勝家の与力と目付として配属させます。
府中城には前田利家小丸城には佐々成政、龍門寺城に不破光治が入り合わせて十万石を領します。

前田利家は天正9年(1581年)能登国七尾へ移るまでここに居城しました。
天正13年(1585年)には木村重茲が十二万石を与えられ入城。
慶長4年(1599年)には隠居料として越前府中五万石が堀尾吉晴に与えられます。

慶長6年(1601年)結城秀康が越前・北庄城に入ると、
付家老の本多富正が府中城に入り、以後、本多氏が続いて明治に至りました。

e-futyuu (4) 越前市市役所の両脇に石碑。

遺構は全く残っていませんが、「かつての国府が市役所になっている」、という現況に納得。
なお、府中城の表門は、現在近くの正覚寺・新善光寺城跡地に移築されています。
城址をおまけに行けると思って訪ねてみることをお勧めいたします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

僕には城がある?
朝夕がひんやりとしてまいりましたね。
3人の息子のバスケットボールクラブ活動をずっと応援してきましたが、この夏に三男が中学生としての活動を終えて以来、なんとなく物足りない週末を送っております。
あなたには「城とマラソンもあるじゃない」と言われればそうなんですが、試合の合間合間にその会場近くの城を訪ねるのが本当に楽しみでした。
・・と思っていたら高校生の次男の試合もぼちぼちあるようですので、今後はそちらにも足を運べそうです。
「えっ!?来なくていい?」
・・まぁ、そういうお年頃でしたね。(そりゃそうだわな)
城もあればマラソンもある!・・でもこれからも陰で応援していきます。
最新登城記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数