秋晴れの空の下、駒ケ根ハーフマラソンを快走

第5回信州駒ヶ根ハーフマラソン大会に出場

メイン会場:駒ヶ根総合文化センター
平成29年9月24日(日):ハーフマラソン(21.095km) AM9:00スタート
参加人数:4080人(全種目合計)、内ハーフ:2876人

清々しい秋晴れの中、信州駒ヶ根ハーフマラソンに参加しました。
アップ・ダウンが多い最大高低差120mの中を走り抜ける名コースです。
今回もラン友・Y吉さん一押しのお勧めレースに同乗しました。

5komagane (13)

先ず・・、駒ヶ根の風景がとても素晴らしかったのです。
美しい2つのアルプスに囲まれ、そこから流れる谷川の清らかなこと。
豊かな実りの田畑と果樹園に農園、荒々しくも雄大な天竜川。

5komagane (9)

5回目を迎えた今大会、過去最多ランナーだそうです。
駒ヶ根市の皆さんの歓迎ムード一色に圧倒されそうなくらいです。
どんなコースが待っていてくれるのか、ドキドキです。

5komagane (3)

その前に・・、駒ケ根ハーフマラソンの名物といったら、この2つ。

1つ目は「アップ・ダウンヒルトライアル区間賞」の表彰設定があります!
8km地点過ぎにきつい上り下りがが連続し、その区間だけのタイム計測があるのです。
挑戦するかどうかは自分次第!(・・自分はしません、きっぱり。)

2つ目は充実したコース上で振舞われる充実したおもてなし給食です。
地元産の果物をはじめ、いろんなお楽しみが用意されているようです。
これは楽しみです!

2900人近くが町の商店街のスタートラインに並びます。
さすがの大人数!で100メートル以上の行列、大軍勢です。
今回Y吉さんとはゼッケンナンバーが離れており別々のエリアからの出走になります。

それでは、元気にスタートです!

5komagane (4)

<スタートから序盤>(1km~4km)

今回は長~い行列のお蔭でゆっくりと周囲のペースに流されます。
スタート地点を過ぎるまで30秒近くかかりました。
このくらいのトコトコペースは心拍を上げながらの、ちょうどいい出だしかもしれません。

1km過ぎ地点辺りからようよくスペースを確保しながら本来のペースに。
沿道のみなさんの応援がものすごくてびっくりしました。
アップダウンはあるものの、どちらかといえば下りのコースの序盤。

4分45秒ペースを守るように周囲の景色を楽しみながら走ります。

<前半~トライアル区間>(5km~10km)

小鍛冶大橋にさしかかると天竜川を渡ります。「うわ、素晴らしいロケーション!」
集団からちょっとそれて川の方を遠回りしながら見に行ってしまいました。(余裕か)
そして振舞われる果物をどんどんと遠慮なくいただいていきます。

・・りんご、・・梨、・・梅。 どれも美味しいのですが、ちと食べすぎかもしれません・・。
中でも、梅を口に入れた瞬間、あまりの酸っぱさに「ゲホゲホ」むせながら走る始末。
隣を一緒に走っていたランナーさんを爆笑させてしまいました(恥)。

食べながら走るのは意外とムズカシイのです・・。

<トライアル区間>

立ちはだかる急坂にめまいしそう・・。
ここは坂本九さんには申し訳ないのですが「下を向いて走ろう」作戦に切り替えです。
よく言えば「体力温存・・」。 でも・・さすがに少し食べ過ぎたようです・・。

なんとか頂上まで走ったところで、なんと、ブ、ブドウの振舞いが!
「いただきまーす。」 ここは当然、食します。(懲りてないぞ)
・・そして東伊那小学校のI君からの応援メッセージを受け取ります。

「頑張って走ってください❕」ですって。泣ける・・。
(こんな食べてばっかりの自分なのに・・)

<中盤>(11km~15km)

駒見大橋を渡って天竜川に再会です。
この区間の河川堤防上は秋風がとても気持ち良く景色の視界も広く最高でした。
左手にアルプスと天竜川、右手にはアイスキャンデーを握りしめ・・。(まだ食べる)

km5分00秒をキープしながらの行楽気分でのランを楽しみます。

<終盤>(16km~19km)

さて、終盤は徐々に上り坂となっていきます。
先程までのお気楽気分はどこへやら・・。急坂に悪戦苦闘。
それでもできるだけペースを落とすことなく努めます。(km5分15秒)

18km地点では駒ヶ根そばをいただきました!
(ここでだいぶタイムが遅れましたが、このお蕎麦は美味しかった!)

<ラスト・スパート>(20km~ゴール)

今まで用意していただいた地元の方の暖かい給食はこの時のため?
商店街が見えだしたあたりから抑えきれないオーラパワーを心肺と足に伝えます。
加速装置に点火、周囲の景色が倍速になっていきます。(今日は調子いいぞ!)

5komagane (5)

そして、ゴール!180℃旋回!、コースに向かって一礼! 

走り終えた時も清々しくとても充実感いっぱいでした。
なにより応援していただいた関係者の方や市民のみなさんの笑顔がめちゃ素晴らしかったです。
沿道で励ましてくれた、保育園、幼稚園のおこちゃまたちも本当にかわいかった。

結果:1時間47分07秒
順位:総合300位丁度!、で、部門100位丁度!
ちょうどのラッキー賞で景品もたくさんいただきました。ありがとうございます!


5komagane (16)

しかしながらアップ・ダウンヒル区間タイムは散々・・。
Y吉さんがはるかにいいタイムを出されました。
歯を食いしばって出された結果に拍手を送りたいです。

もう、市民の皆さん、総出ではないか?と思われるほどのおもてなしに感激いたしました。
本当にありがとうございました!
すっごく楽しかったです。Y吉さんにも感謝です!



この後はY吉さんおススメの食事と温泉、そして工場見学へと足を運びました。
(信濃先方衆、らんまるさんからのおススメも大変参考にさせていただきました。)

🍚 駒ヶ根ソースかつ丼

5komagane (8)

明治亭さんにていただきました。
ごはんが見えないくらいのシャキシャキキャベツにボリューム満点の肉厚豚ロース。
そして、甘みのある秘伝のソースかつ丼、最高に美味しかったです。

5komagane (12)

ソースかつ丼のたれも家庭で楽しみたく思い買って帰りました。

♨ 早太郎温泉 こぶしの湯

5komagane (15)

こちらの特徴は南向きの明るい露天風呂が2つあるとこです。
1つは適温、1つはぬるく、なが~くつかれます。
そして、何と言っても水風呂の冷たさです!これ、マジで凍りますって!
(でもサウナとの併用が超おススメ、疲れがとれましたよ)

🏭 養命酒健康の森 駒ヶ根工場見学

5komagane (19)

自分も寒くなると愛飲している薬用養命酒です。
とても豊かな自然環境に恵まれた地に工場があります。非常にきれいです・・。
ドライバーのY吉さんにはジュース、自分は養命酒を試飲でいただきました。

5komagane (22)

その歴史は古く、皆に愛され続けるには徹底した品質管理あってこそのもの。
14種類の生薬も展示され、そこにいるだけでなんだか健康になりそうでした。
もちろんお土産として購入。これを飲んでまた練習も頑張れそうです。

5komagane (21)

ご当地ブランドも充実の駒ヶ根、自然も沢山で最高でした。
信州のマラソン大会、本年は安曇野に続く2回目でしたが、ロケーションは格別です。
これからは長野県の他の大会にも出走してみたいですね~。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

苦しいのも楽しいのもマラソンあるあるですね。

Y吉さん、今回もお誘いいただきましてありがとうございました!
今回は給食に目を奪われ過ぎて試食ランになってしまいましたが、美味しいものばかりで、楽しいマラソン大会になりました。

ここから1か月、私はフルマラソンへのスケジュールに入ります。
ポイントは走り込み気を10月前半まで続け、3時間走で仕上げます。
あとの2週間は筋力を維持するための疲労抜きトレに入ります。

当初は4時間の完走でいいや、とも思っておりましたが、やはり戦略をたてて
3時間台を狙いたいと思います。

小牧シティマラソンもエントリーするつもりでおりますので是非ご一緒しましょう。

お疲れ様でした

長野県のマラソン大会の大半は、アップダウンがあるコースと思います。
この大会も昨年の飛騨御岳ハーフマラソンほどではありませんが、アップダウンがあり、安定したラップを刻めないですよね。
しかし、地元の大会でさらなる高みを望むなら、頑張るしかないですよね。

次回は岐阜での3時間走ですね。
フルマラソンの事前練習になるので、怪我しないレベルで頑張りましょう。

そう言えば、小牧シティマラソンのチラシが大会事務局より送られてきました。
年明け1/28がレースとなります。
ランネットでの申込みは10月21日から開始です。
窓口へ直接申し込むなら、10月1日から申し込めます。
リーズナブルな大会なので、ご一緒に如何ですか。
ご検討頂ければ幸いです。
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

僕には城がある?
朝夕がひんやりとしてまいりましたね。
3人の息子のバスケットボールクラブ活動をずっと応援してきましたが、この夏に三男が中学生としての活動を終えて以来、なんとなく物足りない週末を送っております。
あなたには「城とマラソンもあるじゃない」と言われればそうなんですが、試合の合間合間にその会場近くの城を訪ねるのが本当に楽しみでした。
・・と思っていたら高校生の次男の試合もぼちぼちあるようですので、今後はそちらにも足を運べそうです。
「えっ!?来なくていい?」
・・まぁ、そういうお年頃でしたね。(そりゃそうだわな)
城もあればマラソンもある!・・でもこれからも陰で応援していきます。
最新登城記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数