久しぶりの長男と金華山・岐阜城へ

お盆休みに自宅へ帰ってきてくれた我が家の長男。
「京都も暑いけど、こっちはもっと暑い」とほざきながらもゆっくりとできたようです。
寮生活にも慣れ元気に楽しくやれているようで安心しました。

自分もそうでしたが、大学生の夏休みは長~くてちょっぴり羨ましい・・。
自分の時を思い出すと・・、
自動車免許をとるべく昼は自動車学校、夜はバイトに明け暮れていました。

そしてこの頃からでしょうか?
有名城郭以外にも「城」というものが、実は至る所にある、ということを知ったのは。
「車を買ったら、いろいろな城址へ行ってみよう!」、・・当然そうなりますわな。

・・さて、一週間ほど滞在してくれた長男も再び京都へ帰ることになりました。
JR岐阜駅まで送ることになったのですが、かなり時間があります。
「岐阜城まで行ってみよっか」ということで付き合ってもらいました。

gifuwryuta (2)久しぶりの岐阜城見学に心ときめきます。

岐阜城は以前にも何回か来ておりますが、8年ぶりくらいでしょうか。
家族みんなでロープウェイで登ったのですが、長男はあまりよく覚えていないようです。
・・というか一緒に行った城が多すぎて、記憶がパンクしたようです(笑)。

gifuwryuta (16)
快適なロープウェイで頂上まで行きます。

前日までの大雨・雷雨が通り過ぎ、本日は絶好の天気に恵まれたよう。

gifuwryuta (19)
信長公居館跡の発掘調査も進んでいる様子が俯瞰できます。

gifuwryuta (13)
大手門から天守方面へ登っていきます。

gifuwryuta (37)
岩盤をくり抜いた堀切に驚嘆!

gifuwryuta (3)
天守閣へと向かっていきます。

gifuwryuta (39)
天守閣からは360℃のパノラマが素晴しい!

gifuwryuta2 (5)
長男がつぶやきます。「この城、落とせないよな~、フツー」。

そんなごく初歩的な感想さえ、我が子ながら微笑ましく感じます。
それにしても改めて見ると後姿が大きくなったものだなぁ・・と。
この夏背丈がとうとう超えられてしましました!

少し悔しいですが、子供に追い越されていくことは心地良き気分でもあります。

こうして家族と岐阜の町並みや山々を手に取るように見ることは滅多にありません。
二人してしばらく眺めを楽しんで下山しました。

gifuwryuta (20)
乗る時は気づきませんでしたが、乗り場手前に精巧な模型もありました。

長男を岐阜駅まで送ります。
普段はそれほど思わないのに、やはり離れ離れになる時はちょっぴり寂しくなるもの。
なかなか子離れができないダメ親父でございます。

gifuwryuta (23) gifuwryuta (24)
岐阜駅北口にある黄金の信長公像。

あまりしんみりすると信長公に怒鳴られそうです。
また元気で笑顔で会えることを願って「またな」です。
いつも付き合ってくれて「ありがとう」。

少しだけ頼もしくなった後ろ姿を見送りました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

らんまるさまへ

あたたかいコメントをいただき誠にありがとうございます。

らんまるさんがすでにゴッドファーザーでいらした、とは初耳でして、申し訳ございません。お孫さんへの遊具はレゴの城シリーズで決定ですね(笑)。

わたしなどもそろそろ子育て終盤近く、といったところでしょうか。

こうして思い返せばいつも家族の理解あってこそ続けてこられた趣味・レジャーでございます。子供たちとの思い出の節目には、いつも「城」がありました。楽しい思い出ばかりです。

土(ちょっと石垣)の城、ましてや険しい山の上にまで付き合ってもらえるなんて夢のような幸せですね。虚空蔵山城、なんていったら結構な山城じゃないですかー。しかもマニア向けです。素晴らしいご子息でございます。

では・・。近々「家族で登った信州リアルガチ城めぐり」と題して1つや2つの回顧録でも書いてみようかな・・、なんて思っております。

今回はらんまるさんに連絡する時間もなく出発した遊撃軍でしたので、また信濃へ行く機会があれば、あらかじめご連絡いたしとうございまする。

・・あ、ありました!9月24日、駒ケ根ハーフマラソン大会ですぅ!
お連れさんもみえるので車道から観察しやすい赤須城あたりに寄って行こうかと思っております。(今回はおとなしく)

太刀持ちくらいは・・・

信州上田にお越しくださいましたか。

ご連絡頂ければ、太刀持ちぐらいの疫病神を仰せつかりましたのに、残念な事でございました。まあ、無理が通れば道理は引っ込む世の中です。作戦変更は日常茶飯事の信濃先方衆でも、無理が祟って遭難の危険は幾たびか遭遇しておりまする(笑)

小生も一姫二太郎でございますが、既に全員独立してサンダーバード4号までの孫を抱え、残るは5号の宇宙ステーション?と恐れおののいておりますw
現時点では後継者や孫に中世城郭系がいないので、突然変異を期待して丑三つ参りを検討中です・・・(って、主旨違うか・・笑)

息子さん、さすがの猿飛で、親思いでございますw

その昔、小生の長男も虚空蔵山城(村上連珠砦)の登山に付き合ってくれて、あの時は嬉しかったなあー(涙)

「金華山は 遠くに有りて思うもの・・・」(笑)

先週、信濃先方衆の相方は、家族連れで岐阜城に進軍したようですが、渋滞にはまし、車はぶつけられるわで、踏んだり蹴ったりの大騒ぎだったようです。

まあね、それも含めて「楽しかった夏休みの思い出」として受け入れるように慰めておきましたが・・・(汗)

次回信濃にお越しの際は、ぜひともお声掛けくだされ!!
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

僕には城がある?
朝夕がひんやりとしてまいりましたね。
3人の息子のバスケットボールクラブ活動をずっと応援してきましたが、この夏に三男が中学生としての活動を終えて以来、なんとなく物足りない週末を送っております。
あなたには「城とマラソンもあるじゃない」と言われればそうなんですが、試合の合間合間にその会場近くの城を訪ねるのが本当に楽しみでした。
・・と思っていたら高校生の次男の試合もぼちぼちあるようですので、今後はそちらにも足を運べそうです。
「えっ!?来なくていい?」
・・まぁ、そういうお年頃でしたね。(そりゃそうだわな)
城もあればマラソンもある!・・でもこれからも陰で応援していきます。
最新登城記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数