若狭 熊川城 🏯尾根に連なる連続棚郭が面白い

若狭 熊川城 (福井県三方上中郡若狭町熊川)

【若狭武田氏と被官国人衆の城址を訪ねて・その7】
-沼田氏居城・熊川城を訪ねて-

kumakawa (11)熊川宿の中心部を押さえる位置にある熊川城。

kumakawa (10)
熊川宿の美しい街並み。(たまたま誰もいなくなったところを撮影!)

熊川宿は江戸時代を通して鯖街道随一の宿場町として繁栄しました。
旧街道に沿って水量豊かな水路が流れ、歴史的景観を残しています。
古い建築物を活用した観光地としてとても賑わっています。

kumakawa (2)
白石神社の本殿から左手の山道を登っていきます。

kumakawa (1)
案内標識を横目に登っていきます。

kumakawa (9)
神社の湧き水による池がきれいでした。

kumakawa (7)
kumakawa (8)
可愛らしいイモリちゃんたちが気持ちよさそう( ^o^)

最近はあまり見かけなくなりました。
城の見学に来たのですが、元来生き物が大好きなのです。
ここで見入ってしまい時間がなくなってしまいました・・。

kumakawa (6)尾根先端部より棚郭が直線的に主郭まで続きます。

比高がそれほどないのですぐに登れます。
ただ、途中の登り道がかなり急ですので前傾姿勢の維持が辛いかも・・。
途中で現れる巨木たちが迎えてくれます。

kumakawa (3)主郭に到着。奥には一段高い櫓台があります。

沼田氏は上野国沼田の沼田氏の一族で、鎌倉期より勢力があったとされます。
築城は沼田弥七郎統兼あるいは沼田勘解由左衛門清延とされます。
永禄十二年(1562年)に瓜生城の松宮玄蕃に攻められ城は落城。
この後、城は松宮氏の支城とされたようです。

kumakawa (5)本丸に立つ熊川城の案内図です。

縄張り図がありますので拡大しておきます。

kumakawa (4)

段々畑のように連なる郭がほぼ同じ規格の広さで段差も同じです。
背後の尾根には堀切が図示されていますが藪が酷くて未確認です。
これが地元美濃の城なら、ヤブ漕ぎしてでも入るのですが・・。(根性なし)

元亀元年の越前攻めで織田信長はここ熊川にて宿をとりました。
麓の得法寺には信長に従軍した徳川家康が宿泊したようです。
「家康腰掛の松」が存在してます。写真は撮り忘れました・・。

熊川城は若狭の中世土豪の城の姿をよく遺していますね。

前回の若狭・石山城は記事がほぼバス停の案内内容になってしまいました・・。
そんな不甲斐ない前記事の挽回に値する記事にしよう、と思っていたのですが・・。
結局、後で「やっぱり堀切を確認しに行けばよかった・・」と後悔しきりです。(素材がない・・)

次の予定のダムカードの配布時間が気になってしまい、もっとじっくり見学したかった・・(ノ_<)。
あと、イモリに吸い込まれすぎましたか(笑)。
(結局言い訳で~す)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

「晩秋」
「秋」、というと皆さんはまず最初に何を連想するのでしょう?
四季がうつろいゆく様子が最も目と肌で感じることができる季節なのではないでしょうか?
今年の秋は久太郎にとっては一段と物悲しい季節になりました。
しかし、その思いが故にまた大切なことを感じる季節にもなりそうです。
でもなんだか秋の歌っていいですよね~。
以前なら、男闘呼組さん達の「秋」を熱唱していたものですが(古いですな)、あ、ナンノちゃんの「秋からもそばにいて」もいいかも?
(それも古いよ(#^ω^))
最新登城記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数