京都山城 将軍山城 🏯市街地近くで気軽なトレイル

京都山城 将軍山城 (京都府京都市左京区北白川清沢口町・瓜生山)

将軍山城は京都市中心部の東にある瓜生山(標高301m)に築かれた山城)です。
別名はいろいろあって、

北白川城(きたしらかわじょう)、とか
瓜生山城(うりょうさんじょう)、とか
勝軍地蔵山城(しょうぐんじぞうやまじょう)とか、いろいろあります。

個人的には、足利将軍ゆかりの城、ということでやはり「将軍山城」がピタッ、ときます。
今回は長男が通う大学祭にお呼ばれしましたので、学校見学を兼ねての上洛です。
奥方も楽しみにしてのお出掛けなので、機嫌を損ねないようにしないといけません。

大学祭がAM9:30から、ということでしょうか?、奥方が呟きます・・。
「・・その前に一つだけなら、城に行ってもいいよ。」
おおっ!、まさに、・・神の一言です。

syougun (1)
城への登城口は狸谷山(たぬきだにやま)不動院さんの階段手前からが便利です。

・・大きい声ではいえませんが、京都の寺院では珍しい無料駐車場です!
ま、ここを拠点での観光、というには不向きですのであくまでも城見学に関して。
・・大きい声ではいいませんが・・。(くでー)

syougun (2)
何の由来かは調べてませんが、七福神さんや、

syougun (19)
インスタ映えするような「いいね!」箇所もあります。

syougun (3)
240~250段ある石段をえっちらおっちら、と登って行きますと、

syougun (4)狸谷山不動院に到着します。

交通安全・厄よけ・ガン封じ祈願で有名な修験道の寺です。
宮本武蔵が心の剣を磨いたといわれる武蔵之滝があり、修行場としても信仰されました。
(今回は途中の道が崩落のため見学できませんでした)

syougun (5)
奥の院からの登山道から山頂へと向かいます。

syougun (11) syougun (10)1
京都一周トレイルのコースとしても利用されており、整備されています。
(意外と人に出会うので安心します)

syougun (15)東側の箱空堀から見学。

堀幅がありますが、あまり高低差がないため気付きにくい遺構です。
全体的に高い切岸が見当たらず、はっきりとした遺構が掴みにくい城址ですね。
いつの間にどこから城域に入っていたのやら?という感じです。

syougun (16)中央にスロープ状になった土橋(っぽい)遺構もあります。

各曲輪の間も連絡意識が緩く、戦国期の城、としてはメリハリがみられません。
時代や戦乱ごとにパーツ改変されたせいでしょうか。
城域が広いため、滞在型陣城、としての規模として検討してみる価値もあります。

syougun (18)
頂上の本丸に到着しました。結構広く、東側の山並みを眺望できます。

syougun (7)以前、一度弟クンときたこともあり、懐かしい説明版でした。

syougun (6)説明は黄色枠内にお任せして・・。(ノ´▽`*)b

syougun (8)
本丸跡に建つ幸龍大権現の社、裏に回ると・・、

syougun (17)
元勝軍地蔵の石室があります。

将軍山城は当初、近江より上洛する際の前線基地としての役割をもっていました。
細川高国がこの城に陣を構え、その際戦勝を祈願して将軍地蔵を勧請したのが由来です。
その後、室町将軍足利義晴自身がこの城を大幅に改修します。

六角義賢軍や三好長慶軍との対陣にも利用され、元亀元年(1570年)には、明智光秀がこの城に入って数カ月延暦寺を牽制する等、京支配における存在意義が大きかった城郭であったことが理解できます。

syougun (12)
山中には谷をグラグラする橋で渡ったり・・、

syougun (13)
鎖を手繰ってよじ登っていくコースがあったりで楽しめます。

奥方も軽い一言のおかげでこんな目に遭うとは思いもしてなかったようです。
でも、「いい運動になって、面白かった!」、なんて、
一緒に山城を楽しんでくれましたんで、良かった!と思うのです。

syougun (14)
木々の隙間から見える京都の街並みがとても絶景でした。

この後、長男と大学祭にて合流。
彼は、サークル仲間たちと、たい焼き屋を出店して、頑張ってました。
久しぶりに学生気分に戻って楽しめた一日になりました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

これでも気を遣います・・。

いつもコメントいただきありがとうございます!

奥方には事前に行ったことのある城でこれなら、というデートコースをなるべく選択しています。、が、そのような条件の山城など、ついでにそうそうあるものではなく、そこにどうやって餌をつけて、楽しんでもらえるようにするかがポイントです。

嫌なら次からついてこないので、ここは作戦力を要します。
しかし、城跡で興奮してあちこちを子供以上に子供みたいな私の行動を見ているのが楽しいらしいです。
・・逆に踊らされているのかもしれません。

私も以前はウォーターラインシリーズを組み立てていた艦船模型経験者なので
最近の戦艦山城発見か?の話題には思わず興奮しましたよ。
それに小学校5年生の時、市のコンクールで優秀賞をとった作品は「仁徳天皇陵」の粘土による鳥瞰モデルです。(笑)、つくづく趣味が似ていますね(笑)。
私の城友である日向さんもその名の通り、戦艦日向や長門をはじめとした戦艦ファンなんですよ。

あ、そうそう、今月の16日は予定なんですが、天候が許せば日向さんと葛尾城、荒砥城周辺を登ると思います。年末城納めです。
松代城も久しぶりによってみたいですね。
霞城や尼厳城までは無理そうなんで屋代城をトレランするかも(笑)です。

仲良きことは 美しきこと哉

おお、奥方とともに出陣、城攻めですか!心優しき細君で何よりでした。

山城巡り、古墳巡り、戦艦プラモ、ダム探訪などという趣味は小生の奥方には理解し難いらしく話題にもなりません。が、それはそれで放っておいていただくのは大変有難かったりします(笑)

知り合いの全国区のウモさんは夫婦で共通の趣味なので羨ましいなあーと思う反面、嗜好に微妙なズレとか好みの違いがあったらどこで妥協するのだろう?なんて余計なお世話を考えてしまいます・・(汗)
何年か前にご一緒して信濃の山城をアテンドさせていただきましたが、目に見えない強い絆を感じて素晴らしい夫婦だなあ、なんて感心しました。

そうは言っても、四六時中山城巡りを許可いただいているので、小生も奥方に感謝の気持ちを忘れずにいたいものです・・・(笑)
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで、開設以来、3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

24時間戦えますよ
今年のゴールデンウィークはなんとか2日のお休みが取れました!
一日は久しぶりに家族全員にて本格アスレチックとテニスで汗を流しました。
もう一日は弟クンと丹波地方へ城めぐりに行けました。
渋滞を避けるため前日の夜から出発し、現地では早朝から山城を立て続けで攻め登ります。
4つの山城と2つの平城の見学をして帰宅したのは深夜12時。
次の日はいたる所が2日分の筋肉痛・・。
24時間戦えますか?と聞かれたら・・。
城のためなら(なんとか)戦える久太郎でありました。
最新登城記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数