伊勢 北畠氏館跡庭園 🏯三大武将庭園の一つ

伊勢 北畠氏館 (三重県一志郡美杉村下多気)
<北畠氏城館址・第2部  北畠氏居館跡庭園編> 《国指定名勝》 

霧山城を「霧山」と称した理由を、なんとなくわかったような気になり下山します。
自分はこの城が今年の城めぐりで一番印象に残りました。(まだ早い?)
山深いため「ちょっと行ってみようか」という場所ではございません。

・・それ故、山頂からの景色と遺構は忘れないように瞼の裏に焼き付けました。
日向さんのお誘い合っての心躍る、山城めぐりにただただ感謝です。
「雨には雨の良さがある」、何度も響いてくる、魔法の言葉です。

kiriyamataki (17)
パノラマフォトに夢中の日向さん、そこで落ちないようにね・・。

さて、下山はしたもののもう一つのお楽しみは居館跡の庭園鑑賞です。
日の入が短い上に雨上がりなので、暗くなる前に見学せねば・・。
しかし焦りは禁物です。お互いの感想を交わし合いながら、ゆっくりと・・。

kiriyamataki (35)
3時半過ぎでも、もう暗いのですね・・

kiriyamataki (31)
社務所にて300円を協力金として納めて見学します。

kiriyamataki (32)武家らしい素朴さに誇張のない自然派な魅力があります。

小高い築山を中心に巨石を用いた枯山水。
入りくんだ池の水も、霧山城ある西方面から谷水を引いていました。
当時からの変わらぬ姿を力強く伝えていますね。

kiriyamataki (33)
紅葉にはちと早かったようですが充分に愉しめました。

kiriyamataki (34)南朝奉護に尽力した北畠顕家公の銅像。

・・すみません、太平記を読んでいないので、薄っぺらな事しか存じません。
調べてみたらなんでも若くして父・親房に劣らない才覚の武将で戦いの人生だったようです。
これを機に南北朝の動乱を読み、また勉強したい、と思う次第デス・・。(逃げたな・・)

帰り道も山深く、あちらこちらで野生の鹿に遭遇。
普段は体験できない、冒険をしてきたような城めぐりでした。
なんでもまた年納めの城めぐりbyプロジェクト・オブ・日向ツアーが企画されているとか。

・・どうなるのか楽しみと不安が渦巻いております。
ということで、1部と2部、目を通して頂いて、ありがとうございました!
(2部の内容、薄っ!)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、開設以来、3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

春本番!城本番!?
ようやく乗り越えた繁忙期。
いざ、花見と意気込んでもすでに遅し?
いやいや、桜だけが花見とは限りません。
野に咲くタンポポ、田に咲くレンゲソウ、庭に咲いたチューリップ・・と場所場所で楽しめそうです。
散り行く桜もいいものです・・て、もう散り切ってますけどね・・。
最新登城記事
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数