グッドデザイン賞の美しい丹生川ダム

丹生川ダム (岐阜県高山市丹生川町折敷地) <神通川水系荒城川>

飛騨市神岡町にてマラソン大会を終えた足で丹生川ダムへと向かいます。
会場からは最短距離といっても1時間、途中所々ダート道もありました・・。
Y吉さんと大会内容を振り返りながらコーナーを攻めていきます。

谷川に沿ったカーブの連続、民家も数件しかありません。
さすがに疲れも出てくる時間帯ですが、おっ!、キラキラした湖面が見えてきました。
そして次の瞬間、疲れも吹き飛ぶ景色が飛び込んできました。

nyuukawadum (1)
どうやら到着したようです、この瞬間を待ってたぜぃ!o(^▽^)o

湖面をなでる、そよ風がキラキラと眩い光となって翠明感をだしています。
早くダム堤体も見てみたいのですが、しばしこの景色を味わいます。
ダムの底となった五味原集落もきっと美しい村だったに違いありません。

nyuukawadum (8) 湖は「五味原湖」、と名付けられました。

nyuukawadum (7)
湖面からのダム堤体を眺めます。

nyuukawadum (2)
石碑です。(自分の大好きな)

nyuukawadum (10)
サイドエッジ部からの正面堤体。まだ真新しい感じが伝わってきます。

丹生川ダムは、平成24年に運用を開始した新しいダムです。
自分がダムカードを集め始めた頃にはまだ完成しておりませんでした。
故に、今回はなんとしてでも見学したい垂涎のダムでもあったのです。

nyuukawadum (6)
美しい写真のダムカードにうっとり&感激っす!

カードの左上の表示があるようにグッドデザイン賞の受賞しているダムです。
Y吉さんともびっくり!ダムにもグッドデザイン賞ってあるんですね~。
それではどんな所が選考基準となったのでしょうか、見て参ります。

nyuukawadum (9)
膨らみを持たせた中央部は厚みがあります。

写真では判りづらいですが、直線ラインの中に緩やかな曲線をもたせています。
確かに、他ではない特徴的な形に見えますね。

nyuukawadum (12)
天端は車両通行ができ、路肩からの景色も楽しめます。

nyuukawadum (11)
遠くの集落と下流部を眺めます。

nyuukawadum9.jpg
減勢工にはものすごい勢いで、河川維持用水が放流されていました。

轟音とともに斜めに放たれている側面砲のような放水。
その迫力にY吉さんと絶叫してしまいました。

nyuukawadum (4)
三枚の導流壁が下部にいくほど絞り込まれたお洒落な形状です。

Yシャツにスーツ、コートを重ね着し、細めのネクタイをビシィ、と決めたようなフォルム?。
全体としてかっこいい表情を呈しております。
さすが、グッドデザイン賞でございます。

カッコいい現代建築デザインの中に湖水を包み込む優しい雰囲気があります。
周辺の山々や湖の景観が清々しい丹生川ダムでした。


♨荒城温泉 恵比寿之湯

さて、ここ丹生川ダムの直下の下流沿いには隠れた名湯もございます。
♨荒城温泉・恵比寿之湯です。
ここはマラソンの疲れをとるにも、もってこいです。

nyuukawadum (3)

日本でも数少ない二酸化炭素値:1158pmの遊離炭酸温泉(だそうです)。
先ず、驚いたのが浴槽の周囲が温泉の成分で棚田のような段々模様になってます!
そしてお湯に浸かると肌が若干ピリピリしてきます。

おぉっ!、効いてる、効いてる、・・最高です・・。

このお湯に入るため遠く県外の方からもファンがお見えになるようです。
木造平屋のトタン葺き簡易施設ですが、お湯で勝負、という感じです。
自分としても超おススメの温泉でございました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

僕には城がある?
朝夕がひんやりとしてまいりましたね。
3人の息子のバスケットボールクラブ活動をずっと応援してきましたが、この夏に三男が中学生としての活動を終えて以来、なんとなく物足りない週末を送っております。
あなたには「城とマラソンもあるじゃない」と言われればそうなんですが、試合の合間合間にその会場近くの城を訪ねるのが本当に楽しみでした。
・・と思っていたら高校生の次男の試合もぼちぼちあるようですので、今後はそちらにも足を運べそうです。
「えっ!?来なくていい?」
・・まぁ、そういうお年頃でしたね。(そりゃそうだわな)
城もあればマラソンもある!・・でもこれからも陰で応援していきます。
最新登城記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数