FC2ブログ

北信濃 松代城(海津城) 🏯戦国北信濃の触発拠点と真田氏の気風

北信濃 松代城(海津城) (長野県長野市松代町松代) 《国指定史跡》

今回の北信濃の城めぐりでの〆の城となります、松代城を訪問しました。
中世は海津城として川中島の戦いの舞台ともなった北信の最重要拠点です。
また近世では松代城として幕末まで真田氏の居城として存続しました。

kaizu (2)前橋と橋詰門を渡って城内へ入っていきます。

屋根が瓦ではなく、栩葺(とちぶき)屋根で復元してあるのが良いです。
奥の太鼓門と手前の橋詰門とで内枡型を形成しています。
真田氏系の縄張りっぽいですね。

kaizu (19)
二ノ丸土塁には二重の土塁が復元されています。

kaizu (18)太鼓門前橋、そして橋詰門です。

kaizu (17)
おだやかな水面の内堀の様子。

kaizu (7)在りし日の松代城はこんな様子でした。

永禄3年(1560)、武田信玄の命で山本勘助により築かれ完成しました。・・らしいです。
武田氏が滅亡すると、織田信長の部将・森長可が入城。
本能寺の変により森長可が美濃・兼山城へ退くと、上杉景勝の支配する所となります。
景勝が会津に移封となると、豊臣秀吉の蔵入地となり、後に田丸直昌が入城します。
慶長5年(1600)、直昌は美濃岩村城へ移封となり、代わって美濃・兼山城より森忠政が入城。

慶長8年(1603)、森忠政が美作国津山に移封となり、松平忠輝の所領となり城代が置かれ後、
松平氏、酒井氏、そして元和8年(1622)真田信之が上田より十万石で入部し明治に至るのです。
・・めまぐるしく武田、織田、上杉、豊臣、徳川、と戦国列強たちの奪い合いの地となりました。

kaizu (16)太鼓門を見上げます。切妻造の存在感ある建築物です。

kaizu (3)
日向さん、埋門も通ってみましょうか。

トンネル状に造られているのは、緊急時に埋めることができる門、ということです。
身長が178センチ以上あれば頭をぶつけます!要注意!
(久太郎、惜しくも175センチ、背伸びしてわざとぶつかる・・)

kaizu (4)戌亥隅櫓台にやってきました。・・いいですね・・。

kaizu1.jpg天守台相当の規模をもつ櫓台です。(天守台だと思っていました・・)

kaizu (24)
野面積で積まれ、隅角部が算木積で組まれています。安定感を感じます。

kaizu (5)
北不明(きたあかず)門の外桝形部へと入っていきます。

kaizu (12)
北不明門も復元されています。

櫓門の上の部分が両側の石垣から解放された自立式の形式です。
この形式は意外と珍しいものです。

kaizu (13)本丸に建つ海津城の石碑が硯のような表面でいいです~(*´~`*)。

kaizu (14)
隅櫓からの二ノ丸を眺めます。

kaizu (6)
隅櫓から延びる土塁。

kaizu (20)
東不明門址を通り、二ノ丸へと木橋を渡ります。

kaizu (22)

kaizu (23)
高い土塁で囲まれた二ノ丸は芝生広場として憩いの場所になっています。

kaizu (21)
石場門址付近では土塁から転がり落ちる、お笑い担当の三男クンにマジ笑う。

斜面を勢いよく転がり落ちる様に土塁の威力を見せつけられた気がしました(笑)。
このように松代城は基本的には幕末まで築城時の伝統遺構を残していくのです。
本丸が近世的な姿に変貌した一方で、二の丸、三の丸には土塁や丸馬出が残ります。

ここに武田氏時代からの海津城の面影が想像できましょうし、
また真田氏における天守を上げない等の保身の姿も垣間見えたりもします。
そして新旧融合の姿が発掘調査を経てここに甦っているようでした。

松代城は真田の命脈を守り続けた城、であったのかもしれませんね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

石積みの山城群の宝庫

ようこそ北信濃の松代にお越しくださいました。

この辺は、石を投げれば老人城跡に当たると言われるほど中世の山城の密集地帯でございますw
しかも古墳を利用した山城が多いので、古墳好きの山城マニアには一石二鳥のオマケ付きで、グリコに負け時とも劣らないヲタクっぷりには賞賛の嵐・・・(笑)

昨年、旧松代駅付近に眠る三日月堀の発掘調査が行われ、土塁の代りに石積みを用いた特殊な形状であることが判明したようですネ。

またのお越しを心よりお待ち申し上げておりますw
プロフィール

 久太郎 (Q-tarou)

Author: 久太郎 (Q-tarou)
ようこそいらっしゃいました。
久太郎と申します。
「城跡が好き」
ただそれでけでブログを立ち上げている城好き若輩者です。
おかげさまで開設以来3年目を迎えることができました。

地元の岐阜県内美濃地方の城址を中心に自分なりの想いを込めてじっくりと巡ってまいります。たまに遠征なんかにも出かけます。

時に「ゆるく」時に「鋭く」五体と五感をフル回転。城址での様々な出会いと独自の感覚を大切にしてつづっていきたいと思います。

また城址付近のダムや棚田、名水といった気持ちを揺さぶられる箇所にも寄り道していきます・・。
趣味のマラソンも自分のペースで好きなように走ってます。

どうかご笑覧くださいませ。

最新登城記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
来城者数