FC2ブログ

若狭 石山城 🏯若狭武田氏四老・武藤氏の居城

若狭 石山城 (福井県大飯郡おおい町石山)

【若狭武田氏と被官国人衆の城址を訪ねて・その6】
-武藤氏居城・石山城を訪ねて-

若狭武田氏四老、と呼ばれる四人の家老衆の居城をめぐっています。
これまで見学できた城は3つ。

粟屋越中守勝久国吉城
内藤筑前守重政天ヶ城
逸見駿河守昌経高浜城

そして四老の内、残る1人、武藤上野介友益の居城(と伝わる)石山城を目指します。

w-isiyama (1)石山城は街道を見下ろす丘陵上に築かれています。

友益は周辺の佐分利郷十七カ村を領し「佐分利殿」と称された有力在地国人でした。
信長による元亀元年(1570)の越前攻めは当初、この武藤氏を攻める、という名目での出馬でした。
途中で馬首を越前に転じての越前攻めとなった話しは有名ですね。

・・一体、武藤のともちゃんは信長に付け入れられる何をしでかしたのでしょうか?
大変興味があるところではございます・・。

w-isiyama (2)
おや?バス停に説明版?見つけれた自分は超ラッキーかも!(*´∇`)

w-isiyama (4)
なかなか詳しい説明版なので、どアップして掲載します。

四老といっても決して一枚岩ではなかった若狭武田氏家臣団。
それぞれの独立色が強く、主従関係はおろか、家臣団同士でのいさかいも多かったようで。
その辺が信長に突っ込まれる隙となったのでしょうね・・。

w-isiyama (3)
石山城は目の前!、さ、行きましょう・・と思っていたら・・。

地元の方に登り口を聞いたところ、
「この時期は入れませんわ」との一言。
詳しくは聞きませんでしたが、おそらく茸山なのでしょう。

・・ということでまさかの未踏記事になってしまいました。
本当にすみません・・。笑って許していただきたいものです。
時期をみてまたの機会とさせていただきます。(必ず行きますから!)

引っ張った末のこの結末、某深夜TV番組の無意味なダマシ編集の如きです。
やじられても甘んじてお受けいたしますが、その代わりと言ってはなんですが・・、
別の山城を訪ねる時間ができたので、行って来ました。

次回はそちらの記事を紹介して、今回分を「チャラにしてしまおう作戦」をとります。
いえ、・・取らさせていただきます。はい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いわゆる「つり」ってやつですか!

おお、これはサクッと登れそうな独立峰の良き山城。さぞかし尾根を切り刻んだかと思いきや「止め山」でしたか・・・(汗)
信濃の上田市や松本市など松茸山になると「罰金50万円」とか「警察に即通報」とかいたるところに看板があり土器ッと赤道小町よろしくドキッとします・・(赦さん布袋!・・何のこっちゃ・・笑)

そうとは知らずに伊那にある山城に登ったら「松茸山でさあ大変」。ドギマギしながらせっかくきたので隠密同心の如くそそくさと調べて無事下山。意外と小心者なので心臓によくありませんでした(笑)

チャラとなるにはそれ相応の記事を期待しております・・・(爆)
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数