中野方ダム 一周1.1kmのダムジョギングはいかが?

中野方ダム (岐阜県恵那市中野方町笹葉) <木曽川水系中野方川>
形式:重力式コンクリートダム

抜けるような青空の中、家族とプチドライブにでかけました。
気持ちが塞ぎがちな自分を「気晴らしに」、と誘ってくれたのは奥方と三男でした。
母を喪って後事に追われている自分を息抜きに、と気遣ってくれたようです。

ありがたいことです。
いつもなら迷わず「○○城へ!」といきまくところですが・・
今回は少し控えてのんびりと落ち着ける景色でも見に行こうと思いまして。

・・ということでこんなときはダムですね。(笑)(控えてねぇじゃん・・)
・・そしてダムカードですね。(結局全開じゃん・・)

岐阜県内でも取りこぼしがちな位置にある中野方ダムを目指します。
途中にある恵那市の坂折地区によって棚田を見学していきました。

nakanodum (1)日本の棚田百選と岐阜の棚田21選に選ばれていいます。

「日本の棚田100選スタンプ帳」、とか「棚田カード」(笑)とかあったらな・・。
後世に残していくべき貴重な遺産なのであってもよさそうです。
自分だったら全国の名棚田を回ってみたいものです。

nakanodum (2)

nakanodum (4)
なんだか心が癒されます。

nakanodum (9)
この先のはるか遠くに・・。

nakanodum (3)
今回のお目当ての中野方ダムが見えています。

・・なんとなく中国の城関を思わせるようにも見えます。
見えると余計と行きたくなりなりますね。
行ってみましょう!

nakanodum (5)
到着して駐車場、石碑がまずはお出迎えです。

nakanodum (26) nakanodum (27)
ダムは周囲が1周1.1kmの(中途半端!)のジョギングコースになっています。

nakanodum (12)
早速各々自分のペースで走ってみることに・・って・・。

ほとんど歩いているペースの奥方と三男。
ま、たまにはのんびりと歩いてみるのもダムの楽しみ方ですから・・。
奥に見える山は笠置山です。山々の姿を見ながら歩くのも気持ちいいい。

nakanodum (13)
ダム湖は小さいですが、波もなく、美しく、静かでした。

nakanodum (10)
2005年度に完成したまだ新しいダムで、コンクリートの白さが残っています。

nakanodum (11)
はるか遠くに先程までいた坂折の棚田が見えるはず・・(わかりませんが)

nakanodum (14)
前回の福井県大津呂ダム同様ダム軸に折れがみられます。

ダムの左岸の地質が脆い(もろい)ため、途中で”く”の字に曲げてあります。
地盤が強い場所に左岸側をつけることで強度を保っているわけです。
大津呂ダムとは別の理由のようです。

nakanodum (8)
1周のウォーキングをしたら事務所でダムカードをいただきました。
(別に歩かなくても貰えますからね)

nakanodum (17)帰りにダムの真下まで行けたので接近撮影してきました。

三男曰く、「・・なんかこのダム、ヒトがゲロしてるみたいだ・・。」(#゚Д゚#)
・・中学生らしい発言です、が、その感性は確かに真髄をついています。
ま、吐水口、というくらいですから。

nakanodum (18)それからはどう見てもヒトの顔に見えてしまうのでした(/ω\)。

引き笑いをしながらダムをあとにする親子でした。

nakanodum (15) 秋の日差しに淡くくすんだススキかな。

棚田に癒され、ダムを愉しみ、家族に感謝のプチドライブでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

らんまるさんへ

コメントありがとうございます。

ダムの必要性、となると私も疑問を感じざるをえない場面もあります。
大きなダムでは明かに複数の集落が湖底に沈むわけです。
そこで長い間、大切にされた文化、歴史、民俗、自然、全てを飲み込んで。
その代償のうえに私たちの生活が保障されていることを忘れてはいけませんよね。
でも、もうそろそろ必要ないんじゃないかな?とも思います。
日本人一人一人が水を「資源である」と認識できればいいのですが。

それから、私に関してはらんまるさんの記事は最新記事でなくとも充分楽しめますよ。(過去記事ラインナップが豊富ですからね)

そうですね、過去の記事で感動したのは三木秀綱公の松倉落ちの記事です。
私も秀綱公の御霊に手を合わせたくなりました。
いや、いつか現地に行ってみたい、と思っております。

ダムの擬人化ですか・・

心優しいご家族の思いやり・・・良かったですね。

小生、ダムカード収集までの境地には至らず、さりとて先日佐久地方のとあるダムを見学してそれでもと思い役所にカードを貰いに行ったのに休みだった・・(笑)

最近はよく上州吾妻地方へ遠征しているので、八ッ場ダムの建設状況も目にするのですが、吾妻渓谷や頼朝ゆかりの温泉を湖底に沈めてまで「本当に必要なんだろうか?」なんてふと思います。
でも、バイパスが開通して上田~吾妻町まで劇的に時間が短縮されたのでそういう恩恵もあるのかあーなんて都合の良い事を思ったりもします。

なかなか自分のブログも更新する気力が無くて人様のブログばかり見ております。ブログを書き始めて気が付くと爆睡状態なもので、いつまでたっても完了しまない悪循環・・・(笑)
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、昨年4月6日に開設して以来、一年を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

「晩秋」
「秋」、というと皆さんはまず最初に何を連想するのでしょう?
四季がうつろいゆく様子が最も目と肌で感じることができる季節なのではないでしょうか?
今年の秋は久太郎にとっては一段と物悲しい季節になりました。
しかし、その思いが故にまた大切なことを感じる季節にもなりそうです。
でもなんだか秋の歌っていいですよね~。
以前なら、男闘呼組さん達の「秋」を熱唱していたものですが(古いですな)、あ、ナンノちゃんの「秋からもそばにいて」もいいかも?
(それも古いよ(#^ω^))
最新登城記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数